上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

机は何のための場所なのか?

そう、作業をする場所です。物置でも倉庫でもありません。ですから、基本的には天板には何も載せないことが理想なのです。
(中略)
その都度の作業に必要なものだけを置き、作業が終わったら常にしまうことを習慣づけるのです。そうすれば、寿司屋のカウンターのように、いつもきれいでまっさらな状態が保てる。板前さんがネタを切って、握って、出し終わったら板場をさっと拭いてきれいにする、あの仕事ぶりのイメージです。


佐藤可士和さんの『佐藤可士和の超整理術』より引用させていただきました。

「机のあるべき姿とは?」

関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 習慣
Clip to Evernote

他をあざけるものは同時にまた他にあざけられることを恐れるものである。
  by芥川龍之介





匿名だと攻撃性が増すといわれています。

あざけられる心配がないからだろうな、と思いました。


匿名だから批判されない。

だから何を言ってもいい。


これかっこ悪いですよね。

僕も匿名で書いているので、
こんなことが言える身分ではないのですが、

心ないコメントを見たりすると、さびしくなります。
関連記事
Clip to Evernote
【本小説】キラレ×キラレ 森博嗣 講談社
キラレ×キラレ (講談社ノベルス)キラレ×キラレ (講談社ノベルス)
(2007/09)
森 博嗣

商品詳細を見る


いきなりですけど、

森博嗣さんのXシリーズ第二弾です。

森博嗣さん、かなり読んでます。
他の作家の方とは何かが違う書き方なんですよね。
それが好きです。

本書は、森さんらしさが存分にでている本でした。
森さんの本は長いこと読んでいなかったので、
なんだか懐かしかったです。

森さんの本からは、いつも新しい視点を
得ることができているので、考えさせられます。

もちろん、本書でもいろいろと面白い視点が得られますよ。
関連記事
Clip to Evernote

「弱い自分を見せてください。ひとりでも多くの人に見せてください。そのときやさしく受け止めてくれた人が、あなたの本当の友達です」
  水谷修



自分の情けない部分をさらけだしたことで
離れていくひとも多いです。

でも、それはそれ。

そんなひとは自分が苦しいときに手をさしのべてくれるような
"本当の友達"ではありません。

関連記事
Clip to Evernote

日記の整理をしていると、
こんな文章を見つけました。

ある一大決心をする少し前に書いたものですが、
自分でこのようなことを書いていたなんて。
すっかりと忘れていました。

いま読み返して、なんだか自分の原点があるような気がしました。
ですので載せてみますね。

いまから7ヶ月ほど前に書いたものです。
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote

逃げない、はればれと立ち向かう、それがぼくのモットーだ。


タイトルにもあるように、岡本太郎さんのお言葉です。


税理士試験までにやるべきことがあまりに多い、
やるべきことがなかなか消化できない、ということで

目下逃げ出したい気持ちと激しく戦っているのですが

こういう気持ちのとき、岡本太郎さんの言葉はキキますね。

関連記事
Clip to Evernote

いろいろな人から忠告もあるが、この自分は、正しいと思うことを断行する以外にはないと思っている。妥協やお世辞ではいかぬ。
 石坂泰三(誠意の実践で得た「財界総理」)



この言葉は、石坂さんが戦後、再起不能の状態にあり、

それに加えて激しい労働争議が起こっていた東京芝浦電気(現東芝)の

再建を託されたときの言葉です。

関連記事
Clip to Evernote

人生に一番害のある言葉は『明日』だ。
この言葉を一番多く使うのは、貧乏な人、成功しない人、不幸な人、不健康な人だ。
彼らはよく
 『明日からダイエットとエクササイズを始める』
 『明日から本を読む』などという。
私は明日を一度も見たことがない。
私にあるのは今日だけだ。
今日は勝者のための言葉で、明日は敗者のための言葉だ。

