上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote
【本書評】武士道 サムライはなぜ、これほど強い精神をもてたのか? 新渡戸稲造 三笠書房
武士道―サムライはなぜ、これほど強い精神力をもてたのか?武士道―サムライはなぜ、これほど強い精神力をもてたのか?
(1997/07)
新渡戸 稲造

商品詳細を見る


言わずとしれた名著です。

日本人の著作で、世界的に読まれているものは
それほど多くはないようですが、

本書は世界的に読まれている数少ない本です。

あのエジソンやルーズベルト大統領にも影響を与えています。

日本特有の、「武士道」という概念を世界に広めた一冊ですね。

日本人なら一度は読んでおきたい本です!
関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote
【本書評】ガイアの夜明け 不屈の100人 テレビ東京報道局編 日経ビジネス文庫
日経スペシャル ガイアの夜明け 不屈の100人 (日経ビジネス人文庫)日経スペシャル ガイアの夜明け 不屈の100人 (日経ビジネス人文庫)
(2007/06)
テレビ東京報道局

商品詳細を見る


最近テレビを見なくなってきました。

本に比べて、情報量があまりにも少ないので、
なんだか見るのがいやになってきたんです。

もちろん、お笑いは見ていますが(笑)。

さて、今日紹介する本は、僕が見ている数少ないテレビ番組の一つ、

「ガイアの夜明け」の5周年特別書き下ろし本です。
関連記事
Clip to Evernote
【本マンガ】バーテンダー(2) 城 アラキ 長友 健篩 
バーテンダー (Vol.2) (ジャンプ・コミックスデラックス)バーテンダー (Vol.2) (ジャンプ・コミックスデラックス)
(2005/05/02)
城 アラキ長友 健篩

商品詳細を見る


このマンガを読んでいると

「サービス業とは何か?」

という奥が深い問題をいつも考えさせられます。

さらには、漠然とした夢が

漠然としたまま、大きくなっていきます(笑)。
関連記事
Clip to Evernote
【本書評】人を動かす言葉力 秋庭道博 プレジデント社
人を動かす「言葉力」―プレジデント名言録「200」選 (PRESIDENT BOOKS) (PRESIDENT BOOKS)人を動かす「言葉力」―プレジデント名言録「200」選 (PRESIDENT BOOKS) (PRESIDENT BOOKS)
(2007/08/27)
秋庭 道博

商品詳細を見る


「名言録」と聞けばどのようなものを想像しますか?

過去の偉人の言葉が載っているものを思い浮かべると思います。

たとえば、ソクラテス、プラトン、アリストテレス…。

カエサル、徳川家康、ナポレオン…。

松下幸之助、本田宗一郎、土光敏夫…。

などなど。

「名言」といえば「過去の偉人」のものであるかのように
感じてしまいますが、そんなことはありません。

この本では、現在活躍されている方の名言がたくさん載っています。

お世話になった方の言葉も載せられていて、びっくりしました!
関連記事
Clip to Evernote
【本書評】「三国志」勝利の絶対法則 守屋洋 成美文庫
「三国志」勝利の絶対法則―乱世に「願望通りの人生」を実現した人たち (成美文庫)「三国志」勝利の絶対法則―乱世に「願望通りの人生」を実現した人たち (成美文庫)
(2003/06)
守屋 洋

商品詳細を見る


ブログで紹介している本からもわかると思うのですが、

歴史が大好きです!

なかでも三国志は、歴史が好きになるきっかけとなったものなので、

すごく愛着があります。

今日、紹介する本は、三国志に登場人物をクローズアップして、

そこから教訓(?)を得ようという本です。
関連記事
Clip to Evernote
【本お気に入り】不動心 松井秀喜 新潮新書
不動心 (新潮新書)不動心 (新潮新書)
(2007/02/16)
松井 秀喜

商品詳細を見る


プロフェッショナルに憧れます。

プロフェッショナルが注ぎ込む情熱に圧倒されます。

本書は、日本を代表する野球選手である
松井秀喜選手の本です。

やっぱり超一流の人は、思考方法から、メンタル面から
なにもかもがすごいです。

なるべくして、今の地位にいるのだということが分かりました。
関連記事
Clip to Evernote
【本書評】日本経済新聞「私の履歴書」名語録
日本経済新聞「私の履歴書」名語録日本経済新聞「私の履歴書」名語録
(2008/07)
石田 修大

商品詳細を見る


みなさんは新聞、何を取っていますか?

