スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本書評】ビジネスマンのための「数字力」養成講座

【本書評】ビジネスマンのための「数字力」養成講座  小宮一慶 ディスカヴァー携書

ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書 20)ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書 20)
(2008/02/27)
小宮 一慶

商品詳細を見る
  

さすがコンサルタント!と言いたくなる本です。

「ビジネスマンのための~」シリーズは現在3冊出ていますが、この本は2冊目ですね。

「数字」と聞いて、会計本なのかとおもっていましたが、

経営者の方や社員の方の実情を考えると、会計や金融という以前に、そもそも「数字」に対する感覚というかリテラシーというか、数字の見方、扱い方の基本を身につけることが重要ではないかと思うようになりました。
そこで、生まれたのが本書です。



というわけで、本書は前作、ビジネスマンのための「発見力」養成講座の実践編、という位置づけです。

なのに、僕は前作を読まずにいきなり2冊目から読み始めました……。

ですが、内容がわからない、ということはなくとても参考になりました。
さて、僕がこの本を読んで強く感じたことは、数字で考えることの大切さ、です。

今までは、目標を考えるときでも、ただ漠然と考えてしまうことが多かったのですが、この本を読んで意識が変わりました。


ただ元気よく、頑張ります!と言うのと、「数値化した目標」を達成するために頑張ります!、と言うのとでは、達成に向けての責任感や達成できなかった悔しさの度合いが全く変わってきます。


本書ではこう書かれてあります。

もともと、現実がよく分かっていないこと、どこまでやればよいかが分からないといったことには、誰だって責任を感じにくいし、やる気も出ません。
自分でやれると思えるには、数値化とプロセスの具体化を、自分で考えられることが必要です。



なるほど、そう考えるとこのブログは見事に合致していますね。

一日一冊と数字にして目標を考えていますから。


本書の最後には「数字」に対するつきあい方が簡潔に書かれていました。

最後に、初心に戻って、もっとも基本となる習慣をお話ししたいと思います。それは、「常に数字で考える習慣」を持つことです。このことが目標達成力を高める最高の手段です。



ただ漠然と多い、少ない、高い、安いなどと考えるのではなく、数字で考える習慣を持つことが、「数字力」を高める基本中の基本なんですね。

これからの時代、数字を読む力は必須スキルになっていくと思います。

今のうちに、本書を読んでしっかりと勉強しておきたいですね。
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。