上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote
2012年、大きなテーマにしたいもの。

そのひとつが、”政治”です。

……と言っても、自分の意見を声高に主張するということではなく
政治の世界を観察してみたいだけですが。


2011年は多くの出来事がありました。
大阪府民としては大阪W選挙は大きかったです。

仮に大阪都構想が実現したとしても
僕が住んでいる場所は直接関係がないので、
何かが大きく変わることに期待しているわけではありませんが。。。

一人の力を持った政治家が現れることで
世の中がどう動くのか、見てみたいんです。そして覚えておきたい。


これまで政治家をみて、すごいなぁ、と思ったことは残念ながらほとんどありません。

学校行事などで話をする地方の政治家なんて記憶の片隅にも残っていませんし
国政に関わる政治家が出演しているテレビの討論番組を見ていても
・ひとの話を遮って自分の話をする
・質問にきちんと答えない
・質問に見当違いの答えをする
・自分とは異なる意見をもったひとを全面否定する
といった「人間として、それはどうよ?」と
思わざるを得ない姿しか見えませんでした。

討論、というよりも
「僕の話聞いてよ!」
と子供がだだをこねているみたいな。

……もちろん、それは本心からではなく
テレビという表現媒体だったり
様々なしがらみのなかでそう振る舞うことしかできないのかもしれません。

でも、うーん。
見ていてかっこわるいし、
なんのために政治家になったんだろう、と思う。
討論することが、政治家の本質でないことはわかってはいますが。。


政治家に強いリーダーシップを求める精神は
ともすれば危険な方向に行くかもしれませんが
現状を見ていると求めたくなってしまう。


――これが今までの考え。

このままなら、政治に興味を持つのは
「もっと歳を取ってからでいいや。
 とりあえず選挙には行っているし」
で済ませていたと思います。


でも橋下徹大阪市長が出演している討論番組を見ていて
その考えを変えざるを得なくなりました。

「テレビの討論番組って
 相手の質問に答えても成り立つんだ…!」
という、考えてみると馬鹿馬鹿しい
けれども自分にとっては新鮮な驚き。

そして実際に行動しているひとの言葉の重み
リスクを冒さず、ただコメントするだけのひとの言葉の薄っぺらさもわかりました。

これはともすれば傍観者になってしまいがちな
いまの時代には、というか自分にとって
怖いことです……。


新大阪市長は利権に切り込んでいこうとしています。

2011年、なぜか頭の中を離れなかったキーワードのひとつが”利権”。
既得権益というのは、これほどまでに強固なものなのか、と。

もちろん、自分勝手な振る舞いは批判されるべきですし、
批判することは簡単なのですが

もし自分が、甘い汁を吸える立場にいると仮定して考えてみると……
既得権益を壊そうとするひとが現れたら
「わしがお前をぶっ壊しちゃる」
みたいな展開になってしまうのかなぁ。

既得権益をなくそうとするひと(改革を行うひと)にとっては
既得権益を享受するひとたちに流れるお金は、自分の懐から出ていくものではありませんが
(行政の場合、税金という形で間接的に流れてはいますが)
既得権益者にとってはダイレクトに収入減につながります。

力の入れ方がどれくらいのものか、想像できますよね。

利権に切り込むのは
とてつもない覚悟と犠牲、代償が必要になります……。



今後、橋下徹市長がどうなっていくのか。

それがちょっぴり予想できるようになるのが本書『政治家の殺し方』。
(ようやく紹介できた)

すでに既得権益にメスを入れ、大変な目にあった政治家
前横浜市長、中田宏さんが書かれた本です。

なんかこう、読んでいて
「世の中にはこんなひとがいるんだ……」
と暗たんたる気持ちになること請け合い。

Amazonの内容紹介です。

前横浜市長は「女性スキャンダルまみれ」で「ハレンチ市長」と命名された。
悩み苦しんで「白髪頭」となり、「死」を考えたこともあった。
魑魅魍魎が跋扈する政界の隠された裏側を告白する、衝撃の書!

