スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本お気に入り】強く生きる言葉

【本お気に入り】強く生きる言葉 岡本太郎 イースト・プレス
強く生きる言葉強く生きる言葉
(2003/04)
岡本 太郎岡本 敏子

商品詳細を見る


岡本太郎さん。

日本を代表する芸術家。

太陽の塔を制作した人物。

……その程度の知識しかなかった僕が、なぜにここまで惹かれたのか。
岡本太郎さんの『強く生きる言葉』を
読むきっかけとなったのは、伊藤真さんの『一点集中力』です。
一点集中力一点集中力
(2008/03/05)
伊藤 真

商品詳細を見る


僕が尊敬する人物は、最近どんどん増えているのですが、
以前から尊敬している、伊藤真さん。

その伊藤真さんが『一点集中力』の中で、

一点に集中して、それ以外は一切関係がない、世間に何と言われようと気にしないという生き方を貫いた人に、芸術家の岡本太郎さんがいる。

と書かれ、岡本太郎さんを絶賛しています。

そして「元気が出る本」として、今回取り上げる『強く生きる言葉』をあげています。

あの伊藤真さんをして、ここまで言わしめるとは…。


俄然興味がわきました。

というわけで、早速購入、読んでみました。




……。

…なんだ、これ?

ひとつひとつの言葉が、胸に突き刺さります。

文字数自体は多くない本なので、線を引かず、
端を折りながら二回目を読んでいたのですが…、

折っていないページのほうが圧倒的に少ないです。
むしろ折っていないということで、そのページのほうが目立っています…。


なんていうか、たしかにこの本を読んだだけでも、岡本太郎さんが
一点に集中して、それ以外は一切関係がない、世間に何と言われようと気にしないという生き方を貫いた」ということが伝わってきます。


もっとよく知りたい…!


ということで、ネットでいろいろと調べてみました。

YouTubeも関連する映像は、ほとんど見ました。

いやいや、岡本太郎さんがどのような人物だったのかを知ると
よりいっそう本を楽しむことが出来ました。

正直、読むまでそれほど期待していなかった(失礼)のですが、
これはいいです!【お気に入り】です!長く読んでいきます!



それでは引用していきます。

自分自身を責めることで慰め、
ごまかしている人が、意外に多いんだよ。
そういうのは甘えだ。惨めな根性だと思うね。



……。

……。

……。

……はい。


社会的に状況や世間体とも闘う。
アンチである、と同時に自分に対しても闘わなければならない。
これはむずかしい。きつい。
社会では拒否されるだろう。
だが、そういうほんとうの生き方を生きることが人生の筋だ。

岡本太郎さんらしさがにじみ出ている言葉です。

とあるテレビ番組で、岡本太郎さんを

「偉大なる天の邪鬼」

と表現していましたが、

なるほど!と思いました。


と同時に、すごく親近感がわき、

さらに惹きつけられるようになりました。


人生に命を賭けていないんだ。
だからとかくただの傍観者になってしまう。


岡本太郎さんの言葉は、心に長く残ります。

そのなかでも、特に心に残っているのがこの言葉。

人生に命を賭けていなければ、出てこないだろう言葉です。

言葉だけではなく、
その生涯で自分の信念を貫いた…。
貫きとおした…。


他人に認められるかどうかは関係ない。

ただおのれを貫く。



…カッコイイです。

いつの日にか、岡本太郎さんのような

「カッチョイイ大人」になりたいですね!
関連記事
Clip to Evernote

Comment

おお~これは熱いですね。
読んでみようと思います!

TAKUさん

ひとこと一言、胸に染みます。
反省、しますね。

もっと頑張ろう、と前向きにしてくれる本ですよ!

落ち込んだときにはゼヒ!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。