スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本お気に入り】竹中式マトリクス勉強法

【本お気に入り】竹中式マトリクス勉強法 竹中平蔵 幻冬舎
竹中式マトリクス勉強法竹中式マトリクス勉強法
(2008/10)
竹中 平蔵

商品詳細を見る

実務経験を積んでいる方の意見は重い!
ということを感じさせてくれる本です。

金融担当大臣になり、起きた出来事。
具体的には、批判されていたときの話とか、
同僚や先輩が冷ややかに離れていったときの話などは

竹中さんにしか書けないものです。

また大学院の院生の話や「税理士試験は無駄なくプログラムされている」など、
個人的に興味を惹きつけられる内容が目白押しでした!

しかし、タイトルにもあるように、
本書のメインはあくまで勉強法です。

そして、その勉強法についても非常に参考になりました。

やはり、最前線で活躍されている方は違いますね。


勉強マトリクスという考えは今まで持ち合わせていなかったので、
これからはそのような考えも取り入れます。

ここでは詳しくマトリクス勉強法については書きませんが、
「A 記憶勉強」についてはしっかりとした目標があるので、

その他の項目を埋めることが出来る目標を立てていきたいです。


また、先ほども書きましたが、
竹中さんが金融担当大臣になられたとき、友人が離れていくという話は
非常に心に残っています。

その話が書かれている項目のタイトルは、

極限状況になると、友人が本当の友かどうか分かる

つい最近、そのことを身をもって知ったので、

全面的に同意します。

今まで友人だと思っていた人がどんどん離れていく。
そのような状況でも、変わらずに友人でいてくれる人こそ、本当の友ですね。

竹中さんの場合、先輩や同僚が離れていくなか、
ある友人がこのような手紙を送ってくれたそうです。

これからいろいろなことがあると思うけれど、どんなことがあっても自分の信じたいことをやってくれ。僕は、何があっても応援するから。



感動しました。

泣きそうになりました。

勉強法について書かれている本で、泣きそうになったのは初めてです。

竹中さんは。その手紙を在任期間中、ずっとデスクにおいては、
おりに触れて読み返されていたそうです。


…この気持ちも、非常によくわかります。


僕も、ある事情で大学でのサークルの友だちとの縁が切れてしまったときに
応援してくれる友だちもいました。

そのような友だちからいただいた、温かいメッセージやコメントは
いつでも読めるようにしています。

当時は非常に落ち込んでいたので、
本当にありがたかったです。


具体的な名前を書くことは出来ませんが、
ありがとうございました。



話がそれていますね。

それでは、引用していきます。

よく学者の世界では、論文は「何を書くべきか」テーマが決まれば書けたも同然といわれますが、勉強もまた同じ。自分を成長させるには、「今、自分は何を勉強するべきか」を知ることこそが、実は一番大切です。ところが、これが分からないという人は案外多い。


・いま必要な知識は何か?

・楽しく勉強できることは何か?

まずはこの尺度で考えると何を勉強するべきかが決まってくると思います。

まあ、勉強し始めると思わぬ方向に興味が行くことは多々ありますが。



しかし、「人生を戦う武器」と「人と人とを結ぶ知」を兼ね備えた人間になるためには、常に「今、自分には何が足りないのか」を模索し、それを埋める具体的な実行プランを講じて、努力し続ける必要があります。
逆をいえば、そのくらいの気概や実行力がないことには、天井のない学問に挑むことは到底無理です。ということは、勉強をし続けるには「努力ができる人間」になることが大前提。勉強に近道や裏技はないのです。


「人生を戦う武器」、「人と人とを結ぶ知」、「天井のない学問」…。
これらはマトリクス勉強法の肝です。

勉強法は数多くあれど、いくらテクニックに頼ったとしても
最終的に肝心なのは「努力ができる人間」かどうか。

結局は時間をかけることでしか見えてこないものもあります。

つらいことも、厳しいこともあります。
結果が出ないこともあります。

そのようなときでも愚直に努力を続けることができるか。

本当に大切なことはこれですね。

何も勉強に限った話ではないと思います。


努力を支えるものとして、志を持つ、夢を描くとともに大切なのが、「自分は必ずできるはず」と信じること、諦めないことです。つまり、努力するにはある程度楽観的であることも大事。そうでない限り、頑張る勇気が湧かないからです。たとえ、脳天気と言われても、「自分はできる」と思い込むことは非常に重要です。


できることを証明することは簡単です。
やってしまえばいいだけですから。

しかし、できないことを証明することはできません。
仮に1000回失敗したとしても
1001回目に成功しないとは言えないからです。

夢を持ったのなら「自分はできる」と思い込む。

そして努力する。


思い込まないでも「自分にはできる」と思えてしまうものは

果たして夢なのでしょうか?





というわけで、以上です!

個人的にすごく共感できる話があったりで
勉強法なのに感情移入して読んでいました。(いいのか、それ)


資格試験に向けての勉強などを含めた
「人生を通じての勉強」
について考える機会をお探しの方に特にオススメです!!
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。