37歳という若さで横浜市長となった。だが、事実上、政治家として殺された。ある日、突然襲った謂れのないスキャンダルの嵐。その身の潔白は、すべての裁判で勝訴をおさめたことで証明された。では、いったいなぜそのようなことが起こったのか?裏には何があったのか?「政治家を殺すのに刃物はいらない。スキャンダルをでっち上げればいい。」彼を追い落とした人間は、いまも平然と生きながらえ、何の罪にも問われていない。地方自治をはじめとする政治のアブナイ世界だけにとどまらず、「史上最悪の人生」を味わった著者の実態にも迫る。これほどの生き地獄を味わった政治家は他にいるか?禁断の告白書!


この内容紹介に、少しでも引っかかりを感じられた方は
読んでみたほうがよいかと。

でっちあげたスキャンダルで政治家の政治生命を奪う。
マスメディアの役割って、こんなものでしたっけ?

マスメディアの大きな柱となる
(政治家の)不正を暴く、という機能はとても大切です。
裏で何をしても批判されなければ、増長する人間はたくさんいるでしょう。
でもだからといってマスメディアは何をしてもいいわけではない。

不正を暴く/確証が取れていない情報を載せる(でっちあげ)。
この境界線でこそ、編集能力が問われると思うのです。

でっちあげを見抜けなかったにせよ
明確な意図を持って、でっちあげたにせよ
とりあげたマスメディアは編集能力を露呈してしまった。

でっちあげが事実かどうかは定かでなくとも
(中田宏さんのスキャンダルについては
 裁判で勝訴しているので、でっちあげです)
編集方針、編集能力は明確になります。

裁判では勝訴したものの
中田宏さんは横浜市長に在任中
政治生命を脅かされました。

言葉は悪いですが、効果はあったのです。


そして大阪市長選挙。
同じようなネガティブ・キャンペーンがありました。
橋本徹さんについて
雑誌がさまざまな情報を取り上げました。

その雑誌を編集するひとたちにとっては
その情報は載せる価値があったのでしょう。

でも僕にとっては、まったく価値がない。
それどころか邪魔ですらありました。

そうした情報に注目があつまることで
・大阪市長となって何をしたいのか
・大阪府知事となって何をしたいのか
といった本来論じられるべき大切なことから論点がぶれてしまうから。

そちらのほうがよほど重要なはずなのに……。


政治について、さまざまなひと・メディアがそれぞれの立場で
自分の価値観に沿った主張・解説をしています。

そんななか、政治に関心を向けるということは
情報リテラシーを高めることにつながるかもしれません。


『政治家の殺し方』を読んでいると
マスメディアがとても情けない存在に見えてしまいますが
そこはビジネス。

需要があるからこそ供給があります。

確証が取れていないゴシップ・スキャンダルを載せている雑誌を読んで
「はぁ、馬鹿馬鹿しい」と思うひとが多くなれば、
その雑誌(もしくは方針)は自然消滅するでしょう。
「ひとの不幸は蜜の味」と思うひとが多くなれば、多くなるでしょう。
素直に信じるひとが多ければ
「他誌とは違うことが書いてある」と思われて、売上が伸びるかもしれません。

自分自身は選ぶ(雑誌を買う)立場にいるので
これからは意識して選んでいこうと思います。
そしてストックしていきます。どういう情報を掲載してきたのかを。


本書の主意とは外れていますが
僕が『政治家の殺し方』から学んだのは情報との接し方。

もし自分が政治家なり著名人なら
また違った読み方になると思います。
もっと差し迫ったものになるのかな。
でもいまは、別世界のお話。
当事者ではなく、受け手の立場で読みました。


最後に引用を。

本書を読むと、政治が嫌いになるというか
汚いもののように見えるかもしれませんが
そこはそれ、著者はこのように書いています。

私は政治が嫌いだ。インタビューで「なぜ政治家になったのか?」と聞かれると、必ず「嫌いだから」と答えてきた。もし、日本を任せられるような信頼できる政治家が何人もいて、政治に対する疑問が少なければ、私は政治家をめざさなかった。いまの政治に満足できないから、自分が政治家になったのだ。 162

