上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote
3DSとNGP、気になるのはどっち? Fans:Fansブログパーツキャンペーン。

せっかくの機会なので、少し考えてみたくなりました。





なんだろうなぁ。

説明を読んでもいまいちピンとこない。


ゲームって、ここまで本体にいろいろと機能をつけないと面白くならないんだっけ?

どんどん本質から遠くなっていっているような……。


もう「ゲーム機」というカテゴリは、意味がない。


去年はスマートフォン元年といわれていましたが。

3DSとNGP。

ゲーム機というよりスマートフォンといわれた方が、
しっくりする気がする。
……電話できませんが。


ゲームに求めているものが、どんどんすれ違うようになってきているんだろうなぁ。

ゲームとネットを結びつけようとするものには、
いまだに拒否反応がありますし。

感性が合わなくなってきているのかも。


うーん、卒業する潮時なのか……。


そういえば。

昔は新たなゲーム本体が販売されたときは
欲しくて欲しくて仕方がありませんでしたが。

いまは特に思わない。


「へぇー、いろいろな機能があるな」と思うくらい。


ま、この歳でゲームをやっているほうが少数派だという気もしますしね。


でも確か、韓国ではEスポーツという、プロのゲーマーが競い合う市場が、
かなり大きくなっていると聞いたことがあるような……。


残念。

そういうことを聞いても、

「プロになりたい!」ではなく

「主催者はどうやって儲けているんだろう?」に関心が行くようになってしまっています。



こういうキャンペーンでは
プラスのことを書いた方がいいだろうに。

やっぱり天の邪鬼だ。


僕が子供の頃は、周りの友だちはたいていゲーム機を持っており

「僕らの世代が大人になったら、どうなるんだろう?
 大人になってもゲームに夢中なんだろうか?
 今そんな大人はほとんどいないよなー」

なんてことを考えていましたが

何のことはない、意識せずにゲーム離れしていきますね。



最先端の機能をたくさん盛り込んでいるだろうに
なぜか子供用だと思ってしまう。

実際には、子供だけでなく大人も使っているとしても。


Wiiはターゲットになるなどとは微塵も考えられていなかった
ご高齢の方を取り込むことで、爆発的なヒットとなりました。

30代、40代がのめり込めるようなゲーム機が出てくれば
一気にヒットするのかな。

……いや、すでにモンハンが実現してる?


そうだ、高機能高価格ではなく
低機能低価格の本体があればいいんだ。

いろいろガチャガチャと機能が付いて
その結果、本体価格が上がるのなら。

Wifiもカメラもジャイロセンサーもすべて取り払って、
ゲームだけをすることに絞った低価格版の存在の方が、僕は魅力的に感じる。


高級志向と実用指向。

成り立たないのかな。

裾野は広がると思うけどなー。
関連記事
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote
最近は、ほんと見るテレビに偏りが出てきました。

気づけばドキュメンタリーばかり。

NHKばかり。


そんな僕が、見れなくて歯軋りをしていた番組が再放送されます。

イチロー ぼくの歩んだ道~特別対談「大リーグの10年」with糸井重里~

お正月にBSで放送されていたのですが
我が家ではBSは見れないのです……。


なので、この再放送はうれしい!

でも、なんで深夜にやるんだろう?

……まあ録画するので(保存版!)
関係ありませんが、危うく見逃すところでした。。。


うーん、NHKさんにとって宣伝をする必要はないのでしょうが、
もっと大々的にアピールしてほしかった。


ワールドカップ前のメッシの特番とか
すごく刺激的な内容の番組がひっそりと放送されているから
むずかしい。




【私信】

今週の土曜日にフットサルやります。

枚方津田ヒルズフットサルコートで!

参加人数が10人行くか行かないかなので
かなり心許ないのですが……。


ゆっくりと新メンバーを募集していきます。

全員が初心者で構成されている、
初めて知り合ったひともたくさんいるなかでのフットサル。


どう成長していくのか、全く未知数ですが
楽しくしていくのだけは間違いない。

ホビーを追求するのか、
シリアスを求めるのか。


このブログでメンバー募集が出来るとは思いませんが
メンバーは常に募集中です!
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote
【本伝記】わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡〈1〉塩野 七生 新潮社
わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡〈1〉 (新潮文庫)わが友マキアヴェッリ―フィレンツェ存亡〈1〉 (新潮文庫)
(2010/04/24)
塩野 七生

商品詳細を見る


今年追いかけていきたい著者のお一人が、塩野七生さん。

「ローマ人の物語」にどっぷりと浸るタイミングを模索中です。

ちなみに今年追いかけていきたい著者のもうお一方が小松成美さん。


このお二人の本は、
思いがけない視点を提供してくれるんです。

今回の本もそう。
想像してもいなかった示唆を与えてくれました。
関連記事
Clip to Evernote

めったに自転車ネタを書きませんが、
MTB乗ってます。

気軽な移動手段として。


でも最近ロードバイクに乗っていなくて、
何だかさびしい。

寒くてきついですし、
凍っている…ことはありませんが、
冬はいろいろと危険がいっぱいなので、封印しています。


もう乗らなくなって、2ヵ月ほど。


ふと怖くなったことが。

あれ? もしかして必要な筋肉なくなってるんじゃ?


「MTBが重いから、坂道登るのがきついんであって
ロードバイクならサクサク行けるサ!」

なんてことを考えてごまかしていましたが……。

ロードバイクを封印してから、確実に自分を追い込むほど乗ってない。


体がなまってきたのかと考えはじめたとき、こんなことを思い出しました。

なんでも小出義雄さん曰く

人間の体は、どんなに鍛えた筋肉も、1週間も使わなかったら2分の1まで衰えてしまう。心肺機能も刺激を与えなければ、2週間でなにもやっていないのと同じ状態になってしまう。トップアスリートだって、1ヵ月も運動をしなければ「ただの人」です。


出典:
マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ (角川SSC新書)マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ (角川SSC新書)
(2009/11)
小出 義雄

商品詳細を見る


なんだとか!!


