上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote
新しいカテゴリです。

これは100%自分のためのもので、
いままで読んだ本をここでまとめていこうと思います。

Wordにまとめていたのですが、せっかくなのでブログに書いておこうかな、と。

これからは月末か月初に書いていこうと思います。

自分のモチベーションをあげるためだけなので、
かなり見にくくなっています。
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : その他
Clip to Evernote
【アイディア】
先ほどの記事を書いていて思ったのですが、
【本書評】ほぼ日手帳公式ガイドブック


「ほぼ日手帳公式ガイドブック」のなかに

ほぼ日手帳を、夫婦で交換日記として使われている方がありました。


これってすごいアイディアだな、と思いました。

夫婦や恋人同士で使うのもすばらしいのですが、
僕はこんな使い方を考えました。

たとえば、普段は仕事のことでしか会話していない上司や部下、
もっと広げて部単位、課単位で一冊のノート、いやほぼ日手帳を使って、

プライベートのことでも仕事上の悩みでも、好きなことを書くっていうのは
面白そうじゃないですか?

これなら仕事以外でもつながりができそうじゃないですか。

もちろん、問題はいろいろとありそうですが、
コミュニケーションをとるきっかけになるだけでも十分です。

コミュニケーションが途絶えた組織に待っているのは、「崩壊」だけですからね。


ブログを使うやら、メーリングリストを使うなど
他にも方法はたくさんありそうですが、

手書きの暖かさも捨てがたいです。

なによりほぼ日手帳は、「使っていて楽しい」ですからね!

メンバーの中に女性が入れば、その日記は華やかになること請け合いです。

あらためて本を読み直すと、
カラフルな日記を書かれている方は、
女性が圧倒的に多いですね。
関連記事
Clip to Evernote
【本書評】ほぼ日手帳公式ガイドブック ほぼ日刊イトイ新聞編著 マガジンハウス
ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。
(2008/09/25)
ほぼ日刊イトイ新聞

商品詳細を見る


突然ですが、2009年の手帳はほぼ日手帳でいこうと思います!

「ほぼ日刊イトイ新聞」というサイトで購入したのですが、
注文してから家に届くまで3週間ほどかかったので、すごく待ち遠しかったです。
関連記事
Clip to Evernote
【本卒論関係】Google経済学 柴山政行 フォレスト出版
Google経済学(グーグル経済学)~10年後にトップに立てる新経済学入門~Google経済学(グーグル経済学)~10年後にトップに立てる新経済学入門~
(2008/09/04)
柴山 政行

商品詳細を見る


実はこの本、大変お世話になった本です。

そもそもなぜこの本を買おうと思ったかというと、
確か、アマゾン・キャンペーンのプレゼントがすごく魅力的だったです。

公認会計士の著者が出しているメルマガや会計について解説している音声ファイルが
手に入るというものでした。

今でもありがたく聞いています。
特に一般原則セミナーという音声ファイルはすごくよかったです。

ちょうど税理士試験の財務諸表論で勉強する理論と内容が
重なっていることもあり、何度も聞いています。

これだけでも買ってよかったのですが、
実はぼくがGoogleをテーマに卒論を書こうと決めることになった
大きなきっかけがこの本なのです!!
関連記事
Clip to Evernote
【本殿同入り】さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉 光文社新書
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
(2005/02/16)
山田 真哉

商品詳細を見る


激オススメです!!

会計を勉強しようと志している方は、まずはこの本から読むべきです!!

僕が、もし会計について全く知らない人に、「どんな本を読んだらいいですか?」と聞かれたら、

迷わずこの本をお薦めします。

それくらい入門書として最適です。
関連記事
Clip to Evernote
何かの雑誌か新聞、本で読んだのですが、

最近は英語に対する姿勢が変わってきているそうですね。

曰く、「以前は英語ができるとプラスになったが、いまは英語ができないとマイナスになる


たいした違いはないように思えますが、すごく違います。

以前は英語ができると自分に付加価値をつけることができましたが、

これからは英語ができないと英語ができる人と同じ土俵にたてなくなってしまいます。

つまり英語ができることが普通になりつつあるようです。

まあ、「英語ができる」といっても、そのレベルには様々なものがあると思いますが。


僕としては、とりあえず英語をスラスラと読めるようになりたいです。
話すことは現段階ではどうでもいいです。


卒論の題材にGoogleを選んだことが関係しているのかもしれませんが、
英語ができないと入手できる情報が大幅に狭まってしまうと痛感しています(汗)

