スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【日記】過去の日記にこんなことが


日記の整理をしていると、
こんな文章を見つけました。

ある一大決心をする少し前に書いたものですが、
自分でこのようなことを書いていたなんて。
すっかりと忘れていました。

いま読み返して、なんだか自分の原点があるような気がしました。
ですので載せてみますね。

いまから7ヶ月ほど前に書いたものです。
『歴史』

過去を知ることは大切だ。
現在は過去に縛られている。
現在を知ることも大事だが、それと同じくらい過去を知ることも大事だ。

人間の考えることは、そう簡単には変わらない。
変えることはできない。
だからこそ、歴史を知るということには非常に大きな意味がある。

歴史から教訓を得る、とは言い古された言葉だが
ないがしろにしてはいけない。

歴史をひもとくと、必ず自分と似たような状況にいた
歴史上の人物と出会うことができる。
その人はそのとき何をしたのか。
周囲の反応は。
どのような結果になったのか。
どのような人生を送ったのか…。

知るべきことは山ほどある。
偉人について知るだけではたりない。
世界の国々について知る必要がある。

この国とあの国は長いあいだ戦争状態にあった。
当時の国際的な感情はこうで、当事国の世論はこう。
そのような状況でこれらの国々はこのような行動を起こした。
そして結果はこうなった。
その影響は現在ではこのようなところに見ることが出来る。

などなど、現在の状況を見るだけでは知ることができない
確執などが、歴史を学ぶことで見えてくる。

重要なのは近代史だけではない。
国が誕生した経緯から、その後の発展、衰退まで知る必要がある。

そこまでして初めて、現状を理解できたといえるのではないだろうか。

これまでは国に限定して書いたが、これは国に限ったことではなく、
ありとあらゆるものに応用が可能だ。

個人、企業、組織、宗教、社会…。

個人ならば、その人の生い立ち、経歴、人間関係…。
企業ならば、創立、創業者、創業メンバー、業界の状況…。
組織ならば、目的、組織文化、構成メンバー、編成…。
そして宗教では…。

現在の状況を知るだけでは、理解したとはいえないのではないだろうか。

なので、まずは世界史、日本史、なかでも近代史について勉強する。

はじめは大きな全体的な視点から、
狭い興味のある分野を見ていこう。


現在まで残っている情報は、所詮勝ち残った側に
都合のよい情報かも知れない。

しかしそれらの情報もなぜ残ったのかを考えると活用することができる。





以上です。

ほんと、自分で書いたとは思えないです。

ちょっと前の僕はこんなことを考えていたんですね。

自分で書いたものなのですが、勉強になりました。



【追記】

日記を書くの、すごくオススメです。

僕は毎日書いていますし、いまは特別編として

「税理士試験直前版」も別に書いています。


勉強していると、さまざまなことが思い浮かんでくるので

合間合間で書き留めています。


2年ほど前から

何か大きな変化が起きたときは

いつもより時間をかけて書くor新しいノートに書いたりするのですが

読み返してみると、いろいろなことに気付きます。


「日記なんてめんどくさい」と思われているかた、

確かにその通りです。


でも、あえて行う価値は十分すぎるほどありますよ?
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。