近頃は、ネットでも十分なニュースを知ることができるということで、
新聞を取っていないひとも多いそうです。

先日、新聞社に勤めている方の話を聞く機会があったのですが、

どこの新聞社も大変なようです…。

ちなみに僕(の家)は日本経済新聞を取っているのですが、

なかでも「私の履歴書」が大好きです。

今日の本は、その「私の履歴書」の名語録を
紹介している本です。

ここに紹介されている33人の方々は、すごいですよ!?
関連記事
Clip to Evernote
【本書評】一歩先のシゴト力 小坂裕司 PHP研究所
一歩先のシゴト力一歩先のシゴト力
(2005/12/19)
小阪 裕司

商品詳細を見る


「ワクワク系マーケティング実践会」主催者、小坂裕司さんの著作です。

この本ではさまざまなシゴト力が紹介されています。

読みやすく、びびっとくる内容がありますよ。

関連記事
Clip to Evernote
【本書評】あした見た夢 山拓巳 幻冬舎
あした見た夢あした見た夢
(2007/01)
山崎 拓巳

商品詳細を見る


山拓巳さん、初の書き下ろし短編集です。

著者買いした本です。


様々な種類の短編集が載せられているのですが、

これは読む人によって受け取り方が全く変わってくる

本だと思います。

僕はこのように読みました!
関連記事
Clip to Evernote
【本書評】アフター・ダーク 村上春樹 講談社文庫
アフターダーク (講談社文庫)アフターダーク (講談社文庫)
(2006/09/16)
村上 春樹

商品詳細を見る

面白かったです。

言葉にはうまくできない魅力が、村上春樹さんにはありますね。

さて、この本についてあらすじや意味を考えるのは無粋だと思いました。

ですので、今日はいつもと違ったかたちで書いていきます。
関連記事
Clip to Evernote
【本書評】みんなで考えよう 世界を見る目が変わる50の事実 ジェシカ・ウィリアムズ 草思社
みんなで考えよう 世界を見る目が変わる50の事実みんなで考えよう 世界を見る目が変わる50の事実
(2007/04/24)
ジェシカ ウィリアムズ

商品詳細を見る


オバマさんの就任演説聞きました。

恐ろしいほどのカリスマ性です。

ついにあれほどのカリスマ性を持つ人物が
必要な時代になったんですね。

僕は、カリスマには否定的な意見を持っているのですが、
緊急事態は別ですね。

今が、本当に大切な時期であることがわかりました。


さて、今日の本はそんな世界の裏側を知ることができる本です。

新聞やニュースで、「不況、不況」と言っていますが、
この本を読んでいると、すごく恵まれていることがよくわかります。
関連記事
Clip to Evernote
今回も、レポート作成のために読んだ本の紹介をします。

なぜか中国の農村について調べなければならず、
中国の歴史から、農村までを調べました。

中国は日本と場所が近いし、人種的に見てもそれほど違わないので、
同じような文化なのかと勝手に思っていましたが、偏見でした。

日本とは全然違う文化です。

日本と同じ感覚でビジネスをすると、とんでもない目にあうということが
よくわかりました。

一時期(今も?)中国に進出するのがトレンドのようになっていましたが、

グローバリゼーションと一言でいっても、そこには様々な問題が含まれているんですね。

勉強になりました。

それでは、本を載せておきます。
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 【本】
Clip to Evernote
今まで、卒論にかまけていて何もしてこなかったレポートがたまってきているので、

まとめて消化しています。

その中で読んだ本もとりあえずここに載せておきますね。

図説 日本仏教の歴史 室町時代 竹貫元勝 佼成出版社
図説 日本仏教の歴史―室町時代図説 日本仏教の歴史―室町時代
(1996/10)
竹貫 元勝

商品詳細を見る


宗教社会史の構想 真宗門徒の信仰と生活 有元正雄 吉川弘文館
宗教社会史の構想―真宗門徒の信仰と生活 (歴史文化ライブラリー)宗教社会史の構想―真宗門徒の信仰と生活 (歴史文化ライブラリー)
(1997/11)
有元 正雄

商品詳細を見る


日ごろ読まない本を読むことは、狭くなっていた視点を広げるという意味でもいいですね。

二冊目の本は、個人的にすごくショックを受けた本でもあります。

それではレポート作成に戻ります!
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 【本】
Clip to Evernote
【本書評】「心の法則」を使ってお金を引き寄せる方法! ジョセフ・マーフィー イーハトーヴフロンティア
「心の法則」を使ってお金を引き寄せる方法! 水をぶどう酒に変える魔法の公式「心の法則」を使ってお金を引き寄せる方法! 水をぶどう酒に変える魔法の公式
(2007/03/23)
ジョセフ・マーフィー

商品詳細を見る


昨日本田直之さんの本を紹介しましたが、すごくよかったです!

とくに「面倒くさがりや…」の方は、すぐに実行してみようと思いました。

ただ、これからあと5回ほどは読み直したいです。なので紹介はその後に。


今日の本は、ジョセフ・マーフィーさんの本なのですが、
最初に読むべき本ではなかった気がします。

もっと代表作から読むべきでした。
関連記事
Clip to Evernote
あなたが好きな著者はどなたですか?