スポンサーサイト
Clip to Evernote
【本】わたしが芸術について語るなら 千住博 ポプラ社
わたしが芸術について語るならわたしが芸術について語るなら
(2011/02/15)
千住博

商品詳細を見る


Amazonの内容紹介より。

「芸術」と聞くと、何が頭に浮かびますか?
 絵画や音楽、映画、文字を通して他人への思いを伝えること――それが芸術の大きな役割。人と人が仲良くする知恵でもあるのです。
十代の子どもに向けて語りかけた内容を、おとな向けに再編集。
可能なかぎり易しい言葉で、最高の内容を伝える「芸術についての入門書」。



2011年もあと二日。

この時期はやっぱり来年をどういう年にしたいか考えてしまいます。


大きなテーマをいくつか設定しつつありますが
そのうちのひとつが”芸術”

しかし一口に芸術といっても
茫漠としていてつかめない。

……ので、本書で学びます!


本書の紹介はAmazonさんに任せるとして
 (本の書影をクリックするとAmazonにとびますので)
芸術とは何か、ということについて。


本書のなかでもたびたび
「芸術とは……」という言葉が見受けられます。

堅苦しくない平易な言葉で。

多くのひとに響くよう、切り口を変えて。


そのなかで僕がいちばん納得したというか
憑き物が墜ちたような気持ちになった言葉を引用します。

つまり、芸術というのは人間の人間に対する問いかけ、伝達不可能と思える内容のコミュニケーションなのです。


まずここでハッとします。

芸術とは、コミュニケーションだと。

偉大な芸術家から”わたし”に対する問いかけなんです。

「私はこう思うけれども、どう思う?」という、自分もわからないけれど相手もわからないかもしれない、おおよそすべての森羅万象に関する、何とも言いがたいような思いをなんとか伝えようとすること。



こう考えると、芸術がグッと身近に感じられませんか?

誰か、すぐれたセンスにあふれているひとが
ただ自分の思いをぶちまけるだけでは意味がなく。

その作品を味わう”わたし”がいて、初めて成り立つものなのか。

という新鮮な驚きがありました。


……考えてみると、レオナルド・ダ・ヴィンチ以上の
卓越した能力をもった人間がいたとしても

「この作品は誰かに見せるためのものではない!」

みたいなことを言って誰にも見せなければ
それは存在していないことと同義ですもんね。世間的には。


芸術とはコミュニケーション。

そこが本質であり、忘れてはいけないこと。

テクニックなどは評価の対象にはなるのでしょうが
いくらテクニックが優れていたとしても、消えていった作品は無数にあるのでしょう。

…これまではテクニックにしか目が向いていなかったかもしれない、と反省中です。

たしかに言葉では表現できない”なにか”が迫ってくる経験はありました。
しかし、うまく言語化できないので
テクニックを理解して強引に納得しようとしていました。

もやもやしたものを、自分の中にとどめておくのは
たとえ嬉しいことでも
そしてもちろん悪いことも
負担になります。


芸術作品から受け取るそのもやもやは
芸術家が伝えようとしたものであり
芸術家のイマジネーションそのものなのかもしれません。

もしくはその作品に触発されて
勝手に自分で妄想しているのかもしれません。

……。

それはわかりませんが

芸術とは

見た(聴いた)

あの色遣い(メロディ)が素敵だよね

終わり

ではなく

見た(聴いた)

受け取る

読み取ろうとする(聴き取ろうとする)

読み取ろうとする(聴き取ろうとする)

読み取ろうとする(聴き取ろうとする)

