スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本お気に入り】不動心

【本お気に入り】不動心 松井秀喜 新潮新書
不動心 (新潮新書)不動心 (新潮新書)
(2007/02/16)
松井 秀喜

商品詳細を見る


プロフェッショナルに憧れます。

プロフェッショナルが注ぎ込む情熱に圧倒されます。

本書は、日本を代表する野球選手である
松井秀喜選手の本です。

やっぱり超一流の人は、思考方法から、メンタル面から
なにもかもがすごいです。

なるべくして、今の地位にいるのだということが分かりました。
勉強になる場面が多いです。

『不動心』では、左手首を骨折したときのことが

詳細に書かれています。

それまで続いていた、1768試合連続出場が途切れてしまったときの話や
怪我とどう付き合うことにしたのかなど、

読んでいて、「プロフェッショナルだなー」と、何度も心を動かされました。


また、長嶋さんとの話などもよかったです。

よい師匠と巡り会えるかどうかは、

人生にとって、とても重要ですね。


さて、それでは引用です。

僕は困難に直面したとき「今、自分にできることは何か」と自問します。悔やみ、落ち込むしかないのでしょうか。多くの場合、そんなことはありません。きっと、前へ進める選択肢があるはずです。
  (中略)
失敗しないことが一番です。でも、不幸にも失敗してしまったときは、その状況下でベストな選択を考えるしかありません。悔やむのは、いつでもできます。



一流の人に必ず共通しているのが、

どんな出来事も前向きに捉える

ということです。

悔やみ、悩むということは確かにつらいのですが、

ある意味、すごく楽だともいえます。

そんなことをしている時間があったら、

いま自分にできることを、どんな小さなことでもいいからやる。

このように考えることは、性格的にも難しい、という方もいるかもしれません。

ですが、一流の人は性格を改造してでも、

前向きに捉えるようにしているようです。見習います。

失敗したときの絶望感はよく分かります。だって僕は、毎日失敗しているのですから。でも、絶望する必要はない。「次こそは」と思って乗り越えていくしかないのです。
もし、失敗に絶望している人がいれば、こう思えませんか。「成功率3割を目指している松井よりはマシか」と。僕は失敗と付き合いながらも、前を向いて進んでいきます。


この引用も、前に進むことの重要さを教えてくれる言葉です。

失敗したからといって落ち込んだりはせず、前に進む。

この姿勢こそ、プロフェッショナル。

「努力できることが才能である」


この言葉は松井選手が小学生のころ、
父親からもらった言葉だそうです。

それ以来苦しいときは、この言葉を思い出し、
努力してきました。

もし、天賦の才能がなかったとしても、

この「努力できるという才能」は
いつでも気持ち次第で身につけることができます。

この才能を手に入れたなら、
どんな分野に進んでも怖いものなしですね。


『不動心』、とても影響を受けました。

お気に入りです!
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。