スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本】座右の諭吉

【本】座右の諭吉 才能より決断 齋藤孝 光文社新書

座右の諭吉 才能より決断 (光文社新書)座右の諭吉 才能より決断 (光文社新書)
(2004/11/13)
齋藤 孝

商品詳細を見る

毎日、一冊本を読むというのは、なかなか続けることが難しいですね。

最近ようやく自分の中でパターン化できていると思います。


さて、今日の本は、座右の諭吉、という本です。

以前、齋藤孝さんの本を集中的に読んでいた時期があるのですが、その時期に買い、本棚で眠っていた本を発掘してきました。

簡単な感想を。

この本を読むと、福沢諭吉という人物への印象がとても変わります。

いままでは断片的なイメージしかなかったのですが、ようやく全体像がつかめた感じです。


何より器が大きいです。やはり、歴史に名前を残す人は必ずなんらかの飛び抜けたモノをもっていますね。

福沢諭吉さんはそういった飛び抜けたモノをいくつも持ちあわせている方ですね。


……どうでもいいことですけど、歴史上の人物に「さん」付けをすると、急に親しみやすくなりますね。

その反面、その人物の権威を貶めているような気もしますが……。


では、心に残った部分を引用します。


自分を高めるために、志を同じくしながら時に励まし合い、助け合う朋友を持つことのありがたさを、福沢はよく知っていた。



やはり一人では限界があります。伝記などを読んでいても、偉大な人には必ず信頼できる相棒がいますね。残念ながら相棒のほうは必ずと言っていいほど知名度が低いですが(当たり前)。

僕も志を同じくする人と高めあっていきたいです!

「よしなさい、馬鹿々々しい。この中津に居る限りは、そんな愚論をしても役に立つものでない。不平があれば出してしまうが宜い、出なければ不平を言わぬが宜い」



これは福沢さんの言葉です。たしかにいろいろな知識があり、意見も持っているのに、愚痴を言うだけではもったいないですよね。

知識を行動に結びつけないと!心しておきます。
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 【本】
Clip to Evernote

Comment

おぉ・・・!

私はレポートで出された本でさえも、、読むのがおっくうでなりません(汗)
本を借りても、買っても、なかなか読むまでいたらないんですよね。。(涙)

よい縁(友)を求めていくことは、本当に大事だと思います^^

やっぱり一人では色んなものに左右されてしまうので(>_<)

ところで、さん付けすると、親近感がわくっていうのは、分かる気がします(笑)

どもども

良い縁になれるかわからんけど、頑張っていくわ!

本は読みたいときに読むのが一番いいと思うよ。
無理矢理読んでも頭に入らんと思うし。

もし読みたくなったら、いつでも言って!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。