……

という感じなのかな、と。


芸術作品というと
それだけでありがたがってしまいそうですが

作品が存在する以上、作者は何かを伝えようとしているはずです。


それは何なのか。


何を訴えかけているのか。


作者はその作品に何を託したのか。



いままでは、ただありがたがっていただけなのかもしれません。自分は。

……触れることはあっても、見ていなかったのかなぁ。



芸術作品からそのメッセージを読み取ろうとする。
それはそのまま日常生活にも通じる姿勢だと思います。

相手の何気ない一言、ふとした拍子に見られる仕草……。

芸術作品と向き合うほどの緊張感と真剣さで
ひとと向き合うことができれば、
わかりあえる確率がグッと高まりそうです。

――なんとなく
「芸術なんて何の役にも立たない!」
という声が聞こえてきそうなので
念のために書いておきました。

個人的な感想ですが
芸術を愛するひとには
共通して懐の深さを感じます。

そうしたものはあくまで副産物であり
即物的な効果を期待するものではないと思いますが……。



と、いろいろと書いてきましたが
結局のところ、芸術に対する考え方は十人十色、
人間の数だけ存在する可能性は高いです。

ただ僕にとっては、著者の千住博さんの考え方は
学びに満ちていました。

視野を広げてくれる、オススメの一冊。

年末年始にどうぞ! と言いたかったのに
もうはじまっています(汗)。

来年は芸術に浸ってみませんか?


もしすでに読まれている方は
本書を読んで芸術熱が高まっているこの時機を逃さずに
この本を読んで下さい。

日経 おとなの OFF (オフ) 2012年 01月号 [雑誌]日経 おとなの OFF (オフ) 2012年 01月号 [雑誌]
(2011/12/06)
日経おとなのOFF

商品詳細を見る

 2012年 絶対に見逃せない 至高の画家100人の名画
2012年は美術展の10年に1度の当たり年。
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ヨハネス・フェルメール…
世界でも真作が数えるほどしかない大物画家の作品が来日します。
これに国内美術館の収蔵品を加え、2012年に日本で鑑賞できる
約100人の画家とその名品をテーマ別に3つの章に分けてご紹介。
あなたの心を揺さぶる一枚に、必ずや出合えるはずです。

【特別付録】
2012年 必見の美術展ハンドブック


2012年がはじまろうとするまさにこの時、
手帳に行きたい美術展を書き込んでしまう。

素敵な新年の始め方です。


Clip to Evernote
【本社会】まんがと図解でわかる正義と哲学のはなし (別冊宝島)
まんがと図解でわかる正義と哲学のはなし (別冊宝島) (別冊宝島 1767 スタディー)まんがと図解でわかる正義と哲学のはなし (別冊宝島) (別冊宝島 1767 スタディー)
(2011/05/13)
小川 仁志

商品詳細を見る


表紙につられて買っても構いません。

表紙を見て躊躇してしまう方もどうぞお気軽に。


すごーく面白いです!

「正義と哲学」というガチンコなテーマを
軽やかにわかりやすく解説してくれます。


哲学はともすると机上の空論に陥りがちですが

本書では現実世界からはなれた無味乾燥なものではなく
実際の事例を通して「哲学」を教えてくれます。

たとえば、

福島第一原子力発電所を通して
ジェレミー・ベンサムの功利主義を解説したり

相撲の八百長問題を通して
イマヌエル・カントの善意志を説明しています。


このバランス感覚がすごい。

哲学を解説している本って
一つひとつの用語を厳密に定義したり
その思想が生まれた背景などを説明しているものが多いですよね。

そうしているうちに興味が薄れていって
肝心の本題に入る頃には、もう面倒くさくなるというか……。

その点本書は、
導入にマンガがあり
大きなイラストやコラムがそこかしこにあるので
関心を離しません。

細かい部分はザクッとはしょられています。



さらに秀逸なのは

哲学の大きな流れにそって章が展開されつつ、
それぞれの哲学者の解説では、身近なトピックを通して描かれているところです。

個別の話に興味を持て、かつ全体の流れもわかる。

その極めつけが章末の「哲学者座談会」。


ひとつのテーマについて、
この哲学者ならこう言うんじゃないかなーという対話があります。

これがうまくまとめになっているんです。



――もちろん一人の哲学者につき2~4ページなので
これですべてがわかったつもりになるとそれはただの勘違いなのですが……

入門としては最適ではないのかと。


本書のなかで全体の流れを知り
そのなかで興味を持った思想については本格的に深めていく。

それが理想ですよね。

ちなみに僕は、アマルティア・センという経済学者に興味を持ちました。
(哲学の本なのに……)