これからは間違いなくグローバル社会になっていきますよね。

世界的に見るとローカルな日本語だけではこれから先、
いろいろと苦労しそうです。


というわけで、前ふりが長くなりましたが、
TOEICを受けてみようと思います!

いまは卒論、予備校、バイト等々かなり充実した生活を送っているので(笑)、
英語の勉強を追加でしていくのはちょっときついです。

ですので、若者らしく勉強せずに突っ走っていこうかなと考えています。

大学入試以来英語の勉強はほとんどしていないので
とんでもないことになりそうですが、

それはそれで、いい意味で危機感を抱かせることができるかな、と。

いつ受けるか決まったらブログに書きます!

TOEICを受けて、笑えるような結果になったとしてもブログに載せようと思います!
関連記事
Clip to Evernote
【本マンガ】バーテンダー(1) 城アラキ 長友 健篩 集英社
バーテンダー (Vol.1) (ジャンプ・コミックスデラックス)バーテンダー (Vol.1) (ジャンプ・コミックスデラックス)
(2004/12/03)
城 アラキ長友 健篩

商品詳細を見る


このブログでマンガを紹介するのもどうかと思いますが、

ビジネス書に負けず劣らず、いいマンガからは得るところが多いです。

本書を読んで、久しぶりにすごくいいマンガを読んだ、という気になりました。

ところどころ泣けます。これは僕だけかもしれませんが。

サービス業はこうだ!というのを教えてもらった気がします。

お酒が全く飲めない僕でもバーに行きたくなる、そんな本です。
関連記事
Clip to Evernote
新しいカテゴリをつくりました!

その名も【夢・目標・アイディア】!

これからは、僕の夢や目標、考えたアイディアなどを書いていきたいと思います。

共感できる方はコメントなどして頂けると嬉しいです。

関連記事
Clip to Evernote
今日は面白いものを見つけました。

ブクログ-WEB本棚サービス-

僕も登録しました!

bottyの本棚

まずは今日までの本をアップしました!

書評ブログを書かれている方は面白いと思いますよ。
人に紹介する時にあったら便利です。
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : その他
Clip to Evernote
【本小説】不思議の国のアリス ルイス・キャロル 新潮文庫
不思議の国のアリス (新潮文庫)不思議の国のアリス (新潮文庫)
(1994/03)
ルイス キャロル金子 国義

商品詳細を見る


読みました。

率直な感想としては、

「意味がわからない」

です。
関連記事
Clip to Evernote
【本書評】スティーブ・ジョブズ神の交渉術 竹内一正 経済界
スティーブ・ジョブズ 神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人…と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのかスティーブ・ジョブズ 神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人…と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのか
(2007/01)
竹内 一正

商品詳細を見る


スティーブ・ジョブズ。

僕が憧れる経営者の一人です。

ですが、この本に出てくるスティーブ・ジョブズさん、すごいです。

何がすごいって、そのキャラクターが。

もし、日本人なら周囲から絶対につぶされそうな、そんな性格です。

傲慢、自己中心的、破天荒…。

これだけ聞いたらイヤな人物を想像しますが、
圧倒的なカリスマ性で人を惹きつけてやまない。

器が大きすぎて、僕には想像もできないです。
関連記事
Clip to Evernote
【本小説】スカイ・クロラ 森博嗣 中央公論社
スカイ・クロラ (中公文庫)スカイ・クロラ (中公文庫)
(2004/10)
森 博嗣

商品詳細を見る


最近映画化されて話題になったスカイ・クロラを読みました。

森博嗣さんの本は好きでよく読むのですが、この本はまだ読んだことがありませんでした。

読みたいな-、読みたいな-と思っていたのですが、
なかなか古本屋では見かけません。

あ、ちなみに僕は小説は古本で買うことが多いので、ブームが過ぎ去ってから買うのがほとんどです(汗)

