上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote
フォトリーディング、再開しています。

といっても、数年前に本を読んで挫折しただけなのですが……。


今回は本腰を入れて。

本当はセミナーに行くのが一番なんだろうけど。。。


関連書籍やフォトリーディング・ホームスタディ講座などを駆使して乗り切りました。


参考書籍。
あなたもいままでの10倍速く本が読めるあなたもいままでの10倍速く本が読める
(2001/09/19)
ポール・R・シーリィ

商品詳細を見る
図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める
(2005/05/24)
神田 昌典

商品詳細を見る

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
(2009/11/09)
ポール R.シーリィ

商品詳細を見る

考える力がつくフォトリーディング考える力がつくフォトリーディング
(2008/12/18)
山口 佐貴子 照井 留美子

商品詳細を見る

超ビジネス脳の作り方 速読で脳と仕事が変わる! (別冊宝島) (別冊宝島 1731 スタディー)超ビジネス脳の作り方 速読で脳と仕事が変わる! (別冊宝島) (別冊宝島 1731 スタディー)
(2011/02/15)
不明

商品詳細を見る


あとはネットでのフォトリーディングを学び始めたばかりのころの先人達の記録。



意外なことに、かなり参考になったのが
『あなたもいままでの10倍速く本が読める』。

新版と旧版を読み比べることで
どこがより重要で、どこが省略してもいいのかがよくわかりました。

進化しつつある方法論であることも、理解。


以前、たった一冊で学ぼうとしたのがいかに無謀だったのか実感しまくり。

同じことを別の角度から説明しているものをできる限り入手するのがいかに大事か…!



フォトリーディング・ホールマインド・システム。

アメリカ生まれだけあって、システマティック。

かなり合理的に計算されている印象。


まあ、唯一理解を超えているのが、
この読書法の肝、「フォトリーディング」なんだけど……。


潜在意識、なんていう言葉を出すと
とたんにうさんくさくなってしまうというか
それを出すと何でもありになってしまうことも多いのですが。

本を1秒に1回、パラパラとめくるのは
(実際のところ、潜在意識にたたき込むんだとしても)
ただ馴染みをつけるためだと考えればすんなり受け入れられるし。


……なんて理屈で納得しようとしていますが
いまなら、潜在意識という理解の及ばないものも受け入れることができたりします。

自分に害を及ぼさない範囲においては
受け入れて、どんどん活用していけばいいだけなんですよね。


それで、効果を感じなければ「縁がなかった」で終わり。

わざわざ否定するのも労力の無駄だし
それならやってみようと。


そもそも僕が数多くある速読法の中からフォトリーディングを選んだのは
人生で初めて買った読書法の本が
旧版の『あなたもいままでの10倍速く本が読める』であったことだったり、
身近にフォトリーダーがいることの影響が大きいですし。

いやもちろん、あたらしい速読法を学ぼうとしたとき
さまざまな方法を確認しましたよ?

読書法の本だけで、10冊超えてますし。


最終的にどれを選ぶか、といえば
やっぱり相性が大事です。目的にかなった速読法かも大事です。

そうしたことも含めて縁ですよね。



とりあえず、フォトリーディングの全体像を把握して
ここ数日試しているのですが……。

これはしばらく鍛錬の必要がありそう。

読むだけで読書スピードが上がる読書法もありますが
(本田直之さんのレバレッジ・リーディングとかそんな感じ)
フォトリーディングはちょっと違う……かもしれない。

野球の本を読んでも、野球がうまくなるわけではないのと同じで。

フォトリーディングも身につけるまで反復練習が必要。



6月は1日1冊、フォトっていきます!!



速読法の本、というか能力開発系のものには
「この速読法のおかげで、人生が変わりました!」
「モテるようになりました!」「テストで一位になりました!」
という、報告が多数あるのが定番です。

こうしたものを所々に入れるから
うさん臭さを醸し出していると思うのですが……。

そういったものは飛ばし読みで。

なんていうか、わざわざそういった本質とは関係ない体験談を入れることで
「ここを読み飛ばすと速く読み終えることができるよ」と伝えるために
入れ込んでいるんじゃないかという気持ちになってくるから不思議。



すべての本にフォトリーディングを!
というのも、何だか選択肢を狭めているだけの気もするので
いままでの読書法も利用しつつ、フォトリーディングの練習を。

結局、僕が選んだ読書法は
レバレッジ・リーディングとフォトリーディングなのかな。



……今のところの難点は。

フォトリーディングをしっかりすると。

時間がよけいかかってしまう。

ということですね。

読み慣れたジャンルの本は、普通に読んだほうが早かったり……。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 習慣
Clip to Evernote

最近僕が大切にしているスタンス。

それが「やりたいときに、やる」ということ。


なんだ、当たり前のことじゃないか、と言われてしまいそうですが

正直よくわかっていませんでした。

これもある方から教えられて、ハッとしたことです。

  • このエントリーのカテゴリ : 習慣
Clip to Evernote

机は何のための場所なのか?

そう、作業をする場所です。物置でも倉庫でもありません。ですから、基本的には天板には何も載せないことが理想なのです。
(中略)
その都度の作業に必要なものだけを置き、作業が終わったら常にしまうことを習慣づけるのです。そうすれば、寿司屋のカウンターのように、いつもきれいでまっさらな状態が保てる。板前さんがネタを切って、握って、出し終わったら板場をさっと拭いてきれいにする、あの仕事ぶりのイメージです。


佐藤可士和さんの『佐藤可士和の超整理術』より引用させていただきました。

「机のあるべき姿とは?」

  • このエントリーのカテゴリ : 習慣
Clip to Evernote
皆さんは、口呼吸ですか?鼻呼吸ですか?


通常は鼻呼吸なんだそうです。

さらに書くと
実は人間以外のほ乳類は鼻呼吸なのだそうです。



人間は言葉を話したり、二足歩行をしたりするから、
口でも呼吸できる構造をもつようになったそうですよ。


…さて、なぜこんな話をするのか。

それは僕が口呼吸だからです!
  • このエントリーのカテゴリ : 習慣

タグ : 鼻呼吸

Clip to Evernote
さて、今回の習慣は

『朝起き体操!』

です。


高校生のころ、通学途中にある工場の前を通ると
いつもラジオ体操がなっていました。

「なんで工場からラジオ体操が?
いい大人がラジオ体操をしているのか?」

と、朝から不思議に思っていたものです。

しかし、そう思っていた僕が朝起きてすぐに
ラジオ体操のようなものをしているんですから、
世の中わからないものですね。

  • このエントリーのカテゴリ : 習慣
Clip to Evernote
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。