好きな著者に出会えた人は幸せですよね。


僕にも好きな著者がいます。

その方の本は、監訳も含め、すべて持っています。

雑誌やムックに出られていると、迷わず買います。

  僕が大好きな著者が、「本田直之さん」です。

そんな本田直之さんの新刊を紹介します。やる気が出てきました!
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote
【本書評】スティーブ・ジョブズ 神の交渉力 竹内一正 リュウ・ブックスアステ新書
スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)
(2008/05)
竹内 一正

商品詳細を見る


米アップルの象徴的存在であるスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)が6カ月間の療養休暇方針を明らかにしたのを受け、投資家の間には、次のヒット商品を生み出す原動力が失われるとの懸念が広がった。
焦点:投資家が恐れるジョブズCEOのいないアップルより引用)

僕は、カリスマという考えには否定的です。

カリスマを必要とする組織は、早晩行き詰まると考えているからです。

カリスマがいなくなった後の組織がどうなるかは、
実体験として味わったことがあります。

最終的に、その組織はボロボロになります。

ですので、その考えからいうと、

世界トップクラスのカリスマ経営者、

スティーブ・ジョブズ

さんについては好意的に見れないはずなのですが、


めちゃくちゃ好きです。大好きな経営者の一人です。

それはなぜかというと…、
関連記事
Clip to Evernote
「世の中にあって、世の中の意見に生きるのはたやすい。ひとりのとき、自分の意見に生きるのはたやすい。だが、偉大な人間とは、群衆のなかにあって、孤高を保てる人物である」  エマソン


この言葉は、『3週間続ければ一生が変わる』 ロビン・シャーマ 
3週間続ければ一生が変わる―あなたを変える101の英知3週間続ければ一生が変わる―あなたを変える101の英知
(2006/02)
ロビン シャーマ

商品詳細を見る

の中に書かれている言葉です。

重いです。

いろいろと考えさせられます。

また論語の一節にこのようなものがあります。

君子は和して同ぜず。
小人は同じて和せず。
  (子路)



あえて多くは語りません。

名言の解釈は人それぞれですから。

東と西の偉人の中でもトップクラスの方が、このようなことを言っている、
ということをなんだか無性に紹介したくなりました。


さて最後に、僕からの質問です。

「あなたの信念は、本当にあなたのもの?」
関連記事
Clip to Evernote
新しいカテゴリを作りました!

その名も【音声学習】!


…う~ん。何か物足りない。もっといい言葉ないかな?

とにかく!
これからは音声教材やラジオ、本についている付属CDなどを紹介していきます。


今までいろいろと聞いてきたので、その中から
いいものを選んで、おすそ分けしますね(笑)。

無料のものが多いですよ!
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : その他
Clip to Evernote
ようやく卒論が終わりました。

卒論って、いいですね!

一つの企業にこれだけ真剣に向き合ったのは初めてです。

卒論のテーマは、ズバリ「Googleのビジネスモデルの研究」なのですが、

それ以外のことも調べ尽くしました。創業者のこととか、組織文化とか。欠点とか。

結局、卒論には書けませんでしたが…。

卒論の規定されている最低文字数を2.5倍ほど上回ったところで、

提出しちゃいました。


それにしても、書いても書いても、

書きたいことがなくならない、という不思議な気持ちを感じました。

あんな気持ちは初めてです。

もちろん、スラスラと書けたわけではありません。

年が明けてからは、ネットにつなぐことができなくなっていたので、

卒論のことしか考えていませんでした。

書きたいことがうまく文章にできず、胃がキリキリと痛む毎日でした。

そして今日、無事に提出することができました!


Googleを選んでよかった。

卒論が終わった今、あらためて感じています。

それほどGoogleという企業は僕に影響を与えてくれました。

卒論のテーマにGoogleを選んで本当によかったです!


「企業はかくあるべし!」という考えを

おぼろげながらも、自分の中に持つことができました。


と、いうわけで、卒論が終わったので、あしたからは毎日記事を書いていきます。

長いこと書けていなかったので、本がたまってきています…。


これからもよろしくお願いします!!



あ、ちなみに以前心理学の勉強をします!ということを書きました。

勉強自体はゆっくりと進んでいるのですが、
このブログでは書けない方向に向かっています。

簡単に僕の興味の流れを記すと、

心理学→潜在意識→催眠→洗脳→マインド・コントロール→カルト→地下鉄サリン事件

→オウム真理教→宗教…

という感じです。

念のために書いておきますが、流れの前後関係に深い意味はありません。

ただ、僕の興味がこのように変わっていった、というだけです。

それにしても驚いたのが、地下鉄サリン事件がいつ起きたのか、ということです。

1995年3月20日だったのですね。

当時、僕はまだ小学生だったので、ほとんど覚えていません。

これを機会に、日本の現在を考えるうえで

大変な影響を与えたこの事件についても調べています。


また、これらのことを調べるうえでGeNiiというサイトはとてもためになりました。

ネット上で論文が読めるなんて、本当にいい時代ですよね。


ここでお礼を言うのもおかしな話ですが、

ありがとうございます!

このような、様々な意味が込められているテーマを扱うとき、

学者の方が書かれた論文は非常に参考になります。


話が大きくそれてしまいましたが、卒論が終わりました!

これからは、本を読んで、税理士試験の勉強をして、という生活に戻ります。

それでは!
関連記事
Clip to Evernote
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。