森博嗣さんの本はシリーズ化されているものが多くて、順番を考えずに、
まだ買っていないのがあれば買っていました。

そんな無秩序に買っていたので気付かなかったのですが、
じつはこの本も買っていました。

この本もスカイ・クロラシリーズのようになっているので、この一冊だけで面白かったと書くのは早すぎる気がしますが、僕は好きでした。
関連記事
Clip to Evernote
【本書評】スターバックスに学べ! ジョン・ムーア ディスカヴァー
マジマネSPECIAL スターバックスに学べ (マジマネ (SPECIAL))マジマネSPECIAL スターバックスに学べ (マジマネ (SPECIAL))
(2007/08/15)
ジョン・ムーア

商品詳細を見る


大学のゼミでスターバックスとドトールの比較分析を行ったことがあるのですが、
その時にこの本を読めば、よりいっそう2社の違いがわかったと思います。

これからコーヒー業界を調べようと思う方は、オススメですよ。

スターバックスの圧倒的なブランド力がどのように形成されたのかを知ることもできます。
関連記事
Clip to Evernote
もう、11月も終わり。

12月に入ります。

大学の卒論なのですが、ゼミの教授に

「今年中に完成させて下さい」

と言われました。

今年中かー、と気楽に考えていましたが、

あと一ヶ月なんですね。

……。


あと一ヶ月!?

もうそろそろしっかりと書き始めないと
間に合わない気がしてきました。

そこで、急遽卒論を書くうえで参考になりそうな本をまとめて購入しました。

その数6冊。

定価で買うと一万円に届きそうな、値段になります。

うーん、いつもなら迷わず買うのですが、

最近あまりバイトができていないので、お金ないんですよね…。


で、悩んでいました。

Amazonの本の紹介をしているページで悩んでいました。

すると画面の右に

こちらからも買えますよ

という文字。

さらに下には

100円より



この文字こそマーケットプレイスへの入り口だったのです!


とまあ、大げさに書きましたが、
マーケットプレイスとは要するに中古です。

たくさんの人が出品しており、それをAmazon経由で買うことができるものです。


いままで知ってはいたのですが、使ったことはありませんでした。

しかし!

買おうとしていた6冊のうち、

5冊は200円以内で見つかり、1冊は定価2400円が800円ほどでした!

それに送料340円が加わり、
4000円ほどで、すべての本を買うことができました!

本来なら4000円だと2冊しか買えないはずだったのですが。
すごく助かりました。

いま注文をしたばかりなのでまだ届いていませんが、
これで本がそこそこきれいなら、これからは積極的に利用したいと思います!

届いたらまた日記を書きます。
楽しみです!
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote
【本小説】世界の中心で、愛を叫ぶ 片山恭一 小学館
世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫
(2006/07/06)
片山 恭一

商品詳細を見る

今さらですが、世界の中心で愛を叫ぶ、読みました。

ものすごい売れたということは知っているのですが、最終的に何万部売れたんでしょう?

2004年の12月の時点では321万部以上だそうです。

おかしなことになっていますね(汗)

一冊の本で社会にこれだけインパクトを与えたものはそうそうないんじゃないでしょうか?

関連記事
Clip to Evernote
【本】ディマンド・チェーン経営 小川進 日本経済出版社
ディマンド・チェーン経営―流通業の新ビジネスモデルディマンド・チェーン経営―流通業の新ビジネスモデル
(2000/11)
小川 進

