スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本社会】急に売れ始めるにはワケがある 【ティッピング・ポイントとは?】

【本社会】急に売れ始めるにはワケがある マルコム・グラッドウェル ソフトバンク・クリエイティブ
急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫 ク 2-1)急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫 ク 2-1)
(2007/06/23)
マルコム・グラッドウェル

商品詳細を見る


言わずと知れたアメリカのベストセラー作家、マルコム・グラッドウェルです。

もうこれは、名著と呼ばれるにふさわしい本ですね。


【ティッピング・ポイントとは何なのか?】

 ビジネス書なのに、先が気になってどんどん読んでしまいました。
いろいろと書きたいのですが、

まだまだ受け止め切れていないので、今回はサラッと。


税理士試験終了後に、もう一度じっくり読もうと思います。



マルコム・グラッドウェルの新刊が出たので、家に眠ったままになっていた本書を読んだのですが…、

ハッキリ言ってもったいない!


何がもったいないって、タイトルがもったいない!


『急に売れ始めるにはワケがある』という題名ですが、

「売れ始める」話は、本書のなかではそれほど大きな割合を占めてはいません。


むしろ、本書の肝は原題にもあるとおり、

「ティッピング・ポイント」です!


ではティッピング・ポイントとは何なのか?引用します。

【ティッピング・ポイント】 THE TIPPING POINT
あるアイディアや流行もしくは社会的行動が、敷居を超えて一気に流れ出し、野火のように広がる劇的瞬間のこと。



本書はこの「テッィピング・ポイント」について書かれています。


「急に売れ始める」話は、あくまでこの「テッィピング・ポイント」を説明する

たくさんあるケースの一つにすぎません。


「売れる」と聞いて、マーケティング関連の話だと勝手に思い込み、

読まずにいたのですが、ずいぶんともったいないことをしていました…。



こうやれば商品が売れる、というようなレベルの話ではなく、

もっと大きな次元の話です。



ではでは、本を読んでの率直な感想です。

まずケースが豊富!

驚くほど豊富!

むしろ豊富すぎる!


学術書のように一つの理論を説明するために様々なケースを紹介し、

それらのケースに共通する点を抽出し、わかりやすい形にして、書く。


こうやって書くと簡単そうですが、メチャクチャ難しいことです。

それをサラリとやってのけているのが、本書のすごいところ。


本書で紹介されているケースの一部を紹介してみると、

 ・NY市犯罪率の低下
 ・梅毒感染
 ・アメリカ独立革命
 ・セサミ・ストリート
 ・十代の自殺
 ・喫煙

などなど。

日本人の僕には何のことか分からないケースもありますが、

それでも本書の言わんとしているところは伝わります。





また、これは個人的に僕がすごく興味を引かれた箇所ですが、

「テッィピング・ポイント」を理解する上で非常に重要な三つの原則の一つ。

 背景の力。

僕は、以前にある新興宗教団体に所属していました。

そのときから、ずーーっと不思議に思っていたことがあります。


それは、

「なぜ、みんな同じような態度を取るのだろう」

ということです。


たとえば、弁護士を目指している人がいたと仮定します。

しかし、その法律で人々を守る立場になることを目指しているひとがこと宗教になると、

法律を犯しかねないことも平気で行っていたりするのです。


これ、僕のなかで大きな問題としてずっと残っています。


宗教的信念の違いかな?と考えたりもしました。

しかし、それならば人によってばらつきがあるはずです。


でも、みんな同じ態度を取るんですよね。

出身も育ちも性格も…、何もかも違うのになぜなのか。


その長年の疑問の答えにつながりそうなきっかけが
本書にはありました。

それが「背景の力」です。

引用してみます。

ジンバルドの指摘は単純だ。こういった決定要因のすべてが一掃されてしまうようなときと場所と条件が存在するということ、正常な人間を良い学校と恵まれた家庭と良い住環境から引き離し、目前にある状況の細部を変えただけで彼らの行動を強力に支配してしまうような瞬間がある、ということだ。



言い換えると、この実験が示唆しているのは、行動の方向性を決めるにあたって、心に抱いている確信とか、今何を考えているかというようなことは、行動しているときのその場の背景ほど重要ではないということだ。



文脈を説明せずにいきなり引用したので、この引用だけを読んでみても、

よくわからないとは思いますが、あえて引用しました。


これについても書き始めるとキリがないのでこのあたりで。

もっともっと深読みすれば、さらに多くのことが得られそうです。




本筋とは関係ないところなのに、これほど深く考えるきっかけを与えてくれる。

このことからも本書のすばらしさがわかりますよね。


小手先のテクニックではなく、普遍的な理論に興味がある方にオススメです!
関連記事
Clip to Evernote

Comment

僕も読みました。
すごくいいですよね。

>小手先のテクニックではなく、普遍的な理論に興味がある方にオススメです

まさしくそのとおりで、きちっと調べて理論を構築してあるなぁと感心してしまいました。
これを基に口コミ戦略立てたくらいですw

大事に読み返す本の一冊になりました。

macさん
コメントありがとうございます!

いいですよね。何年経とうが色褪せないと思います。本書の内容は。読んでいて、いろいろなことが思い浮かびました。

それにしても、口コミ戦略を立てられてしまうとは…!
本書は読み込めば読み込むほど、その魅力が大きくなっていくような気がします。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。