スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本お気に入り】チーズはどこへ消えた?

【本お気に入り】チーズはどこへ消えた? スペンサー・ジョンソン 扶桑社
チーズはどこへ消えた?チーズはどこへ消えた?
(2000/11)
スペンサー ジョンソン

商品詳細を見る


名著です!

あの勝間和代さんが『無理なく続けられる年収10倍アップ勉強法』のなかで

必読本として、

組織で新しいことを試みる、チェンジ・マネジメントの気づきを知りたいのであれば、『チーズはどこへ消えた?』(スペンサー・ジョンソン著 扶桑社)は押さえておくべきでしょう。


とまで書かれている本です。

ページ数は少なめですが、読んでみると
「変化」に対する考え方が変わりますよ!

来年は今までとは違った、躍進の年にしたい!、というあなたにオススメです。

さて、それでは本の内容です。


本当に「変化」に対する考え方を変えてくれます。


悪い習慣をあらためるのは難しいです。
たとえば、禁煙、禁酒…。

よい習慣を新たに身につけることも本当に難しいことです。
早寝早起きは健康によいとわかっていても、習慣になっていなければ難しいです。

それには、ホメオスタシス、恒常性の原理が働くからなのですが、
変わる、ということは悪しきにつけ良きにつけ、難しいものです。

もっと言ってしまうと、

変化を嫌う、という性質が人間にはあります。

変わらなければいけない、

このままではいけない、とわかっていても

なかなか一歩が踏み出せない。


なぜなら人間は変化よりも安定を好むからです。


ですのでよい変化でも、「変化」というだけで、

拒否反応、もしくは恐怖が引き起こされます。


しかし、これからの時代、ものすごいスピードで
様々なことが変わっています。

政治、経済、社会、技術…。

変化に対応し、自分自身も変化をすることが出来る。

そのような能力が求められるようになってきます。

そんな変化の時代にうってつけなのがこの本。

本書を読めば、「変化」にたいして前向きに考えることが出来、

もっと変化を受け入れていなければ!と行動を起こしたくなります。


それでは本の引用です。

変化とは、何かを失うことだと思っていたが、何かを得ることなのだ、とね。


「事態は変化しているんだよ、ヘム。われわれも変わって、違ったやり方をしなけりゃならないんじゃないか」


「ホー、おまえは何をしているんだ。繰り返し同じことしかしないでおいて、事態が好転しないのを不思議がるなんて。ほんとにどうかしている」


「ねえ、ヘム、物事は変わることがあるし、決して同じことにはならない。あのころと一緒だよ、ヘム。それが人生だ!人生は進んでいく。僕らも進まなくてはならない


そういえばオバマさんの選挙でのフレーズも

CHANGE!でしたね。

僕にとっては、今年が今までで一番変化に富んだ一年でした。

来年はさらに変化を追い求めて!
関連記事
Clip to Evernote

Comment

ぼってぃーさんこんばんは!

名前を改めました、TAKUです。
私にとっても今年は間違いなく、今までで一番変化に富んだ一年でした。

新しいことをたくさん取り入れたと同時に、
いろいろなものを捨てたと思います。

これからも目的に着実に近づいていけるよう、
どんどん変化していきたいと思います。
少しフライングですが、来年もよろしくお願いします!


TAKUさん

来年もよろしくお願いします!

よいことを取り入れることも大事ですが、

捨てるべきものを捨てることも同じくらい大事ですよね。


リンクをまだ変えていなかったので、新しくしておきます!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。