商品詳細を見る


さて、今日はサクッと。

あまりにも専門的すぎて書評するとレポートみたいになるので、やめておきます。

伝統的なチェーン・オペレーションが通用しなくなって来ている現在、

新たに出てきたチェーン・オペレーション、それが「ディマンド・チェーン」です。

この本では具体例を通してディマンド・チェーン経営とはなんなのか?
ということが書かれています。

具体例としてダイカ、ユニクロ、セブン・イレブン、しまむら、マツモトキヨシなどがあります。

正直言って読みやすいです。

流通に興味がある人は読んでもいいかもしれません。

しかし、如何せん古いので現在どうなっているかはわかりません。

8年も前だと、かなり変わってそうです。

最後に引用を。

ファーストリテイリング社長の柳井正社長の言葉です。

柳井氏は100%リスクを負うことのメリットを強調する。
「100%リスクが自分にあるのだと思ったら、いろいろと考えます。その一部が他人のリスクだと考えると、そこに逃げるのではないでしょうか。ですから100%自分のリスクだと考え、そこでいろいろな工夫をします。それをすることが基本ではないかと思います。ほかの企業はリスクを分担しようということで、最初から逃げています。だからうまくいかないのではないでしょうか。
また、100%自分でリスクを負うのだったら自分で好きなようにできます。他人や自分以外のものが入ってくると好きなようにできないというのはあたりまえのことです。それではむしろリスクが増幅するのではないでしょうか」(柳井氏)



感動しました!
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 【本】
Clip to Evernote
【本卒論関係】ビジネス情報概論 定道宏 オーム社
ビジネス情報学概論ビジネス情報学概論
(2006/03)
定道 宏

商品詳細を見る


ネットとは何か、
ということを調べようと思い読みました。

「ビジネス情報学」というものがあるとは知りませんでした。

本書は

今日の企業システムの核心をなす経営管理および情報管理をカバーしている


と書かれてあるように、今日の企業システムはIT抜きには語れなくなっています。

そのシステムについて基礎的なことが書かれています。

しかし、ネットとは何か、という基本的なことは触れていませんでした…。
関連記事
Clip to Evernote
【本卒論関係】インターネット社会を生きるための情報倫理 実教出版
インターネット社会を生きるための情報倫理 2008年版 (2008) (情報books plus!)インターネット社会を生きるための情報倫理 2008年版 (2008) (情報books plus!)
(2007/10)
情報教育学研究会情報倫理教育研究グループ

商品詳細を見る


ネットとは何か、
ということを調べるヒントになるかと思い、読みました。

目的は達成できませんでしたが、
情報倫理ということについて知ることができました。

知らなかったでは済まされないことがネット世界には多いですね。
関連記事
Clip to Evernote
【本お気に入り】落ちこぼれタケダを変える 武田國男 日経ビジネス人文庫
落ちこぼれタケダを変える (日経ビジネス人文庫 オレンジ た 1-1 私の履歴書)落ちこぼれタケダを変える (日経ビジネス人文庫 オレンジ た 1-1 私の履歴書)
(2007/10)
武田 國男

商品詳細を見る


最近、私の履歴書にはまっています。

私の履歴書、とは日本経済新聞の朝刊に載っている記事(コラム?)なのですが、

成功者が自身の人生を書いてくれているものです。

要するに自伝ですね。

すごく勉強になります。

私の履歴書に載るほどの人は、やっぱり考え方が世間一般の人とは違います。

そこでそんな決断をしたんですか!?
ということが多いです。
関連記事
Clip to Evernote
【本殿同入り】さあ、才能に目覚めよう マーカス・バッキンガム ドナルド・O・クリフトン 日本経済新聞出版社
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
(2001/12/01)
マーカス バッキンガムドナルド・O. クリフトン

商品詳細を見る



mixiで知り合ったTAKUさんから紹介して頂いたこの本、
文句なしに殿堂入りです!

ストレングス・ファインダー、かなり衝撃的です!

