スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【自己投資】仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

【本自己投資】仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか 山本ケンイチ 幻冬舎新書
仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)
(2008/05/29)
山本ケイイチ

商品詳細を見る


本書を記事にするのは、二回目です。

以前に書いた記事は、こちらです

筋トレを少しずつ始めているので、また読みたくなりました!


これからは、同じ本を何度も紹介していくかも知れません。

やっぱり、一度読んだだけで終わりというのは
寂しいですよね。

またじっくりと読み直すと、
以前読んだときには気づかなかった事がたくさんありますね。

本書の内容については、以前の記事を参照していただくとして、
今回は、前回の記事とは異なった引用を通して書いていきます。

僕は、税理士試験の受験生という立場上、
勉強法の本をたくさん読んできたつもりですが、

本書に書かれている内容は、
勉強法に通じるものがあります。


筋トレと勉強。

どちらも努力しなければ身につきません。

どちらも時間をかけなければ身につきません。

どちらも自分で行わなければ身につきません。

どちらも頑張れば結果はついてきます。

どちらも苦しみを伴います。

どちらも自己投資です。

どちらも……。

というわけで、あげていけばきりがないわけですが、
筋トレと勉強、かなり似ていますね。


筋トレを黙々とこなせる方なら、
いざ勉強しようとしたとき、すごく効果が出るんだろうな、
と思いました。

特に本書に書かれている「筋力トレーニングの5つの原則」は、
そのまま勉強法になってしまうような内容でした。

結果を意識して行動せよ――意識性
バランスを取りながら鍛えよ―全面性
常に新しい刺激を与えよ――漸進性
個性にあった方法を考えよ―個別性
変化が定着するまで続けよ―継続性


正直、勉強法といわれても何も違和感がない内容でした。

やっぱり筋トレと勉強、共通点があるなー。



また、近頃体を鍛えるビジネスパーソンが多いそうですが、
その理由も本書を読めばよくわかります。


「筋肉をつけて、モテたい!」
という方は、実は少ないのではないでしょうか。

もし本当にもてたいなら、筋トレをするよりも
ファッションセンスを磨くなり、会話力を磨くなり、
さまざまな方法があります。

そのような目標では、おそらく続かない気がします。

筋トレをする方の目標は、
そのような表面的なものではなく、
ズバリ、「QOLを高める」ということだそうです。

自分の事を考えてみると、
確かに、意識していませんでしたが、

QOLを高めようとしていたようです。


さて、筋トレをする目標を書いたところで、
筋トレのよいところを僕なりにあげてみようと思います。

・健康になる。
これは当たり前ですね。

・忍耐力がつく。
自ら進んで苦しい事をするわけですから。

・すぐに結果を望まなくなる。

そもそも筋肉をつけるのには長い時間がかかる。筋肉1キロを純粋に増やそうと思ったら、約一年間が必要がといわれている。


・生活リズムの大切さが実感できる。
ただ、筋トレを闇雲にすれば筋肉ができるわけではなく、筋肉をつけようとすれば、しっかりとした生活をしているかが非常に重要になります。

・セルフ・マネジメント能力が高まる。
強制されているわけではないので、自分がやめようと思えばすぐにやめる事ができる。そのときにどうするか。

・他人に左右されない。
効果的なトレーニングは人それぞれ違う。筋肉の発達も人それぞれ違う。他人のペースに影響されず、自分のペースを守る事が、筋トレでは非常に重要。

・お金では買えない。
自分が苦しんで行ったかどうかで決まる。地位や肩書きは関係ない。



つらつらと書いてみましたが、
個人的には、すぐに結果を望まなくなる事が、
筋トレを行う上での一番のメリットではないかと思います。


いまの時代、何でもすぐにできてしまいます。

洗濯機のスイッチを押せば、すぐに選択できます。
給湯ボタンを押せば、お湯がでます。
炊飯器のスイッチを押せば、ご飯が炊けます。

昔は、これらの事はひとつひとつが手作業でした。

どれも時間がかかる事です。

本来は、時間がかかるものです。

しかし、今ではピッと押せば、それだけでできてしまいます。

これら自体は、もちろんいい事なのですが、
このようなものばかりが身の回りにあふれてしまうと、

勘違いをしてしまいます。


「ちょっと動けば、すぐに結果は出るんだ」と。

この勘違い、かなり致命的です。

もし、このような考えを持ってしまえば、

「ちょっと勉強したけど、結果が出ないからや~めた」

となってしまうかもしれません。


……はい、そうです。
ここに書いてあるのは、すべて僕のことです。

このようなイタイ勘違いをしてしまう事がよくあるので
自戒の念を込めて書いてみました。


話を戻すと、このような勘違いを防ぐうえでも
筋トレは非常に有効です。


筋トレの結果が出るのは、半年後、らしいですから。

だからこそ著者の山本ケンイチさんはこのように書かれています。

トレーニングで最も難しいことは何かと聞かれたら、私は即、「続けること」だと答える。逆に言えば、続けることさえできれば、トレーニングはほぼ成功したと言ってもいい。



続けることの大切さ、重要さをイヤというほど教えてくれるものが、
筋肉トレーニングです。

まさに、いいことづくし!


ここで、あえて短所をあげるとするならば、
時間がかかる、面倒くさい、ということでしょうか。

しかし、これらの怠惰な心を振り払ってでも
やる価値は必ずあると思います。

ハードルは高いですが、
将来的なリターンは大きいです。


さて、いろいろと良さがわかったのですが、
筋肉トレーニングは、筋肉を鍛えるだけではありません。

ある能力を鍛えることもできます。

その能力とは何なのか?

それを書いて今回は終わりとします。

時間をかけて何かをするという経験がどんどん減っている現代社会においては、自分の体の変化とじっくり向き合う、トレーニングという行為は、精神力を鍛える貴重なチャンスなのだ。そう思って、積極的にトレーニングに励んでほしい。

関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。