   ロバート・キヨサキ


関連記事
Clip to Evernote

私は東海精機時代はもちろん、それ以前から自分と同じ性格の人間とは組まないという信念を持っていた自分と同じなら二人は必要ない。自分一人でじゅうぶんだ。目的は一つでも、そこへたどりつく方法としては人それぞれの個性、異なった持ち味をいかしていくのがいい。だから自分と同じ性格の者とでなくいろいろな性格、能力の人といっしょにやっていきたいという考えを一貫してもっている
  本田宗一郎


うわさの「浜松の発明狂」に会った藤澤は、その場で製材所をたたき売って資金を作ることを決意した。モノづくりは本田、カネの工面は藤澤。初対面の二人は一目で気に入り、わずか三分か五分で役割分担を決めた。「こっちが持っていないものをあっちが持っているからだ」。後年、本田も藤澤もこう口をそろえる。

(本田宗一郎著『本田宗一郎 夢を力に』 P66,P159 より引用)


この文章を読んで、どう感じましたか?

関連記事
Clip to Evernote
【本勉強法】「1日30分」を続けなさい! 人生勝利の勉強法55 古市幸雄 マガジンハウス
「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55
(2007/06/21)
古市幸雄

商品詳細を見る


ベストセラーになりましたよね。

このタイトルを読んで、どう思うでしょうか?

……。

「僕はなかなかきついこというなー」と思いました。

関連記事
Clip to Evernote

はやいもので税理士試験まで

ちょうどあと2週間です。


というわけで

【税理士試験ガチモード】

突入です。

関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote
【本自己投資】ストレス知らずの対話術  齋藤 孝 PHP研究所
ストレス知らずの対話術 (PHP新書)ストレス知らずの対話術 (PHP新書)
(2003/04/16)
齋藤 孝

商品詳細を見る


たまにはいつも読まない本を読もうと考えて

読んでみたのが本書です。

そう、コミュニケーション関係の本です。


関連記事
Clip to Evernote

突然ですが、
記事にコメントできないときがあるようです。

原因は不明です。


申し訳ありませんでした。

ビジネス太郎さんがメールで教えて下されたのですが

それまではそんなことが起きているとはまったく知りませんでした。

本当にありがとうございます!

関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote

「悪かったな、クラシックなんて言っちまって」
「悪くない。クラシックというのは音楽家にとってどんな場合においても褒め言葉だ」
「そうか?クラシックって、古典って意味だろ?穿った見方をすりゃ、古臭いって言われているようなもんじゃねえか」
違うな。クラシックとは本来一級という意味だ。そのような作品が古典にしか存在しないから、それらがイコールで結ばれたに過ぎない
「へえ」

 (引用元:西尾維新著『零崎曲識の人間人間』)

クラシック【classic】
(もと「第一級の」の意)
(1)古典。古典的な名作。
(2)古典的。古雅なさま。「―な様式」
(3)西洋の古典音楽。

(引用元:広辞苑第六版)



古典はもっと評価されて然るべきだと思うのですが

どうでしょうか?

関連記事
Clip to Evernote
【本伝記】経営に終わりはない 藤沢 武夫 文春文庫
経営に終わりはない (文春文庫)経営に終わりはない (文春文庫)
(1998/07)
藤沢 武夫

商品詳細を見る


伝説的名著!(僕の中で)

思い出がたっぷり詰まった本です。

この本、今まで何回読んだのか…。

わからなくなるくらい読んでいます。

関連記事
Clip to Evernote
【本古典】新訂 孫子 金谷 治 岩波文庫
新訂 孫子 (岩波文庫)新訂 孫子 (岩波文庫)
(2000/04)
金谷 治

商品詳細を見る


言わずと知れた名著です。

兵法書、といえば「孫子」ですよね!

そんな孫子を読んでみました。

孫子を解説している本は読んだことがあるのですが

うん、まずはこちらをオススメします。


読むのに時間がかかりますが

いろいろな気づきを得ることができると思いますよ!

