スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本書評】仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

【本書評】仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか  山本ケイイチ  幻冬舎新書

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書 や 5-1)仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書 や 5-1)
(2008/05/29)
山本ケイイチ

商品詳細を見る


鍛えられた肉体は、もはやビジネススキルのひとつ!



最近僕があこがれる人が筋トレ(運動?)をよく勧めています。たとえば、本田直之さんや勝間和代さんや鮒谷周史さんなどなど。


そこで今回の本を選びました。しかしこの本、筋トレについての方法はあまり書いておらず、どちらかというとビジネス書の王道のような気がする本です。

あと、これは些細なことですが、呼んでいて本田直之さんの書き方に似ているなーと何となく思っていたのですが、調べてみてわかりました。

なんとレバレッジ・コンサルティングという会社がプロデュースしていたのです。この会社は本田直之さんが経営している会社です。

いやー、いろいろなことをされていますね。その気になれば、ビジネスチャンスはいっぱいあるんだろなと感じました。そのために今はいろいろ勉強しないと。



それでは本の内容です。

・筋トレをすることで筋肉がつくだけでなく、ストレス発散になる、集中力が高まる、直感力がさえる、精神的にタフになるなど、メンタルにもよい効果をもたらすので、二十代の人は今すぐやるべき。二十代でどれだけ鍛えたかで、その後の筋肉の発達度合いが変わってくる。
毎日やることで、メンタルも安定する。


・「半年続けば永久に続けられる」
 トレーニングで何が一番難しいかといえば、それは「続けること」。続けることさえできれば、ほぼトレーニングは成功といってもよい。半年続けることができれば、それが習慣になるので、半年続けることができるように仕組み化をはかる。


・「成功する人はスローラーナー」
 一度に多くを変えない。少しずつ、トレーニングに自分の体や習慣をならしていく。
ここで一気に変えようとすると続かない。できる範囲からこつこつやることが続けるためには必要。むしろはじめは習慣にすることを意識する。
また一度やると決めたら途切れさせないということも大事。量を少なくしてもいいので、続ける。



以上です。この本は筋トレの方法というよりも、心構えというか、続けるための方法などがわかりやすく書かれています。筋トレの効果もわかりやすく書かれています。


何となく筋トレをした方がいいのかな、と思う人は読むべき本です。僕も、ゆっくりと筋トレをしていこうと思います!
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。