スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【Google本】進化するグーグル

【Google本】進化するグーグル 世界を掌握する"未来戦略" 林信行 青春新書
進化するグーグル (青春新書INTELLIGENCE)進化するグーグル (青春新書INTELLIGENCE)
(2009/01/07)
林 信行

商品詳細を見る


この本、卒論に間に合いませんでした。
これは、卒論を書いているときに読みたかったです…。

卒論のなかで、「Googleが携帯電話に進出する」という将来像を描いたのですが、
あながち間違っているものではないという確認が出来ました。

以前に紹介した【Google本】グーグル 既存のビジネスを破壊する では
少し情報が古くなっているのが欠点でしたが、
本書とあわせて読むとGoogleについてよりよくわかります。

本書では、特にGoogle独自の設備、文化、独特の人材活用法、
楽しさを重視する姿勢などについて書かれています。

なぜ、Googleという企業がおもしろいのか、
その一端が本書を読めばわかるかもしれません。
また、Googleを調べていて気になったことに
Googleの日本でのシェアの低さがあります。

これは、不思議でした。

いろいろと考えましたが、結局仮説の域を出なかったので、
卒論には書かなかったのですが…。

そのことについても、本書に書かれています。


日本版Googleのトップページが最近ごちゃごちゃとしているのは、
Yahoo!を意識してのことだったんですね。



……うん?

Google Japanの検索ページに I'm Feeling Luckyボタンがなくなってる…。

いつからなのでしょうか?


これはやっちゃいけないでしょ…。

Googleらしさがすごく出ているものだったのに。

すごくがっかりです。

そこは貫きとおして欲しかった…。


ちなみに
Google.com in Englishという本家の検索ページでは、
しっかりと残っていました。


これは顧客志向と言うよりは、ただただ迎合しただけという印象を受けます。

いくら日本がGoogleにとっての課題であるとはいえ
こんなことをして欲しくはなかったですね。

ふー、ショックです。


あ、この話の流れとは関係ありませんが、
本家Googleの検索ページの Page Rank が10だったのに驚きました。

初めて見たかも知れません。



さて、話がいろいろと飛んでしまいましたが、
引用していきます。

新時代のインターネットのトレンドをまとめた「Web2.0」という言葉があるが、そのトレンドのなかに「永遠のベータ」という言葉がある(ベータとは、ソフトの開発途上版を指す言葉)。
Web2.0の製品には、完成形はなく、常に新しい要望に応えて進化し続けていくべきだ、という思想だが、これもグーグルのこの理念に通じるところがある。


永遠のベータ。

完成形はない。

進化し続ける。

これがこれからの社会を理解する上でも、大切なキーワードなんですね。

少し話が横道にそれてしまうかも知れませんが、

完成形はないとか、進化し続けるとか、
これって、どんなことにも当てはまるような気がします。

たとえば、僕の場合、ブログをつくろうとしていたときも、
はじめから完成形を目指していれば、まだつくれていないかも知れません。

現に、このブログでさえプロフィールはまだ、制作途中ですから。

これからどんどん完成形に向けて、進化し続けています。

このように未完成でもどんどん実行していったほうがいいんじゃないでしょうか。


また、本の内容を実践するにしてもそう。

たとえば、日記をつけるのがよいと書いてあれば、
わざわざ日記帳を買ってくる前に、すぐに書き始めたほうがいいですよね。

日記帳を買うのは、あとからでもいいわけですし。


「兵は拙速を尊ぶ」ではありませんが、

いかに完成に近づけるかということよりも、
早さのほうが大事なのではないでしょうか。

なんだか、ありきたりな主張になってしまいましたが、
最近は実感としてそう思います。


エンジニア用語で「Eat one's own dog food(自分自身のドッグフードを食べる)」という言葉がある。これは、開発者自身がその製品の一番のユーザーでなければならない、という意味の言葉だ。
グーグルはちゃんとこれを実践していて、〝どこかの誰かに使ってもらうツール″をつくるのではなく、何よりも先に〝自分たちの仕事が便利になるツール″をつくり、それを世界の人たちと共有しているのだ


「開発者自身がその製品の一番のユーザーでなければならない」

これだけ聞くと当たり前のような気がしますが、
このような意識でつくられていないと思われる製品がたくさんあります。


また、これはエンジニアだけのことではないでしょう。

このブログにしてもそうです。

まずは自分が一番読みたいと思える様なブログにしなければいけません。

僕が、「こんな記事を読みたかったんだ!」と思えるような
記事を書かなければいけません。

まあ、そうは言ってもなかなか理想に追いつけてはいませんが…。


このように、なにか製品を生み出している方だけではなく、
プロジェクトに関わっている方、組織で動いている方、
教育に携わっている方、……。

すべての方に当てはめることが出来ると思います。


「こんなもの作ってみました。これをほしがる人は必ずいるはずです。
…私はいりませんが。」

ではなくて、

「これが欲しかったんだ!誰も使わなかったとしても
私はこれを使う!これしかない!」

というものを生み出していきたいものですね!




Googleという企業は、調べていけば調べていくほど、
たくさんのことを学ぶことが出来ます。

それが、すごく魅力的。

まだまだ紹介できていない本があるので、
これから紹介していきます!
関連記事

タグ : Google 文化

Clip to Evernote

Comment

これは面白い!

「未完成でもどんどん実行していったほうがいいんじゃないでしょうか。」
この言葉、骨折した足にズドンと響きました。(・・。)
初めから完璧を目指すと、動けなくなるんですね。とりあえずやって、やりながら修正していく。
私は、おもしろそうだったら、とりあえずなんでも首を突っ込むように心がけています。(笑)変化を恐れない自分でありたいですね。
さて、ぼってぃーさんの「Googleが携帯電話に進出する」という予想。私も、あると思います。かなり高い確率で。
そうなると、さすがのdocomoも、危ないですね~。

ありがとうございます!

ビジネス太郎さん

骨折した足に響くって、ものすごく痛いんじゃないでしょうか(汗)

そうですよね。「やりながら修正していく」ことが大切ですよね。
本当にその通りです。変化を恐れず、というよりは自ら進んで変化していきたいものですよね。

あと、Googleの携帯電話への進出、本文では書けませんでしたが、実現しつつあります。スミマセン。どれだけ力を入れていくのかがわからなかったのですが、本書によれば結構本気だということが読み取れました。

最近、携帯電話をほとんど使っていないので、もっと使いやすくなって欲しいな-、と思っています。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。