スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本書評】世界を見る目が変わる50の事実

【本書評】みんなで考えよう 世界を見る目が変わる50の事実 ジェシカ・ウィリアムズ 草思社
みんなで考えよう 世界を見る目が変わる50の事実みんなで考えよう 世界を見る目が変わる50の事実
(2007/04/24)
ジェシカ ウィリアムズ

商品詳細を見る


オバマさんの就任演説聞きました。

恐ろしいほどのカリスマ性です。

ついにあれほどのカリスマ性を持つ人物が
必要な時代になったんですね。

僕は、カリスマには否定的な意見を持っているのですが、
緊急事態は別ですね。

今が、本当に大切な時期であることがわかりました。


さて、今日の本はそんな世界の裏側を知ることができる本です。

新聞やニュースで、「不況、不況」と言っていますが、
この本を読んでいると、すごく恵まれていることがよくわかります。
「負け組」「勝ち組」という言葉が、
一時期流行ったことがありましたよね。

そのような発想が出てくる時点で、
日本人が疲れていると言うことが感じます。

ですが、そもそもそんな考えは意味がないと
言うことがこの本を読めばわかります。


誤解を承知で言えば、

「日本に生まれることができただけで、ぶっちぎりで勝ち組」

です。


この本に書かれている50の事実、

ショッキングなものが多いです。

日本に生まれることができた僕には、

信じられないようなことが世界では行われています。

知りたくはなかったような事実も多いです。

ですが、知るべきでしょう。知るということは大事です。


ここでは50の事実の中から、
3つ、紹介したいと思います。

拷問は150カ国以上で行われている


世界にはいまも2700万人の奴隷がいる


武力紛争による死者よりも自殺者のほうが多い


信じられないですよね。

これでも、一番ショックだったものは載せていません。


これらの事実を知って、

「自分には関係ない」

と切り捨てることもできます。

行動することもできます。


ですが、まずは事実を知ることからはじめてみませんか?

「知る」という行為がなされなければ、

どんな行動も生まれません。

目を背けたくなる事実にも、

しっかりと目を向けることは、本当に重要なことですよね。
関連記事
Clip to Evernote

Comment

こういう本こそ読まなければいけませんね。
チェックしてみようと思います!



日本にいては知ることができない
世界の厳しさがわかりました。

できることから、何かをしていこうと思います。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。