このシリーズで「世界の宗教」とかでないかなぁ。
Clip to Evernote
【本社会】怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか 黒川 伊保子 新潮社
怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか (新潮新書)怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか (新潮新書)
(2004/07)
黒川 伊保子

商品詳細を見る


「なぜ本を読むのか?」

答えはひとそれぞれ、
また読む本のジャンルによっても異なってくると思いますが

僕の中では、"新しい視点を得るため"が大きいです。


ビジネス書を読むときも、伝記を読むときも
小説を読むときも、学術書を読むときも。

割合の大小はあれ、新しい視点ほしさのためが多いです。

ひとりよがりのちっぽけな固定観念が砕かれ
新しい地平が見える、って考えると素敵なことじゃないですか?


本書「怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか」からも新しい視点を。

キーワードは"語感"…!

これは、意識したことなかった!



名前をつけるとき。

どんな意味を含ませるかが重大になってくると思います。

でも、もしかするとそれよりも大きな役割を担っているのは語感かも…?


それを痛感したのが、これ。

男たちを興奮させる濁音



正直、途中の説明は「ふーん」くらいなんですよ。

説明、「ふーん」なんです。

で、結論がこちら。

というわけで、濁音は、とにもかくにも、「オトコ子ども」の好きな音。昔から怪獣の名前と漫画雑誌の名前は濁音が成功すると言われて久しいが、その背景には、生殖可能期間中のホルモンバランスの男子を興奮させるサブリミナル・インプレッションがあったのである。


という感じで、かなり風呂敷が広がっちゃうんです。

でも、その後の例えを読んで、
リクツなんて(失敬)どうでもよくなってしまうくらいの衝撃。

曰く

ガンダム・ワールドでは、濁音なしの音を探すほうがずっと難しい。



!!

「機動戦士ガンダム」の戦闘アイテムの名前を並べてみよう。ガンダム、ガンタンク、ガンキャノン、ザク、ドム、ジム、ズゴック、ゴッグ、アッガイ、ゲルググ (以上、戦闘用ロボット)、ビームライフル、ハイパーバズーカ、ガンダムハンマー、ビームジャベリン、ビームサーベル(以上、戦闘用武器)。




!!!




おいおい嘘だろ?
濁音なしの単語もあるだろ?

というわけで熟考。


ガンダムはね、中学時代、ゲームにはまって以来の付き合いですからね。


………。

(30分後)

…あれ? 本当にないぞ?

むしろ、デンドロビウムとか
濁音たっぷりなのばっかり頭に浮かぶ。

コアファイターとかあるんですけど、
著者曰く、

濁音は重いので、スピード感重視の戦闘機にはそぐわない。


とのこと。

じゃあ、エルメスとか戦艦系はダメなんでしょうね…。

というわけで、唯一思いついたのがケンプファーくらい。

とはいえ、たしかケンプファーはドイツ語で「戦士」のことで
純粋な造語じゃないしなぁ。


いやすごい。

ここまでなのか。


ほんと、ガンダム好きな方はゼヒ挑戦してみてください。

こんなにも見事になっているのかと思いますよ。


あ、ちなみに僕の中でガンダムはZガンダムぐらいで止まっているので。

ごめんなさい(誰に謝ってるんだろう?)。

新しいもののなかには普通にあるのかもしれません。



本来、例示っていうのは
理屈をわかりやすくするための補助的なものでしかないと思うのですが…

今回に至っては主客転倒です。

例示の中に圧倒的な説得力がある…!


ちなみにガンダムには別名の候補があったそうです。

その名も
「シャンダム」!



