上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote
とある大学の入試問題の古典を解説することになり
この文章と出会うことにあいなりました。


率直に言って、すごく気持ちがわかる。
古典にこれだけ共感できることって、そうはないぞ。

……作者はお酒が飲めなかったに違いない。


というわけで、忘れないうちにメモメモ。


徒然草 第百七十五段
世には、心得ぬ事の多きなり。ともある毎には、まづ酒を勧めて、強ひ飲ませたるを興とする事、如何なる故とも心得ず。飲む人の、顔いと堪へ難げに眉を顰め、人目を測りて捨てんとし、逃げんとするを、捉へて引き止めて、すずろに飲ませつれば、うるはしき人も、忽ちに狂人となりてをこがましく、息災なる人も、目の前に大事の病者となりて、前後も知らず倒れ伏す。祝ふべき日などは、あさましかりぬべし。明くる日まで頭痛く、物食はず、によひ臥し、生を隔てたるやうにして、昨日の事覚えず、公私の大事を欠きて、煩ひとなる。人をしてかかる目を見する事、慈悲もなく、礼儀にも背けり。かく辛き目に逢ひたらん人、ねたく、口惜しと思はざらんや。人の国にかかる習ひあんなりと、これらになき人事にて伝へ聞きたらんは、あやしく不思議に覚えぬべし。



現代語訳はなし。

乱暴にまとめちゃうと

「お酒って面倒くさいなぁ」

という感じ。



でも。

入試問題はこのあたりで終わっていたのですが……。

まだ続きがあって、後半の部分では

かくうとましと思ふものなれど、おのづから、捨て難き折もあるべし。


といって、お酒のよいところ(?)を書いているあたり、
やっぱり古典は一筋縄ではいかない。


―― そもそも吉田兼好さん。

兼好法師とも呼ばれるくらいだから
出家しているはずなのに。。。

後の世は、人の智恵を失ひ、善根を焼くこと火の如くして、悪を増し、万の戒を破りて、地獄に堕つべし。「酒をとりて人に飲ませたる人、五百生が間、手なき者に生る」とこそ、仏は説き給ふなれ。


と徒然草の同じ段に書いているので

仏教、それも出家した僧侶にとって
「お酒」がどういう扱いになっているか知っているはずなのに……。


結構お酒を楽しんでるんですよねー。


このおおらかさ。そしてそれを文章として遺す度量。

ほんと、一筋縄ではいかない。


徒然草は、いつかは読んでみたいと思っていました。
これを機に楽しんでみようと思います。
スポンサーサイト
Clip to Evernote
僕は、お酒が飲めません。

