スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本書評】心の操縦術

【本書評】心の操縦術 真実のリーダーとマインドオペレーション 苫米地英人 PHP文庫
心の操縦術 (PHP文庫)心の操縦術 (PHP文庫)
(2009/03/02)
苫米地 英人

商品詳細を見る

僕が、最近とても注目している、苫米地さん。
はっきり言って、僕の理解の範疇を超えています。

他の著者さんが書かれている本とはひと味違います。

本書の帯に、「読売巨人軍 原辰徳監督 推薦!」と
あるのですが……、
原さんは本書に書かれている内容を理解して実践できたのですかね?

もし出来たのであれば…、すごいです。


苫米地さんの本に関しては、ひとつひとつ読むよりも
まとめてたくさん読んだほうが理解が進むのではないかと思い、

現在集めています。

本書は苫米地さんの著書の中でも比較的読みやすそう(文庫本です)だったので、
軽い気持ちで読み始めたのですが…、

やはり苫米地さんの本でした。

率直な感想を書けば、

 ・論理展開がはやい。飛躍している感じを受ける。
 ・一般的には使われない独特な言葉の説明が、不足している。
 ・非常に断定的な文章。
 ・わかってもらおうという視点で書かれていない。わからない人は読まなくていい、という印象を受ける。
 ・ノウハウは公開するから、学びたければ学べ、というメッセージ性があるように感じる。

です。


うーん、これだけ読むと批判しているようにも見えますが、
そんな気持ちはまったくありません。

それよりは、自分の能力のなさを恥じている、という文章です。


やはり、苫米地さんの著作は、まとめて読まなければ
理解は得られない、ということでしょうか?


また、本書を読んでいて強く感じたのですが、

疑問を感じるとき、本という一方通行な伝達手段はもどかしいですね。

これは、つまりこういうことですか?
この用語の意味をもう少し詳しく教えていただけますか?
これとこれはどうつながるのでしょうか?

などなど、質問したいことがたくさんあるのですが
本では、何も出来ないです。


まあ、本と言っても万能ではありませんしね。
単純に僕の読み込みが足りないだけだと思います(汗)。


それでは、本の引用をします。

"不完全性定理"というものがあります。ゲーデルという人が証明したものです。
どういうものかといえば、「ある理論体系は、自分自身に矛盾がないことを、その理論体系のなかでは証明できない」というものです。つまり、この世界の正しさは、この世界のなかからは証明できない、ということです。


不完全性定理。

間違った意味で理解していました。

宗教や哲学を、しっかりと理解しようとすれば、
数学は切っても切れないようですね。

文系畑出身の僕には、荷が重い話ですが、
もう一度、数学の勉強をやり直そうかと考えています。

……実行できるかはわかりませんが。


けれども、視点を上げて、より広く問題を解決してゆくことが私たちの責務だと思います。視点の低い解決は、解決したような気分になっているだけで、本質的な解決にはなっていません。


本書のタイトルにもあるように、

本書では「リーダー」について、第1章、第2章を通して書かれています。

この箇所、よかったです。

苫米地さんの抽象的な、概念的な論理が、具体的な(ビジネスの)話に置き換えられており、
非常にわかりやすかったです。


リーダーに大切なことは、「視点を上げる」こと。

なぜ大切なのか。

どうすれば、「視点を上げる」ことが出来るようになるのか。

ということについて詳しく書かれています。


また、大学で、経営組織学を学んでいて僕としては、
アメリカ企業と日本企業の人材育成における考え方の違いは面白かったです。

しかし、残念なことにアメリカ型のほうが、効率がいいのですが、
それを日本企業に当てはめることは出来ないんですよね。


苫米地さんは、日本の経営の問題として、経営するだけの地位に上がるまでに
時間がかかりすぎることを上げていますが、これはその通りです。

そして、それに気付いている日本企業はたくさんあります。

さらに進んで、アメリカ型の、エリートを育てる人材教育を行った企業もあります。

しかし、結果は…、
ことごとく失敗したと記憶しています。

その原因は、日本人の気質、民族性を考慮に入れていなかったことが
大きいようです。


……話が大幅にそれていますね(汗)



本書に書かれている、リーダーのあり方は非常によかったです。

理想論だという気もしますが、
リーダーを目指している方には、必要な視点が書かれているのではないでしょうか。

文庫本ですし、気軽に読んでみることをオススメします!

思わぬ視点が得られるかも知れません!
関連記事
Clip to Evernote

Comment

苫米地さんは、好き、嫌いが、ハッキリと分かれる方に思えます。私は好きですが。(笑)
ただ、苫米地さんの頭が良すぎるのか、私の知識が拙すぎるのか(両方という説もある。)、全く理解できない難しい部分が多々ありますね。
ちょっと上から目線なところと、内容がかぶっている書籍が多いのが玉にキズですが、ま、それも含めて「味」と言うんでしょうか。(笑)

ビジネス太郎さん

その通りです!僕は好きか嫌いかがわからないんですよね。読んでいて疑問を感じる部分もありますし、上から目線だと感じてしまうこともあります。
ですが、惹かれているんですよね。なぜか。もっと読みたいと思っています。

かといって、好きかといわれると、そうではない気もしてしまいます。

うーん、苫米地さん、僕の理解を超越しています(汗)


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。