スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【名言】偉大な人間とは

「世の中にあって、世の中の意見に生きるのはたやすい。ひとりのとき、自分の意見に生きるのはたやすい。だが、偉大な人間とは、群衆のなかにあって、孤高を保てる人物である」  エマソン


この言葉は、『3週間続ければ一生が変わる』 ロビン・シャーマ 
3週間続ければ一生が変わる―あなたを変える101の英知3週間続ければ一生が変わる―あなたを変える101の英知
(2006/02)
ロビン シャーマ

商品詳細を見る

の中に書かれている言葉です。

重いです。

いろいろと考えさせられます。

また論語の一節にこのようなものがあります。

君子は和して同ぜず。
小人は同じて和せず。
  (子路)



あえて多くは語りません。

名言の解釈は人それぞれですから。

東と西の偉人の中でもトップクラスの方が、このようなことを言っている、
ということをなんだか無性に紹介したくなりました。


さて最後に、僕からの質問です。

「あなたの信念は、本当にあなたのもの?」
関連記事
Clip to Evernote

Comment

この記事を読んで、
私とぼってぃーさんはやはり考えていることが
似ているのかなと思いました。

「信念」
自分の奥深くから端を発する軸がないと、
どこかでぶれてしまいますよね。

最近読書会ではこれがもっぱらのテーマです(笑)

なかなか面白い問いですね。
僕個人の信念に関しては僕個人で作ったものではないでしょうね。
でもそれが自然な気がします。
いろんな人と触れ合って自分の人生観が作られていますよね。

僕の場合、そうやってできた(未完成ながらの)信念は
まだまだ貫き通すには弱く、未熟な感じがします。
かといってなんとなしに折れることはないのですが。

君子まではまだ遠いなぁ・・・
一応、信念が強みなんですけどね(笑)

マックさん

さすがです!

この質問は、自分自身に向けて、
ことあるごとに問いかけているものなんです。

以前は、この信念は自分のものだ!、と自惚れているところがあったのですが、最近は変わりました。

いま現在、僕が持っているであろう信念は、すべて借り物です。
自分のものにはなっていませんでした。

これからそれなりにいろいろな経験をして、苦労をして、
そうするうちに初めて、自分の中に信念と呼べるようなものを打ち立てることができるような気がします。現時点では。


僕は、自分の信念と借り物の信念をごちゃ混ぜにしていました。ですので、すごい不安定でした。いまもそうです。


マックさんは、その線引きをしっかりとされていますよね。
「さすがです!」って思います。


それにしても、信念が強みなのはうらやましいです。僕も憧れていたのですが、そのようなものが強みにはなくて、がっかりしたのを思い出しました(笑)

順番間違えました。
TAKUさん、すみません(汗)

そうなんです。

借り物の信念と自分の信念、いま自分が持っているであろう信念はどっちなのかをしっかりと把握しておかないと、すごいぶれます。

もちろん借り物の信念が悪い、ということではありません。

大切なのは借り物の信念か、それとも「自分の奥深くから端を発する軸」から生まれた信念なのかを見極めることだと思います。


なんだか「借り物の信念」と書くと、悪いもののような気がしますが、決してそんなことをはありません。言葉が悪かったですね。

そもそも全くの自分ひとりで考えたものは、危うい気がします。いろいろな人の信念を知っていくうちに、ゆっくりと形成されていくものが、自分の中に打ち立てることができた信念だと思います。


本文よりコメントのほうが長くなっちゃいましたね。

それにしても読書会、参加したいです(笑)


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。