スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本書評 Apple】iPodをつくった男

【本書評】iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス 大谷和利 アスキー新書
iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス (アスキー新書 048) (アスキー新書)iPodをつくった男 スティーブ・ジョブズの現場介入型ビジネス (アスキー新書 048) (アスキー新書)
(2008/01/10)
大谷 和利

商品詳細を見る


なぜスティーブ・ジョブズは魅力的なのか?

それは自分の仕事に並々ならぬプライドを持っているから。
こだわりがあるから。

ではどのようなプライド、こだわりを持っているのか。

本書を読めば、その詳細がわかります。

読むだけで、スティーブ・ジョブズの心意気に圧倒されます!

本書の題名にもあるとおり、ジョブズは現場に積極的に関わります。

大企業のトップなのに、です。

いわゆる一般的な大企業のトップのイメージとはかけ離れています。


現場好き、なのだと思います。

そういえば、本田宗一郎さんもすごく現場が好きでしたよね。

いかに現場が大切かわかります。


また、本書ではジョブズ独特のリーダーシップを知ることができます。

日本で真似を出来る方がいるとは思えませんが、
このようなリーダーシップもあることを知るのは、有用です。

おもしろいと言えば語弊があるのかも知れませんが、単純に読んでいておもしろいです。



しかし、なんといっても本書の肝は
スティーブ・ジョブズという人物について知ることができるということです。

彼の人生は、まさに波瀾万丈。

読んでいて痛快です。


本書では、特にAppleにおけるジョブズについて知ることができます。

どのような考えのもとで、Appleの製品は生み出されたのか。
成功した事例だけでなく、失敗したケースもたくさん書かれてあります。

失敗を失敗のままで終わらせないこともジョブズの魅力であり、
Appleの魅力ですね。

そのようなことに、興味がある方はゼヒ!


さて、それでは引用していきます。

最近のプレス向けのマック製品発表会でも、ジョブズは次のような発言をしている。「業界内には、我々ならば胸を張って出荷できないような製品が存在する。自分たちは、そういうジャンクを出荷するわけにはいかない。アップル社の望みは、最高のパーソナルコンピューターを作り上げることにある」


製品にかける思いが、ヒシヒシと伝わってきます。

これほどの自負を持ちたいものですね。

僕もブログにかける熱意だけは負けていない…と思いたいです(笑)。


『キノキョウ』では
ひとつひとつは未熟ですが、おそらくは成長していると思います。

昔の記事といまの記事では、いまの記事のほうがしっかりと書けている
……と自負しています。

たくさんあるブログの中で、このブログの文章は特に未熟なほうだとは思いますが…、
そんなブログを読んでいただきありがとうございます!

嬉しいです!


話がそれました(汗)。続けて引用します。

Changing the World, One Person at a Time
これはアップル社(もしくは、その広告代理店)が考え出したスローガンというよりも、60年代から続くアメリカの草の根運動的な理想主義が掲げてきた理念のようなものだ。日本風に意訳すれば「千里の道も一歩から」となろうか。「世界を変えるという大きな夢も、身近な人を1人ずつ変えていくことからスタートする」ということを指している。


いい言葉ですね-!


まずは身近な人から変えていく。

では、いちばん身近な人とは誰か?


もちろん自分ですよね。

自分を変えれば世界が変わる!!



スティーブ・ジョブズが自らのスタッフに要求するのは、ごく単純化してしまえば、「君はベストを尽くしたのか?」ということに尽きる。
そう訊かれたときに、胸を張って、これ以上はできないところまで努力したと言えるのか、あるいは、まだ気がかりがあり、何かしら打つ手が残っているのか、それがジョブズを満足させられるかどうかの境目となる。



「自分はベストを尽くしているのか?」

「スティーブ・ジョブズを説得できるほど、努力しているか?」

「ジョブズを満足させることが出来るのか?」


こう考えながら努力すると、
前向きに自分の限界の力を出し切ることが出来そうです。




スティーブ・ジョブズ。

知れば知るほど、魅力的です。

これからも継続してチェックしていきたい人物の
トップクラスです。僕のなかでは。


どんどん関係する本を読んでいきます!
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。