関連記事
Clip to Evernote
【本社会】トヨタの方式 片山 修 小学館文庫
トヨタの方式 (小学館文庫)トヨタの方式 (小学館文庫)
(1998/09)
片山 修

商品詳細を見る


今回ご紹介する本は、兄から

「あげる」

と言われてもらった本です。

兄は製造業関係の本をいろいろと読んでおり

読んでいる本のベクトルが少し違います。

なぜ本書をくれたのかはわかりませんが

面白かったですよ!

関連記事
Clip to Evernote
【本社会】あなたも「洗脳」されている!―「自分だけは大丈夫」と思っているあなたがいちばん危ない 社会心理学特報班 永岡書店
あなたも「洗脳」されている!―「自分だけは大丈夫」と思っているあなたがいちばん危ないあなたも「洗脳」されている!―「自分だけは大丈夫」と思っているあなたがいちばん危ない
(1999/07/10)
社会心理学特報班

商品詳細を見る


僕が「カルト」とか「洗脳」とかを調べていたときに読んだ1冊です。

タイトルからもわかるようにセンセーショナルな書き方をされているので
あまり好ましい本ではないのですが

読み返してみて結構気づきが多かったので

ここで引用していこうと思います。

「宗教」「カルト」「洗脳」ということに興味がない方は
ご注意ください。

関連記事
Clip to Evernote
【本自己投資】面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則 本田 直之 大和書房
面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則
(2009/01/15)
本田 直之

商品詳細を見る


本田直之さんの本はほとんどといっていいほど

読んでいるのですが、なかでもこの本は行動を促してくれる本です。

タイトルに「面倒くさがりや」とはいっているのも面白い!

ただ、ここで言われている「面倒くさがりや」は

世間でよく使われる「面倒くさがりや」とは大きく意味が違います。

関連記事
Clip to Evernote

故に勝を知るに五あり。
戦うべきと戦うべからざるとを知る者は勝つ。衆寡の用を識(し)る者は勝つ。上下の欲を同じうする者は勝つ。虞(ぐ)を以て不虞を待つ者は勝つ。将の能にして君の御せざる者は勝つ。
この五者は勝を知るの道なり。
故に曰わく、彼れを知りて己を知れば、百戦して殆(あや)うからず。彼れを知らずして己を知れば、一勝一負す。彼れを知らず己を知らざれば、戦う毎(ごと)に必らず殆うし。


孫子、謀攻篇の最後の言葉です。

「彼れを知りて己を知れば、百戦して殆うからず」

この言葉はあまりにも有名ですよね。

でも、その続きがあるって知ってました?

関連記事
Clip to Evernote
【本能科学】脳の中の人生 茂木健一郎 中央公論新社
脳の中の人生 (中公新書ラクレ)脳の中の人生 (中公新書ラクレ)
(2005/12)
茂木 健一郎

商品詳細を見る


これはエッセイっていうのかな?

3ページの短編形式で綴られています。

短い時間でサクサクと読めました。

以前に茂木さんがご自身のネット上で公開されていた

講演会の内容と重なる部分が多々あり

本書に書かれている内容はいつでもすぐに話せる内容なんだろうな、と感じました。


関連記事
Clip to Evernote
あたらしく何かを勉強するとき

もしくは身につけようとするとき

一人じゃなかなか続きません。


そんなときは、まわりの人を巻き込んで

いっしょに始めると長続きしますよ。


ということは、よく言われています。

実際にそうなんだと思います。

ですが、この考え方には思わぬ落とし穴が潜んでいますよ…?