なるほどね。

ロードバイクに二ヵ月乗っていない今の僕は、
ロードバイクに乗り始めた頃と同じような状態になっているわけだ!

心肺機能なんて、全然刺激してないし!



というわけで。

家の中でもトレーニングできるローラー台を欲しくなったわけです。

こんなの。

エリート E-motion
http://www.riogrande.co.jp/catalog/node/3079

まあ、10万円もするハイエンドモデルを買おうかどうか悩めるレベルではありませんが……。


こっちなら何とか手が出るかな……。

Mag Speed Elastogel
http://www.riogrande.co.jp/catalog/node/3728


それでも23,000円かー。


実は1週間ほど悩んでいました。

2万円は大金です。


それより冬服を買って、外を走り回った方が楽しいんじゃない?

いやでも、雨の日でもトレーニングできるっていいよね。


なんてことをぐるぐると……。



でも考えてみると、

一ヵ月、本を一冊も買わなければ
捻出できる金額です。

本だと、3000円するような高めの本でも
必要と思えば躊躇なく手に入れようとするのに。


なぜ今回はこんなにも悩んでいるのか。

やっぱりスポーツを贅沢品として見なしているんですかね。

自分の人生において、それほど重要だと思っていないから
どこまでなら出せるかの線引きがはっきりとしていない。


でも!

運動をするのは読書と同じくらい大事なはず!

いやむしろ、肉体労働をしていない僕にとっては
ある意味読書より大事かもしれない!


よし! 買おう!
なにごとも挑戦だ!


唯一の懸念は、我が家がマンションなこと。
ご近所さんに響いちゃったら、どうしよう…。

まあ、そんなことは使ってみないとわからないわけで。

思いの外、音が出るようなら
ベランダで使うのも乙ってもんです。


どんなものなのか。すんごく楽しみ。

なんだか、この歳になって初めて、
真剣にスポーツを楽しみたいと思うようになってきましたよ。
関連記事
Clip to Evernote
日商簿記二級の勉強をしています。

税理士試験の科目合格がないと、就職きついですからネ……。

会計事務所に就職しようとすれば
簿記二級は必須です。



というわけで、勉強を。

日商簿記二級は、商業簿記と工業簿記から出題されます。


商業簿記の方は……、

残念な結果だったとはいえ、税理士試験簿記論A判定の面目躍如を。

特に問題なしです。


工業簿記の方は……。

簿記論の範囲外なので、初見。

なので、とりあえずの対策を。


すでに簿記二級を受験していた税理士試験仲間に問題集を譲ってもらって(感謝!)

いざ開始。


……と思ったのですが。

あれ? テキストがない。ほんとに問題集だけだ… orz


気づかなかった……。

……。


とはいえ、そんなことで中断していると
いつまでたってもやろうとしないので

問題を見て、すぐに解説を見て、理解していくという
今まではあまりしてこなかった勉強法を。


これが意外といけるんです。

解説を読むだけでも十分理解できましたし、
一度問題を見ているわけですから
解き方もわかっています。


かなりの時間短縮。


「資格試験においては、過去問からはじめるのが肝心」。

といったことを書いている勉強本が多いのも頷ける。

いきなりぶつかっても、なんとかなるんだ。


まあ、勉強しているのが簿記二級だからいけるのであって
税理士試験の簿記論だと、全く意味がない気もしますが……。


でも、いざやってみて、
時間短縮にはなるものの、あまりよろしくないとも思いました。


いや、問題集から入るのは
効果的だと思うんです。

ただ、問題集を解けるようになっただけで
勉強をやめてしまっては、あまり意味がないな、と。


なんというか、問題だけで理解しようとするのは
「資格試験のためだけの勉強」になってしまう危険性があります。


問題は解けるけど、いまいち理解していない。

したがって、基本的な概念が曖昧なため
応用や発展には対応できない。

そんな情けない状況に。


もちろん、資格試験です。

試験に合格さえすればいいという考え方もあります。

そしてそれは正しい。


どれだけ知識があったとしても

どれだけ勉強してきたとしても

合格できなければ、証明することは出来ません。


資格試験において、合格最優先、ひどく真っ当です。


なのですが。

何だか違和感が。


「合格のための勉強」なんて、しなくてもいいとさえ思います。

そうした発想には、どうしても「イヤイヤやっている」という姿勢が見えてしまうからです。


資格(試験)とは、

「自分はこんな能力を持っていますよ」

と他者にアピールするためのものだと思います。


いわば、社会で働くための自分の武器を目に見える形にしたもの。


そんな大切なものを手に入れようとしているときに
「イヤイヤやっている」ようでは、先が思いやられます。


もちろん、「まずは合格してから」というのも
非常に共感できるのですが……。


目指す目的(この場合でいえば合格)に至るまでの過程も
楽しめるようにしたいです。

「合格のための勉強」が楽しくなれば、
「合格のため」以上の勉強をしてしまうもの。


もしそれができないのだとすれば、一生かけて追い求める道では
ないのかもしれませんね。



……なんだか、話がやけに大きくなってしまいましたが
とりあえず、過去問を解けるようになったからといって慢心することなく
テキストにも目を通そうと思います!

ほんと、過去問が解けるからといって
基本的な考え方を理解しているかといえば
それは全くの別問題ですよ。
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。