上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote
とある大学の入試問題の古典を解説することになり
この文章と出会うことにあいなりました。


率直に言って、すごく気持ちがわかる。
古典にこれだけ共感できることって、そうはないぞ。

……作者はお酒が飲めなかったに違いない。


というわけで、忘れないうちにメモメモ。


徒然草 第百七十五段
世には、心得ぬ事の多きなり。ともある毎には、まづ酒を勧めて、強ひ飲ませたるを興とする事、如何なる故とも心得ず。飲む人の、顔いと堪へ難げに眉を顰め、人目を測りて捨てんとし、逃げんとするを、捉へて引き止めて、すずろに飲ませつれば、うるはしき人も、忽ちに狂人となりてをこがましく、息災なる人も、目の前に大事の病者となりて、前後も知らず倒れ伏す。祝ふべき日などは、あさましかりぬべし。明くる日まで頭痛く、物食はず、によひ臥し、生を隔てたるやうにして、昨日の事覚えず、公私の大事を欠きて、煩ひとなる。人をしてかかる目を見する事、慈悲もなく、礼儀にも背けり。かく辛き目に逢ひたらん人、ねたく、口惜しと思はざらんや。人の国にかかる習ひあんなりと、これらになき人事にて伝へ聞きたらんは、あやしく不思議に覚えぬべし。



現代語訳はなし。

乱暴にまとめちゃうと

「お酒って面倒くさいなぁ」

という感じ。



でも。

入試問題はこのあたりで終わっていたのですが……。

まだ続きがあって、後半の部分では

かくうとましと思ふものなれど、おのづから、捨て難き折もあるべし。


といって、お酒のよいところ(?)を書いているあたり、
やっぱり古典は一筋縄ではいかない。


―― そもそも吉田兼好さん。

兼好法師とも呼ばれるくらいだから
出家しているはずなのに。。。

後の世は、人の智恵を失ひ、善根を焼くこと火の如くして、悪を増し、万の戒を破りて、地獄に堕つべし。「酒をとりて人に飲ませたる人、五百生が間、手なき者に生る」とこそ、仏は説き給ふなれ。


と徒然草の同じ段に書いているので

仏教、それも出家した僧侶にとって
「お酒」がどういう扱いになっているか知っているはずなのに……。


結構お酒を楽しんでるんですよねー。


このおおらかさ。そしてそれを文章として遺す度量。

ほんと、一筋縄ではいかない。


徒然草は、いつかは読んでみたいと思っていました。
これを機に楽しんでみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト
Clip to Evernote
【本社会】まんがと図解でわかる正義と哲学のはなし (別冊宝島)
まんがと図解でわかる正義と哲学のはなし (別冊宝島) (別冊宝島 1767 スタディー)まんがと図解でわかる正義と哲学のはなし (別冊宝島) (別冊宝島 1767 スタディー)
(2011/05/13)
小川 仁志

商品詳細を見る


表紙につられて買っても構いません。

表紙を見て躊躇してしまう方もどうぞお気軽に。


すごーく面白いです!

「正義と哲学」というガチンコなテーマを
軽やかにわかりやすく解説してくれます。


哲学はともすると机上の空論に陥りがちですが

本書では現実世界からはなれた無味乾燥なものではなく
実際の事例を通して「哲学」を教えてくれます。

たとえば、

福島第一原子力発電所を通して
ジェレミー・ベンサムの功利主義を解説したり

相撲の八百長問題を通して
イマヌエル・カントの善意志を説明しています。


このバランス感覚がすごい。

哲学を解説している本って
一つひとつの用語を厳密に定義したり
その思想が生まれた背景などを説明しているものが多いですよね。

そうしているうちに興味が薄れていって
肝心の本題に入る頃には、もう面倒くさくなるというか……。

その点本書は、
導入にマンガがあり
大きなイラストやコラムがそこかしこにあるので
関心を離しません。

細かい部分はザクッとはしょられています。



さらに秀逸なのは

哲学の大きな流れにそって章が展開されつつ、
それぞれの哲学者の解説では、身近なトピックを通して描かれているところです。

個別の話に興味を持て、かつ全体の流れもわかる。

その極めつけが章末の「哲学者座談会」。


ひとつのテーマについて、
この哲学者ならこう言うんじゃないかなーという対話があります。

これがうまくまとめになっているんです。



――もちろん一人の哲学者につき2~4ページなので
これですべてがわかったつもりになるとそれはただの勘違いなのですが……

入門としては最適ではないのかと。


本書のなかで全体の流れを知り
そのなかで興味を持った思想については本格的に深めていく。

それが理想ですよね。

ちなみに僕は、アマルティア・センという経済学者に興味を持ちました。
(哲学の本なのに……)




このシリーズで「世界の宗教」とかでないかなぁ。
関連記事
Clip to Evernote
自分の人生においての大きなテーマ。

それが
「このひとについて行きたい…!」と思える人に出逢うこと。


ほんと、死ぬまでに出逢うことができれば御の字だと思っていました。


だってそうですよね?

打算も何もなく
将来の見通しも何もなく

ただ「ついて行きたい」と思えるひとっていますか?


出逢ったことってありますか?


そういうひとって、人生で一度も出逢えないことのほうが多いと思うんです。

いや、もちろん
尊敬するひと・ずっと関係を保っていたいひとはたくさんいますよ?


でも「ついて行きたい」と思えたことは、ない……かな。


この「ついて行きたい」という言葉。

言い換えると、「自分の人生を賭けても悔いはない」になります。


成功しようが失敗しようが関係ない、というか。

成功すれば嬉しいけど、失敗したとしても
「まあ、いっか」と思えるというか。


「このひとについて行けば、成功できる」
というひとについて行くのとはまた違うんですよね。

ずっと前からこの目標を持っているのに
いまだに言語化できないんです。



出逢えない確率のほうが高い。

そんなふうに考えていたのですが
最近少し考えを改めました。


"もしかすると、すでに出逢っているのかも"と。


以前は、そうした人に出逢えばビビッとわかるもんだと勝手に思っていましたが。

時間が経過することによってわかってくることもあるのかな、と。



これは僕のライフテーマの一つ。

このテーマの隠れたポイントは

もし僥倖に恵まれ、出逢えたとしても
自分が何も価値を提供できない状態であれば何もはじまらない、ということ。


研鑽し続けることが最低条件なんですよね。




……もちろん。

「ついて行きたい」ひとに出逢うのではなく
「ついて行きたい」と思われるような人間になる
ことのほうが大事だ! と言われてしまうと、まったくもってその通りなのですが……。


今の自分には、なかなかイメージできないですね(汗)。
関連記事
Clip to Evernote
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。