記事もかなり力を入れて書いてしまいました。
関連記事
Clip to Evernote
【本】整理力を高める50の方法 中谷彰宏 ダイヤモンド社
整理力を高める50の方法整理力を高める50の方法
(2005/10/07)
中谷 彰宏

商品詳細を見る


整理力、と聞くと勝手に部屋の整理や机の整理といった具体的なものを想像しましたが、

本書で書かれているのは、そのようなものではなくもっと広い意味で使われています。


うまく話すことができないのは、整理力がないから。

決断できないのは、整理力がないから。

人間関係がうまくいかないのは、整理力がないから。

というように、整理力という能力をとても広い視野で捉え、それを高める方法が書かれています。

最後に引用を。

整理は、結局は「何を捨てるか」ということです。
「何を残すか」ではありません。
決断力のない人は、好きなものは残せますが、捨てられないのです。
いらないものを捨てることがマーケティングであり、ポジショニングです。

関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 【本】
Clip to Evernote
【本書評】原稿用紙10枚を書く力  齋藤孝 大和書房
原稿用紙10枚を書く力原稿用紙10枚を書く力
(2004/09)
斎藤 孝

target="_blank">商品詳細を見る
原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)
(2007/02/09)
齋藤 孝

商品詳細を見る



今でこそ、レポートなどで4000字書け、といわれてもそれほど苦にはなりませんが、
以前は本当に嫌でした。

そんなに書けるわけないでしょ、って思っていました。

ですが、この本を読めばある程度の分量はかけるようになると思います。

テクニックといえばテクニックなのですが、文章を書くのが得意な人が当たり前にやっているだろうことが載っています。

昔の僕はそれがわからなかったから、あんなに苦手意識があったんですね。
関連記事
Clip to Evernote
【本】五つ星のお付き合い 山崎拓巳 サンクチュアリ出版
五つ星のお付き合い五つ星のお付き合い
(2006/11/10)
山崎 拓巳

商品詳細を見る


今日は時間がないので、手短に。

山崎拓巳さんの「気くばりのツボ」はとても良かったです。

本書はその実践書のような位置づけの本です。

早速、引用を。

「評価するのは難しい」ということを肝に銘ずる。自分が「評価していい立場」なのかどうか確認する。
「好き」が最高のほめ言葉。感想に困ったら「好き」なところを伝える。



このブログを書き始めて、本当に思います。
感想を書くのは、思いの外難しいです。

勝手気ままに書いている僕でそうなのですから、雑誌などにきちんとした書評を書いている人はすごい大変なんだろうな。


次の引用は、本書の大筋からは外れていますが、妙に心に残った言葉です。

また、悩んでいる人は溺れかけている人と似ています。むやみに助けに行けば、そのまま一緒に溺れることもあるので気をつけて下さい。


思わぬところで気づきを得られるから、本を読むのはやめられないですね。

今日はこれまで!
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 【本】
Clip to Evernote
【本】ファミ通ゲーム白書2007 株式会社エンターブレイン
ファミ通ゲーム白書2007 (エフイズム.レポート)ファミ通ゲーム白書2007 (エフイズム.レポート)
(2007/05/17)
不明

商品詳細を見る


いま、僕の目の前にあるこの本。

僕がいままで読んできた本の中で一番高いんじゃないだろうか?

なんと、お値段、本体28571円、税込みで30000円という化け物みたいな本です。

Amazonでも中古で25000円ですからね。

読み応えもたっぷりです。
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 【本】
Clip to Evernote
【本書評】ゲーム業界の動向とカラクリがよ~くわかる本 橘寛基 秀和システム
図解入門業界研究 最新ゲーム業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)図解入門業界研究 最新ゲーム業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)
(2006/09)
橘 寛基

商品詳細を見る


今回のこの本、別にゲーム業界に就職を考えているというわけではありません。

僕の友だちが卒論で任天堂について書くらしいのですが、

ちょうど大学の先輩も似ているテーマで書いたということを聞いていたので、

お願いしてみたところ貸してもらったのが、今回の本です。

二冊貸してもらい、メインはもう一冊のほうですがまずはこの本を読んでみました。

以前はゲーマーと呼んでもいいほど、ゲームが好きだった僕には楽しく読めました♪
関連記事
Clip to Evernote
【本書評】ビジネスマンのための「数字力」養成講座  小宮一慶 ディスカヴァー携書

ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書 20)ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書 20)
(2008/02/27)
小宮 一慶

