スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本書評】非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門

【本書評】非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門 飯間浩明 ディスカヴァー・トゥエンティワン
非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門 (ディスカヴァー携書) (ディスカヴァー携書)非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門 (ディスカヴァー携書) (ディスカヴァー携書)
(2008/12/20)
飯間 浩明

商品詳細を見る


ふたり『ディスカヴァーさんありがとうキャンペーン』第十一弾!

まずはこちらの記事をご覧下さい。
TAKU.Kの一日一冊ビジネス書
 非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門


『ディスカヴァーさんありがとうキャンペーン』に賛同してくださり、
キャンペーンに加わってくだされた、TAKUさんのブログの記事です。

僕は、
この記事を読んで、すぐに本書を注文しました(笑)

本書の大きなテーマである、「クイズ文」についての
説明はTAKUさんのブログに詳しく書かれているので、
ここでは割愛しますね。


クイズ文…。

できれば大学に入る前に知りたかったです…。

今まで書いてきたレポートのことを思い出してみると、
クイズ文ではなく、日記文で書いていたような…。

「クイズ文」という書き方を知っていれば、
もう少しまともなレポートを書けていたのではないかと悔やまれます。


…ちなみに卒論は、教授に指導していただいたこともあり、
「クイズ文」の体裁をとっています。

さらに余談ですが、
僕は卒論のテーマとして、Googleを取り上げました。

そして終わりのほうで、

「Googleは金融危機の影響を受けるか?」

という問題をたてました。

理由は省きますが、結論は、

「何らかの影響を受ける可能性は高いが、
以上見てきたことより、大きな打撃を受けることはない」

というものでした。
「受けない」と堂々と書きました。


そして、数週間後……



「Google、初の減益」

……、

……、

……、


ええぇぇぇぇぇ!!



…というわけで、大切なところで、
結論を外してしまいました…。

まだ、どうなったのかわからないのですが、
すごくハラハラしています。



…さて、話を戻しますね。

本書では、「クイズ文」、つまり『問題・結論・理由』という形式で書く方法を
すごく丁寧に紹介しています。

具体的なクイズ文の用例が多く書かれており、

また、よくないクイズ文も載せられているので、すごく理解が深まります。


そして、本書を読んで、特によかったことは、
ディベートについての偏った先入観をなくすことができたことです。

本書では、「クイズ文を書くのに役立つ」ということで
ディベートについて詳しく書かれています。


これまでは、ディベートに対して、
あまりよいイメージを持っていませんでした。

あえて言葉にするなら、

言い争い、とか

自分の主張を押し通すためにがつがついく、とか

どちらでもいいことを議論する、というようなものです。


さて、上記にあるイメージですが、

偏見でした。いままではディベートを誤解していました。

その誤解を解いてくれた言葉を引用します。

ディベートとは、どちらかに決めなければならない問題について、二チームで手分けをして資料を探し、その結果を比べるものと考えればいいでしょう。どっちのチームがより役立つ判断材料を探したか、その腕前が問われます。真実に迫らないどころか、真実を明らかにするために非常に有効な方法です。



ディベートとは、こういうものなのか!と驚きました。

こう考えると、すごく有用な方法ですね。


いままでディベートを行ったことがないので、

「対立したチームになってしまうと、
そのまま仲が悪くなったりしないのかな…?」

と思っていました。

しかし、

二チームで手分けをして資料を探し、その結果を比べる

こう考えると、表面的には対立した意見を戦わせてはいますが、

大本では、お互いよい結論を導くために力を合わせているのですね。


いやいや、いままで理解が浅かったです。

これなら仲が悪くなるわけがありませんね。

むしろ同じ目標に向かって、進んでいるのですから、
すごく友情が深まりそうです。



今回はこれで終わりです。

ビジネスの現場で働いたことがないので、
社会人の方にオススメできる本なのかはわかりませんが、

大学生には激しくオススメです!

特に、

「レポートの書き方がわからない。
誰も教えてくれない…」

と悩んでいる方は、必見の本です。

意見を主張する方法としても、クイズ文は非常に優れているので、
提案や企画を行ううえで、役立つ方法だと思います!
関連記事
Clip to Evernote

Comment

ご紹介&ご注文、ありがとうございます!
ブログが少しでもぼってぃーさんのお役に立てれば幸いです。

実は日本の学生って、あまり文章をきちんと書く練習をしないですよね。
「日本語だからかけて当たり前」と思っているのでしょうか?

で、実際には「文章が苦手です…」って人のほうが多いですよね(笑)
ぼってぃーさんのおっしゃるとおり、この本はレポートを書く機会の多い大学生にも非常にオススメできる、
一冊ですね!


TAKUさん

TAKUさんのブログ、めちゃくちゃ参考になっています。勉強になっています。頑張るもとになっています!

書く練習、ほとんどしたことがないですね。
ブログを書き始めてから、伝えたいことがうまく書けずに悩むことが多いです。

うーん、「かけて当たり前」というよりは、文章をかく機会がないので、かく力の必要性がわからないのではないでしょうか。

僕は、このブログを書き始めるまでは、それほど文章を深く考えずに書いていましたし…。

レポートの書き方に悩んだら、まずはこれ!ですね!

ディベート!

苫米地英人さんの「超人脳」(アスコム)という本に、ディベートについて詳しく書いてあります。
私には難しくて四割ほどしか理解できませんでしたが・・。もう少し勉強してから、改めて読み直してみるつもりです。機会があったら読んでみてくださいね。機会がない場合でも強引に読んでみてください。(・・どんなんや。)

ビジネス太郎さん

ディベートしてみたいですねー。
でも、悲しいことにディベートができるような状況ではないです…。

「超人脳」ですか!ビジネス太郎さんがそこまで推されている本なら、読んでみようと思います!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。