……ガンダムにしてくれてよかったと心底から思いました。
Clip to Evernote
【本社会】財務を制するものは企業を制す 井原 隆一 PHP文庫
財務を制するものは企業を制す (PHP文庫 イ 6-1)財務を制するものは企業を制す (PHP文庫 イ 6-1)
(1986/06)
井原 隆一

商品詳細を見る


bean counterという言葉があります。

直訳すると、豆を数える人。

意味は、会計士や財務屋。

まあ俗語なので、揶揄しているのだとは思いますが
相当馬鹿にされている感じがします。

豆を数えるって……。


さらにこんな引用を。

ブリンとペイジは、シュミットがどこからやって来ようとも、いままでほかの大物たちに対して行なってきたように、来た道をまっすぐ帰っていただくつもりでいた。本音を言えば、それが誰であろうとも、自分たちの肩越しにグーグルをのぞき込まれるのがいまだに嫌だったのである。そして、絶対にいらないし、絶対に介入してほしくないのが財務屋だった。会社の経営を重視した型通りのやり方にはめこまれてしまうのは、百害あって一利なしだ。発明の精神は窒息させられるし、前進は妨げられてしまう。


引用元:
Google誕生 ?ガレージで生まれたサーチ・モンスターGoogle誕生 ガレージで生まれたサーチ・モンスター
(2006/05/31)
デビッド ヴァイス、マーク マルシード 他

商品詳細を見る


……という感じで。

よくないイメージ。

豆を数えたり、型通りのやり方にはめこんだり。


…でもそれは、決して財務の本来の役割ではない!

今回はそんなことを教えてくれる一冊について、書いていきます。



本書を読んだきっかけは、
税理士として活躍されている方に教えてもらえたから。

曰く、「井原隆一さんの本にはすごく影響を受けた」と。


僕が「このひとすごい!」と見習いたく思っているかたが
影響を受けたのなら、ねえ?

読まずにはいられないでしょう。


で、読んだ感想。

やっぱすごい。学びが多い。


財務と聞くと、守りのイメージがあったのですが
いやいや全然。

本書では、「攻撃的な財務の姿」が
ありありと描かれています。

いやー、財務に関する本を読んで
攻撃的な印象を受けたのは初めてかも。

それは、著者が企業再建のプロだからかもしれません。

今にも倒産しかねない企業に入って再建するためには、
のほほんとやっていたのでは間に合いませんよね。



財務を疎かにすると、
企業は簡単に傾くということがよくわかります。

財務というとやはり裏方で、
目立つこともないし、取り上げられることも少ないと思います。

「この企業の財務部がすごい!」なんていう特集、見たことありませんし…。

これが、営業やら広報なら見かけるのですが。

財務部がいかに優秀でも
それを宣伝したところで、売上は上がらないわけで。

財務部が優秀だから、商品も優秀とは……ね。
思われないだろうし、僕自身思いません。


そんな普段は日の目を見ない、裏から支えている縁の下の力持ち。

大切な役割を担っています。


ちなみに僕は、目立ったり、注目されたり、名声を得たりすることを
いまいち気持ちがいいとは思えません。

いやもちろん、いまの時代
注目されることはそのまま力になりますから
そういった観点からは、よい評判などは欲しいですが…。

それよりは、影から見て
「してやったり! ウッシッシ」
みたいな方が好きです。

ある出来事をきっかけに
他人の評価に重きを置けなくなったんですよねー…。

……ブログが発展しないわけだ。



ではでは最後に引用を。

学びが多い本からの引用は、いつも
悩みに悩み抜くのですが、今回は攻撃的な財務を表している文章を。

「そういう言い逃れを言っていられる間はよいが、いずれは会社の命とりになる。この際、不良在庫の一掃を目ざす。
そこにゴミが溜まっているから、さらにゴミを捨てるのである。きれいになっている場所には捨てることはないものだ。
そこで、今日以前の不良商品についての責任は追及しないこととする。今日以後のものについては、責任を明らかにする。
次に、とりあえず、一見して不良品とわかる物を、一週間以内に工場の前庭へ搬出してもらいたい。全部今期の除却対象とする。
分別困難なものは、来期前半までに良否を区分し、除却額を決定すること」
指定日に庭へ出かけてみた。ないといっていた不良品が、山と積まれている。簿価にして一億数千万円。



財務に関わる方はゼヒ!
Clip to Evernote
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。