スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本書評】やる気ハックス

【本書評】やる気ハックス 佐々木正悟 あさ出版
やる気ハックスやる気ハックス
(2008/06/11)
佐々木 正悟

商品詳細を見る

勉強していると、ついついいってしまう言葉があります。

「今日はやる気が出ないな~」


…でも、ちょっと待って下さい。

その、「やる気」ってなんですか?

よく使う単語だけど、考えてみるとよくわからなくなる「やる気」。

今回紹介する本は、そんな「やる気」について、
心理学ジャーナリストである佐々木正悟さんが書かれたものです。

読んでいくうちに、いかに「やる気」が貴重かわかりました。
とりあえず、睡眠はしっかりと取ります。

なぜなら、

「やる気」は限りある貴重なエネルギー

だからです。


「やる気」は無尽蔵にあるわけではなく、限りがあります。

だから、「やる気」が出ない、というときもあります。

精神論で、「やる気が出ないとはたるんでいる!」
というものではないんですね。

本書では、そんな貴重な資源である「やる気」の
効果的な利用法がたくさん書かれているのですが、

大切なのは、
 「いつ回復するのか」
   ということ。

しかし、やる気が有限ならば、それはいつかなくなってしまうのではないでしょうか。
実はやる気が回復する時間帯があります。
それは夜から朝にかけて、つまり睡眠時です。



なので、先ほど書いたように睡眠は非常に重要です。


少し話はそれますが、「レバレッジ・シリーズ」の著者である本田直之さんも
睡眠時間には非常にこだわられています。

睡眠時間を削るなんて信じられない、とまで書かれています。


どうやら、僕が考えていた以上に、睡眠時間は重要なようです。



さて、本書を紹介するにあたっては
具体的なハックスの紹介をするべきなのでしょうが、
今回はあえて、具体的なことは書きません。

それよりも、やる気に対する考え方を書きます。

個人的にはこちらの内容に惹かれましたので(笑)。

「やる気出すの苦手なんだよなー」と
悩まれている方は、一度読んでみて下さい。

「やる気」についての意識が変わるかも知れませんよ?


それでは引用します。

もっとも、自分の精神力だけに頼ろうとしても、なかなかうまくいきません。やる気は自分のコントロール下にないものだからです。
そこで、やる気をコントロールしている脳に、「特別なやる気」を出してもらうことにします。


やる気は自分のコントロール下にはない。

それは新鮮でした。

では、どうすれば脳にやる気を出してもらえるのか?


具体的な方法は……、
本書に詳しく書かれてあります。

ここではやる気についての認識を改めてもらえればと思います。

このように次の行動について逐一考えなくていいということは、「やる気」を有効に使ううえで、とても重要です。


これは、最近話題の仕組み化にも通じる話ですね。

仕組み化を徹底することは、効率がアップするだけでなく、
「やる気」を効率的に利用することにもつながります。

なるほど。仕組み化が流行っているのもうなずけますね。



そして最後に、「やる気に火をつける」名言として紹介されているものを、
載せて今回の記事を終わりにしたいと思います。

誰がその始末をつけるのか?
もちろん、あなたが片付けなければならない。今すぐにだ。

 ケリー・グリーソン



それでは!
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。