スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本書評】人を出し抜く超・仕事術

【本書評】人を出し抜く超・仕事術 本田直之 主婦の友社
人を出し抜く超・仕事術―「レバレッジ思考」を20代でマスターせよ! 勝ち組アンダー25歳の法則 (凄ビジ・シリーズ)人を出し抜く超・仕事術―「レバレッジ思考」を20代でマスターせよ! 勝ち組アンダー25歳の法則 (凄ビジ・シリーズ)
(2008/02)
本田 直之

商品詳細を見る


僕が本を一日一冊読もうと思うきっかけになったのが、
本田直之さんがかかれた「レバレッジ・リーディング」です。

ブログでは今まであまり記事にしていませんでしたが、これからは新しく読んだ本だけではなく、
一度読んだ本も新たに読み直して、記事にしていこうと思います。

本書は、本田直之さんの「レバレッジ思考」を学びたいと思っている方にオススメです。
入門書としては現時点で一番わかりやすいです。

また、本田さんの他の著書には書かれていない20代のビジネスパーソンが気をつけたい「逆レバレッジ」について詳しく書かれています。

ですので、10代、20代の方にもオススメです。
逆レバレッジに気をつけろ!といささか強めのメッセージを
著者は読者に投げかけているイメージを持ちました。

ほかの本田さんの本には見られない本書の特徴の一つです。

おそらく、本田さんの本を読んだ若い人が「レバレッジ思考」を「楽をして儲ける」と
浅く理解したのが問題になったのではないでしょうか。

若い人が、

仕事が終わっていないのに平気で定時で帰るということや、

仕事ができないのに偉そうなことをいう、ということは聞いたことがあります。

それを嘆いて本田さんは「逆レバレッジ」という言葉を作ったのではないでしょうか。

そのままズバリの内容が本書には書かれています。

特に20代の若い人が陥りがちなのが、「レバレッジをかけるということは、手を抜くこと、そして、楽をして儲けることだ」という誤解を持ってしまうことです。

そして

「20代は投資の期間なのだ」

さらに

レバレッジの効果は、お金と一緒で複利の利くもので、雪だるま式にその成果も大きくなるのです。



間の文章は省略していますが、このように書かれています。

つまり、

「20代でレバレッジを意識することは非常に重要。しかしその結果が表れるのは30代40代になってからのことなので、すぐに結果が出るなんて思うな!20代は投資の期間と割り切って、仕事に打ち込むなり、読書をするなりして、自己投資に励め!」

ということだと受け取りました。
(注、上記の文章はあくまで僕が受け取っただけで、本田さんの文章の引用ではありません)

20代前半、まさに「若い人」な僕としては、上記のメッセージを心に刻みました。

今は黙々と自己投資です。



少し話はそれますが、本を多読するようになって、以前とは違うことを感じるようになりました。

多読する以前は、大きなことをしてやる!と根拠もなく思っていましたが、

多読をするようになってからは、

本を読む
 ↓
偉大な先輩がいることが嬉しくなる
 ↓
自分のちっぽけさを知る
 ↓
偉大な先輩に追いつきたくて、さらに勉強する
 ↓
よりいっそう偉大な先輩のすごさがわかる
 ↓
謙虚になる
 ↓
さらに勉強する
 ↓
・・・・・・

ちなみに、偉大な先輩とは歴史上の偉人や現在活躍している方、また身近にいる尊敬できる人です。
許可は得ていませんが、勝手に先輩だと思っています(笑)


というわけで、本を多読していると傲慢になんてなれっこないです。

勉強すればするほど、偉大な先輩と自分との間にある溝を意識してしまいますから。

多読をするとさまざまなメリットがありますが、

いちばんよかったのは、このよい循環ができたことですね。


話を戻して、

本書のなかで一番心に残った文章を引用します。

この文章は本田さんの文章のなかでも一番好きな文章です。

「時間がないから、本を読めません」ではなくて、本を読まないから、時間ができないのです。
「余裕がないので、人に会えません」ではなくて、人に会わないから、余裕ができないのです。
つまり、労力軽減のレバレッジと同じように、時間を短縮するためには、あえていったん時間をかけることです。



初めて読んだときは衝撃的でした。

この逆説的な考え方は、ほんとに衝撃的でした。


いかに自分が甘えていたかを知らされた言葉です。

本を読む時間がない、と考えている人に伝えたい言葉です。

あえて無理をして本を読んでみると、時間はできるようになるものです。

少なくとも意識を変えれば、本を読むくらいは簡単ですしね。

たとえば、お風呂で本を読む、とか。

トイレで本を読む、とか。

行儀は悪いですが、ご飯を食べながら本を読む、とか。

時間がないから本を読めない、という考えが出てきたときには、

こう考えていつも戒めています。


この記事で伝えたかったことは、
 ・逆レバレッジには気をつける
 ・20代は投資の期間
 ・本を読むのは大切
        ということです。

20代の人のオススメです!
関連記事
Clip to Evernote

Comment

>仕事が終わっていないのに平気で定時で帰るということや、

・・・戒められた人物がここにも一人(汗
いや、上記通りのことをやらかしているわけじゃないんだけど、「まだまだ甘えてるな~学生気分だな~」と反省してます。

頑張る魔術師さん

いやいやいや!

そんなことはないと思いますよ。

僕から見ると先輩は立派な社会人ですよ。

これから同級生も社会人になっていくことを考えると、
まだまだ学生、というより浪人生になる僕としては
あせりまくりです。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。