スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本自己投資】きのうは変えられる 【格闘詩!】

【本自己投資】きのうは変えられる 自分を励ます言葉 野崎美夫 PHP研究所
きのうは変えられるきのうは変えられる
(2009/01/27)
野崎 美夫

商品詳細を見る


今回紹介する本は、本書『きのうは変えられる』の著者であり、

また『「見えない時間」で稼ぎなさい』の著者でもある、

野崎美夫さんに送っていただきました。
 (野崎美夫.com:http://www.nozakiyoshio.com/index.html

ありがとうございます!!


今回は、【格闘詩って何?】というテーマで書いていこうと思います!
『「見えない時間」で稼ぎなさい』の著者プロフィール欄でも思っていたのですが、

野崎さんの様々な肩書きのなかに、

 「詩人」

というものがあります。



「ん?」

って思いました。


ビジネスの世界の第一線で活躍されている方が、「詩人」?


さらに

「メルマガで格闘詩を配信中」。




どういうことなんだろう?









こういうことです。

 格闘詩公式ホームページ http://www.kakutoushi.jp/


少し話はそれますが、最近「成功している人」に共通していることを見つけました。

あ、ここでいう「成功」とは、

別に「金持ち」や「地位がある」などといった意味ではなく、

「充実した人生を送っている」という意味です。

あくまでも僕から見て、ということですが。


そんな方々に共通しているもの、それは……


「太っ腹」

だということです。



器が大きいんですね。


先ほどの『格闘詩公式ホームページ』を見ていただければわかりますが、

「有料にしてもいいんじゃないですか?」と思えるコンテンツを


惜しげもなく、公開しています。


本書のように、格闘詩を集めた著書を出されているにもかかわらず、です。



このような姿を拝見すると、


「僕って、なんてちっぽけなんだろう…」

って思っちゃいますね。







ではでは、

話を戻します。


はじめは、「なぜビジネスの第一線で活躍されている方が詩人?」と

思ってしまいましたが、

これは新しいです。


文学の世界に属する「詩」を

一流のビジネスマンが書くとこうなるのか、と

ただただ驚きます。


なんていうか、純粋な文学者には絶対に書けない「詩」です。

さすが、Amazonの詩集ランキング一位は伊達じゃないです。




以前にとある事情から詩にはまったことがあるのですが、

そのときに

萩原朔太郎さん、谷川俊太郎さん、山田かまちさん、

そして、ゲーテなどの詩を読みまくっていました。


ただ、これらの方々の詩は

なんていうか、

「ドーンッ!!」と突き落としてそれっきり、

というものがあったりします。


「えぇ、ここまで突き落としておいてほったらかしなんだ…」

みたいな。




しかし、「格闘詩」にはそれがありません。

必ずといっていいほど上を向かせてくれます。


落ち込みがちな最近、これは非常に力強いです。




では、なぜただの「詩」ではなく、「格闘詩」なのか。

本書より引用します。

「格闘技をやっておられるのですか」とよくたずねられるのですが、生きていくことはさまざまな困難や障害との格闘の日々。人生のさまざまな場面で闘っていらっしゃる方々を応援したい。そんな想いを込めて『格闘詩』と名付けました。



このような趣旨で書かれているから、「格闘詩」。

そりゃあ、勇気づけられますよね。




本書では「格闘詩」が60篇、掲載されています。

どれも素晴らしいのですが、

その中でも特に、

 ・やりたくないこと

 ・時間差

 ・まかせてくれた

 ・オセロ

 ・夢中力

 ・自分雰囲気づくり

 ・待ちぼうけ

 ・マンツーマン

がすごく好きです。


「引用していいのかな、引用しようかな」とすごく悩みましたが、

やめておきます。



「詩」において大事なのは文字という情報だけではなく、

文字のフォント、行間、文字数、空白の作り方などなど

すべての要素が大事だと僕は考えています。


それを表現できる自信はなかったので

やめておきますね。




いかに情報を効率よく取り入れるか、ということも大事です。

しかし、それとは反対に
情報をとことん排除し、そうすることでより多くの意味をもたせる「詩」。

いかがでしょうか。新たな気づきが得られますよ!




明日は、野崎美夫さんの新刊、

『「見えない時間」で稼ぎなさい』を

紹介します。

「Jカーブ理論」を取り上げていこうと思っています。





【追加】

本書に書かれている「格闘詩」。


引用できません、と書きましたが

公開されていました!

というわけで、特に心を動かされた二つを紹介します!

「やりたくないこと」
 (http://www.kakutoushi.jp/mailmagajine/index2.html#005

「時間差」
 (http://www.kakutoushi.jp/mailmagajine/index9.html#001



さてさて、
お目当ての格闘詩を探していて思ったのですが

格闘詩公式ホームページ内で検索ができれば

すごくいいな、と思いました。


あと、「格闘詩」のメルマガは『まぐまぐ』で配信されていますが、

『まぐまぐ』だとパソコンでしか受信できませんよね。


でも僕は「格闘詩」、携帯電話とも相性がいいと思うんですよね。


なので、 ミニまぐ(http://mini.mag2.com/pc/)で配信すると

より多くの人に読まれるんじゃないかな、なんて思ったりもしました。
関連記事
Clip to Evernote

Comment

ありがとうございます!

拙著2冊をご紹介くださり、有り難うございます!

丁寧に読んでくださり、心よりお礼申し上げます。

著者としてたいへん励みになりました。
心より感謝申し上げます。

お礼の代わりと申したら恐縮ですが、
ご送付先をお教えいただければ、
拙著「大きなやかんは沸くのに時間がかかるから」をお贈りさせていただきます。

今後ともよろしくご指導ご鞭撻お願いいたします。

こちらこそ!

野崎美夫様
コメントありがとうございます!

ブログを書いていると、うれしいことはたくさんありますが、
なかでも著者のお方から直々にコメントを頂けることほどうれしいことはありません。
ありがとうございます!

本書、『きのうは変えられる』も送って頂いたというのに、さらにお誘いを頂けるなんて。
この感謝の気持ち、どのように表現すればいいのでしょうか。このご恩は、いずれ必ず!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。