スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

レポート作成の資料 その②

今回も、レポート作成のために読んだ本の紹介をします。

なぜか中国の農村について調べなければならず、
中国の歴史から、農村までを調べました。

中国は日本と場所が近いし、人種的に見てもそれほど違わないので、
同じような文化なのかと勝手に思っていましたが、偏見でした。

日本とは全然違う文化です。

日本と同じ感覚でビジネスをすると、とんでもない目にあうということが
よくわかりました。

一時期(今も?)中国に進出するのがトレンドのようになっていましたが、

グローバリゼーションと一言でいっても、そこには様々な問題が含まれているんですね。

勉強になりました。

それでは、本を載せておきます。
改訂版 中国のことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)改訂版 中国のことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)
(2008/04/08)
筧 武雄馬 成三

商品詳細を見る



中国農村における社会変動と統治構造―改革・開放期の市場経済化を契機として中国農村における社会変動と統治構造―改革・開放期の市場経済化を契機として
(2006/05)
江口 伸吾

商品詳細を見る




中国20世紀史中国20世紀史
(1993/07)
姫田 光義丸山 伸郎

商品詳細を見る



1番目の本は楽しく読めたのですが、その他の本は読みにくかったです。

もちろん、農村研究や中国について研究されている方から見ると
普通だとは思うのですが。

研究雑誌や論文って、何であんなにも読みにくいんでしょうか?

書いている内容はすごく勉強になるのに、読みにくいという理由で
敬遠されるのはもったいないと、いつも思っています。

論文を書く形式で書くと、面白くは書けないんですかね。

もしくは、読む人を楽しませるために書くのではないとか…。


ちなみに僕が書いた論文を、とある人に読んでもらったのですが、
「面白くない」と、切り捨てられました…。

……難しいですね。
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 【本】
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。