スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本書評】明治・大正・昭和 日本のリーダー名語録 

【本書評】 明治・大正・昭和 日本のリーダー名語録  武田鏡村 

日本のリーダー名語録日本のリーダー名語録
(2007/03/24)
武田 鏡村

商品詳細を見る



以前、縁あって韓国のことについていろいろと聞くことができたのですが・・・


日本って、ものすごい恵まれてますよね。いろいろな問題はありますが、それでもすごい恵まれていると思いました。


日本で住んでいると戦争が起きるなんて考えられません。戦争ということを自分の問題としてとらえることができません。


けど、そんなふうに考えることができる国って、世界でも数少ないと思います。
その数少ない日本に生まれたことを、うれしく思ったりしました。




今日は、日本のリーダーについての本です。

僕は高校で世界史をとっていたので、日本史はまったく勉強していません。中学レベルでとまってしまっています。

それではいけないだろうと思って、この本を読み始めましたが・・・




かっこいい!

その一言に尽きます。


この本では明治から昭和まで40人のリーダーを取り上げているのですが、みんなすごい人ばっかりでした。


何がすごいって、みんな根底にこの国を良くしたい!っていう気持ちがあふれています。


この人たちがいたから、いまの日本の平和が成り立っているんだなーと思うと、自分も将来世間の役に立てるような人間になりたいと思ってしまいました。



正直この本には名語録というだけあって、感動した言葉がたくさんありました。

選ぶのが、とても難しいのですが、自分への戒めにこのお二人の言葉を。



 ・陸奥宗光 鋭敏な日本外交の旗手
 「人より少く苦労して、人より多くの利益を得んとするは、所詮薄志弱行の所為たり。此の念一回萌起すれば、必ず生涯不愉快の境遇に陥るべし」(P78)


 ・土光敏夫 「行革の鬼」の異名で邁進した実業家
 「社員は、これまでより三倍頭を使え、重役は十倍働け、私はそれ以上に働く」(P234)

関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。