スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本自己投資】「続ける」技術

【本自己投資】「続ける」技術 石田淳 フォレスト出版
「続ける」技術「続ける」技術
(2006/10/20)
石田 淳

商品詳細を見る


なぜ勉強を続けられないのか?

なぜ運動を続けられないのか?

なぜよい習慣を続けられないのか?


それは続ける技術を身につけていないからです!

本書では行動科学に裏打ちされた『続ける技術』について、
非常にわかりやすく、具体的に書かれています。
「なぜ続けることができないのか?」


そう考えたとき、よくある答えが、

「自分は意志が弱いから」。


この考え、よろしくないです。

というか、ダメです。


そのように考えてしまうと、
対策の立てようがありません。


「僕は意志が弱いから、続かないんだよなー。

じゃあ、まずは意志を強くすることから始めよう」

なんて考えたとしても、

自分は意志が弱い、と考えている人が、

自分は意志が強い、と思えるようになるまでにどれくらいかかるのでしょうか?

いえ、そもそもそんなことができるのでしょうか?


このようなことを考えてみると、

続けられない理由として、

「意志が弱い」というものは、ただの言い訳です。

問題に向かい合っていないだけです。


そうではなく、続けられないのは、

「続ける技術」を知らないからだ、

と考えるほうがよっぽど建設的です。


そして、おそらくは続ける技術を知らないから
続けられないのだと思います。



よくよく考えてみると、

今まで、続けるための方法というものを教えてもらったことがありません。

しかし、続けられない理由はいろいろと聞いたことがあります。

曰く「根性がたりない」

「たるんでいる」

「怠けている」

「サボっている」

などなど…。


これでは具体的な行動には結びつきませんよね。

ただの精神論です。


では、続けるための方法とは、
どのようなものがあるのか。

気になってきますよね?


そこで登場するのが、本書『「続ける」技術』です。

本書には、続けるための技術がたくさん載せられています。


そして「技術」とあるように、これはもはや1つの
スキルとして考えたほうがいいのかも知れません。

このスキルを持っている方は、続く確率が高い。

もっていなければ、続く確率は高くない…。


ある意味、すべての基礎となるようなスキルです。



ここまでは「続ける」技術というスキルについて考えてきましたが、

翻って自分のことを考えてみると、

「僕には「続ける」技術はないなー」というのが

率直な感想です。

何せ、本書を読んでいても、目からウロコでしたから。

「あぁ、こうすれば続けられるのかー」と
新たな発見がたくさんありました。


このスキル、取り入れないわけにはいきません!

早速、取り入れていきたいと思います!


具体的には…

と書いていっても仕方がないですよね。

しかし、せっかくなので
本書を読んで得た気づきを、【習慣】カテゴリにもいかしていこうと思います。

それでは、引用していきますね!

何かを続けることができない理由は、じつは二つしかありません。
続かない理由① やり方がわからない
続かない理由② やり方はわかっているが、「継続の仕方」がわからない


続かない理由は、いろいろと思いつきますが、
突き詰めていくと、結局はこの二つになります。

ということは、このふたつの壁を乗り越えることができれば、

「続けることができる」

ということえすよね。

理由①を知る方法はたくさんあります。


では理由②は……、

いまさら書く必要はないと思いますが、
本書にはその「継続の仕方」が書かれています。



「残業で遅くなった。ジョギングは休もう」
「一日ぐらい休んだって構わない」
「別に時間を決めたわけじゃないから、何時に始めてもいいんだ」
これは継続ストップの始まりです。もはやこの人は長続きしないでしょう。自分に言い訳をするようになったらおしまいです。
続けるためには、できるだけ逃げ場をなくし、言い訳できない状況を作ってしまうのがコツです。


本書からは、様々なことを学びましたが、
一番心に残っているのは、この文章です。

「楽をして得られるものなど何もない」
ということを教えてくれる文章です。

いくら素晴らしい技術があったとしても、
実行に移さなければ何も意味がありませんよね。

そして、実行するからには苦しいこともある。

その現実を直視せずに、技術に目を向けてしまうと
やはりつづかないんだろうな、と思います。




本書、「続ける」技術の内容は、
どうしてもマスターしておきたかったので、
5回ほど、連続して読みました。

「知っている」と「実践している」とでは
天と地ほどの差があることを再認識しました。

一回読んでわかったつもりになるのは、
すごく危険ですね。
関連記事
Clip to Evernote

Comment

ありがとうございます

「続ける技術」著者の石田淳の会社のスタッフをしております、
ウィルPMインターナショナル篠崎と申します。
このたびは続ける技術をお読みいただき、ありがとうございます!
目からウロコと言っていただき、うれしい限りです。
現実を直視して、継続していくことはとても困難なこととは思いますが、
きっと得られるものはそれ以上のはずです!
そのために、本書をご活用いただけたら幸いです。
今後もよろしくお願いします。

こちらこそありがとうございます!

篠崎様

コメントありがとうございます!
続ける技術、これからどんどん実践していきます。楽しく継続できる方法を考えていきます!
『「続ける」技術』、これからも読み込んでいくつもりです。まだまだ新たな発見を得ることができそうです!

すごく勉強になりました!ありがとうございました!
こちらこそ、よろしくお願いします。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。