商品詳細を見る
  

さすがコンサルタント!と言いたくなる本です。

「ビジネスマンのための~」シリーズは現在3冊出ていますが、この本は2冊目ですね。

「数字」と聞いて、会計本なのかとおもっていましたが、

経営者の方や社員の方の実情を考えると、会計や金融という以前に、そもそも「数字」に対する感覚というかリテラシーというか、数字の見方、扱い方の基本を身につけることが重要ではないかと思うようになりました。
そこで、生まれたのが本書です。



というわけで、本書は前作、ビジネスマンのための「発見力」養成講座の実践編、という位置づけです。

なのに、僕は前作を読まずにいきなり2冊目から読み始めました……。

ですが、内容がわからない、ということはなくとても参考になりました。
関連記事
Clip to Evernote
【本】できそこないの男たち  福岡伸一 光文社新書
できそこないの男たち (光文社新書 371)できそこないの男たち (光文社新書 371)
(2008/10/17)
福岡伸一

商品詳細を見る


僕は新聞を読むとき、興味があるものや後でじっくりと読みたいものは

切り抜いていったん保存するようにしています。

その新聞の切り抜きの整理をしていると面白いものが出てきました。


いつのものかはわかりませんが、日経新聞の広告に載っていたものです。

これは著者の福岡伸一さんが「できそこないの男たち」という本についてインタビューに答えるという形式で掲載されているのですが、


--できそこないではない男、たとえば、「できた男」はいないということですか?
そうです。あらゆる生命は最初、メスとして発生します。メスとしての基本仕様を、オス用にカスタマイズすることでオスは生まれてくるのです。
そのカスタマイズは、急場しのぎで無理があるため、男は女に比べて病気やストレスに弱い。ひいては死にやすい生き物となります。



かなり興味を引かれました。

広告だけを読むと、男がかわいそうになりました。そんな本です。

要チェックな本です!
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 【本】
Clip to Evernote
【本小説】イン・ザ・プール 奥田英朗 文春文庫
イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
(2006/03/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る


さて今日も小説を紹介したいと思います。

以前、このシリーズの続編、「空中ブランコ」がテレビドラマ化されていましたが、この本がシリーズのはじめの一冊ですね。

ちなみに「空中ブランコ」は直木賞を受賞しているので、知っている方も多いと思います。


話は急に変わりますが、小説の内容を書くのは、やっぱりムズカシイ(汗)

ネタバレすこし入ってます。

読みたいけど、まだ読んでいない方はご注意を。
関連記事
Clip to Evernote
【本】勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド 勝間和代 ディスカヴァー携書
勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)
(2008/03/01)
勝間 和代

商品詳細を見る


女性というだけで、仕事をする上ではこんなに大変なんだ……。

という新しい発見が多かったです。

女性向けの自己啓発本は珍しいですよね。

おそらく大多数のビジネス書は男性向けに書かれていると思うので、

女性の方に、かなりオススメできる本です

本書のなかで、勝間さんは「インディ」という女性の生き方を提案しているわけですが、

かなり魅力的な生き方です。

インディとは何か?どうすれば、そのような生き方ができるのか?

また女性が社会に出る上でどのようなことに気をつけたほうがいいのか?

興味がある方はゼヒ本書を。

もちろん男性の方にもオススメですよ。

新書サイズは持ち運びに便利で読みやすいです。

勝間和代さんの本をまだ読んだことがないという方は、

この本からはじめてみてはいかがでしょう?
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 【本】
Clip to Evernote
【本書評】松平定知が選ぶ「その時歴史が動いた」名場面30 NHK取材班 生きかた文庫
松平定知が選ぶ「その時歴史が動いた」名場面30 (知的生きかた文庫 え 12-1)松平定知が選ぶ「その時歴史が動いた」名場面30 (知的生きかた文庫 え 12-1)
(2008/06/20)
NHK取材班

商品詳細を見る



今日のこの本、歴史好きならたまらない内容ではないでしょうか?

「その時歴史が動いた」

最近はあまりテレビを見ないので番組も見ていないのですが、以前は毎週欠かさず見ていました。

昔の人たち格好良すぎます!

素直に憧れてしまいます!

モラルというか責任感が、現代の人に比べて圧倒的に素晴らしいです。

関連記事
Clip to Evernote
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。