関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote

「つまらん」
「何が足りないんだろう」
努力が足りない



これはNHKで放映されている

「プロフェッショナル 仕事の流儀」

第77回、若き求道者、未踏の地へ
 フレンチシェフ・岸田周三

の冒頭の、岸田さんの言葉です。

「プロフェッショナル 仕事の流儀」は

大好きで、毎週欠かさず見ているのですが

この回がいちばん心に残っています。

関連記事
Clip to Evernote
自分の考えを押しつける最大のデメリットとは

自分と同じかそれ以上の人とは仲良くなれないこと。


会社なら社長が意見を押しつけるような人だったら

社長以上の能力を持った人は雇えない。


新たな発見をすることもできない。

自分の意見を押しつける人は

相手の意見を受け入れる余裕がないからだ。

関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote
【本自己投資】斎藤一人 この不況で損する人この不況で得する人  斎藤 一人 KKロングセラーズ
斎藤一人 この不況で損する人この不況で得する人斎藤一人 この不況で損する人この不況で得する人
(2009/04)
斎藤 一人

商品詳細を見る


すごい。

発想の転換。

この考え方はなかった。


関連記事
Clip to Evernote
【本伝記】マンガ ユング深層心理学入門 石田 おさむ 講談社
マンガ ユング深層心理学入門 (講談社プラスアルファ文庫)マンガ ユング深層心理学入門 (講談社プラスアルファ文庫)
(1997/01)
石田 おさむ

商品詳細を見る


本書は、深層心理学の巨人、カール・グスタフ・ユングの

生涯を通して、深層心理学とはどういうものかを見ていこうというものです。

…ただ、この本だけを読んでもよくわかりません。

すごくオカルトです。


深層心理学も表面的に知るだけでは、

大きな誤解をしてしまいそうなので、今回は保留です。

いずれ、ユングの著作を読んでみたい気もします。
関連記事
Clip to Evernote
【本自己投資】どんな仕事も楽しくなる3つの物語 福島 正伸 きこ書房
どんな仕事も楽しくなる3つの物語どんな仕事も楽しくなる3つの物語
(2008/03/28)
福島 正伸

商品詳細を見る


つまらない仕事はありません。仕事をつまらなくする考え方があるだけです。
意味のない仕事はありません。意味のない仕事にしてしまう考え方があるだけです。




どうでしょう、この言葉?

衝撃的ではありませんか?

関連記事
Clip to Evernote
【本自己投資】ハイ・コンセプト 「新しいこと」を考え出す人の時代 ダニエル・ピンク  (訳:大前研一)
ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
(2006/05/08)
ダニエル・ピンク

商品詳細を見る


僕の好きな作家、ダニエル・ピンクさんの本です。

ダニエル・ピンクさんの本……、

なのに帯でも表紙の名前でも、大前研一さんの名前のほうが前面に出ているっていう…。


本書の帯に書かれている大前研一さんの言葉。

全文を載せるとこんな感じです。

21世紀にまともな給料をもらって、良い生活をしようと思った時に何をしなければならないか。本書はこの「100万ドルの価値がある質問」に初めて真っ正面から答えを示したアメリカの大ベストセラーである。



どうすればまともな給料をもらえるのか?

読んでいて結構あせりましたよ(汗)。

関連記事
Clip to Evernote
【本能科学】脳から変えるダメな自分 「やる気」と「自信」を取り戻す 築山 節 NHK出版
脳から変えるダメな自分―「やる気」と「自信」を取り戻す脳から変えるダメな自分―「やる気」と「自信」を取り戻す
(2009/04)
築山 節

商品詳細を見る


ベストセラー『脳が冴える15の習慣』の著者、築山節さんの本です。

脳について書かれている本は数あれど

築山さんの本はすごく読みやすいです。

そして、何より具体的な行動に結びつけやすいのです。

僕は『脳が冴える15の習慣』を読んで以来

朝同じ時間に起きることをすごく意識するようになりました。

関連記事
Clip to Evernote
【本自己投資】千円札は拾うな 安田佳生 サンマーク出版
千円札は拾うな。 (サンマーク文庫 B- 112)千円札は拾うな。 (サンマーク文庫 B- 112)
(2008/08/05)
安田 佳生

商品詳細を見る


ある記事を書くために本棚から引っ張り出してきたのですが

衝撃的でした。

こんなことが書かれていたのか…!

以前読んだときもいい本だとは思っていましたが

今の僕にとっては「いい本」という言葉ではとらえきれないですね!

関連記事
Clip to Evernote
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。