どれくらいかというと、サントリー「ほろよい」を飲んでくらっとくるくらい。

アルコール3%の弱い缶チューハイでもきついんです。

ウイスキーボンボン一つでも酒臭くなってしまうほど。


なので、ちょっとでもアルコールが入ると
体がだるくなって、ただただつらいだけ。

飲み会での「イェーーイッ!」というテンションにはついて行けません。

どちらかというと、素面のほうが合わせられるというか……。


最近は、このブログでも書いてますし
飲み会に誘われたときでも事前に伝えるので
強要されたり、「空気読めよ」みたいな圧力を受けることもありません。


自分が無理矢理飲まされそうになったら
空気を読まずに断固拒否してしまいますし、

「お酒を飲まないと腹を割って話せない」という方とは
残念ですが、そういうご縁だったと割り切るようにしています。


とはいえ、お酒自体に否定的かというと
そんなことはありません。

お酒を飲むのが楽しいというひと、たくさんいますよね。

自分はお酒を飲んで楽しいということを実感したことがないので
いまいちわかりませんが……。

お酒を飲むのが好きなひとにまで、お酒を飲まないで、というつもりは
さらさらありません。


ひとの楽しみにいちゃもんをつけるほど、
野暮じゃありません。

……でも僕は、本当に残念ですけど
その楽しみを共有することは出来ないんです。


こんなことを常日頃から言っていると
こんなアドバイスを受けることがあります。

「お酒は吐いて強くなる」。


……正直、そこまでしてお酒を飲む意味がわからないのですが。

そんなものなのかと思っていました。


さて、ここからがタイトルにもあるとおり
 「お酒を飲めないひとは飲めない」
というお話。

専門用語が入ってきます。

出典元はこちら。
日経 TRENDY (トレンディ) 2011年 03月号 [雑誌]日経 TRENDY (トレンディ) 2011年 03月号 [雑誌]
(2011/02/04)
日経TRENDY

商品詳細を見る



では、まず基礎知識から。

酒が強い、弱いという違いは、肝臓内でアルコールを代謝する際に発生する有害物質を、さらに分解するアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の有無とその量による。


ALDHが体内にあるかどうか。
その如何によってお酒に強いか弱いかが決まるそうです。

ALDHが十分にあれば
お酒がもたらすプラスの面を享受できる。

ALDHがなければ
お酒の弊害を一身に受けることになる。

……まあ、お酒に強い=肝臓が丈夫、というわけではないので
お酒に強いひとのほうがアルコール障害が多いそうですが。


では、お酒の強い弱いに密接に関わってくる
"アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)"
を増やすことは出来るのか?

日本大学医学部消化器外科の高山忠利教授によると、「ALDHは、両親から1つずつ受け継いだ2つの遺伝子の対からなり、働く遺伝子同士、働く/働かないの混合、働かない同士という3種に分類される。日本人の25%は働かない同士の組み合わせだ」。


続けて

「ALDHは刺激を受けることで増えるので、酒を飲んでALDHが増えれば徐々に飲めるようになる。しかし、働かない遺伝子同士の人は、そもそもALDHを持たないので訓練しても酒は強くならない



……。

……え、ほんと??

ALDHが働かない遺伝子同士だとALDHがないの?

有害物質を分解するのに必要なんじゃないの?

どれだけ訓練したところで、そもそもALDHを持たないから
意味がないの?

お酒に強くなれないの?

どうあがいたって、ALDHを持てないひとが
日本人の25%もいるの?

日本人の四人に一人はお酒に弱いままなの?



……なんだ、そうなんだ。

うん。それはそれで、スッキリ。

もういろいろと悩まなくて済む。



…それにしても。
四人に一人は、お酒を飲めないって話なのに。

飲み会でお酒を飲まないひとってあんまり見かけない。

……飲めない人はそもそも参加しないのか。
それとも、お酒に弱いと言ってもタイプが違うのか。
(僕は体がだるくなって、眠たくなります。せっかく人と会っているのに…)
はたまた無理をして飲んでいるのか……。


そのあたりよくわかりませんが、
僕は、せっかくの飲み会だからこそ、
出会いを楽しむために、お酒を飲まない方針で行こうと思います。

すごく逆説的ですけど。


というわけで、長々と書きましたが
僕は飲み会の席でも、お酒を一切飲まない確率が高いので。

そのあたりをわかっていただければと。


……でもまあ、そんなこといちいちここで書かなくても
友だちは、僕の考えをわかってくれてますし、尊重してくれているのですが。

恵まれてますねー。
Clip to Evernote
わたくし、お酒飲めないです。

前までは、お酒を飲むとだるくてだるくて
会話をする元気もなくなる状態になっていましたが。

最近は、頭が痛くなるというおまけがつくようになったみたいです。

お酒を飲んで、頭が痛くなるっていうのはつらいですよね……。
薬を飲みたくても飲めませんから。


だから、お酒に強いひとがうらやましかったり。

かといって、お酒に強くなるためにお酒を飲み続けるのも
何か違うかな、って思ってます。

幸い、お酒を強要する文化もなくなってきているようですし
なによりノンアルコールビールが頑張ってくれています。


ではでは、今回はお酒に関するうんちくをば!

Clip to Evernote
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。