スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【名言】読書のススメ2!

読書最も能く人を移す。畏るべきかな書や。
【訳】読書というものは、最もよく人の心を変えるものである。書というものは、何と恐るべきものだなあ。

「吉田松陰が野村和作(野村靖)にあてた手紙」より。

吉田松陰は読書についての名言がとても多いです。


最近考えるようになったのですが

真剣に読書をしている人はえらそうにはできないですよね。


だって、本を書いている人に比べて

自分がいかにちっぽけかを、

いやでも確認してしまうはめになるのですから。


古典と呼ばれる作品を読んでいると

その気持ちはいっそう強くなります。


自分の考えなんて

まだまだちっぽけだな、と。



だから、偉そうにしている人は

実際のところ、それほどでもないんじゃないかなと思います。


「オレはこれだけのことを知っているんだ」

なんて、読書が習慣となっている人には

絶対に言えないですよね。


ただ、たまに

本を読んだということで

偉そうにしている自分に気付くことがあります。


まだまだですよね。

本を読んだ人が偉い、なんて

勘違いもいいところなのに。


参考文献:
吉田松陰一日一言―魂を鼓舞する感奮語録吉田松陰一日一言―魂を鼓舞する感奮語録
(2006/12)
川口 雅昭

商品詳細を見る
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。