スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本殿同入り】半分の月がのぼる空

【本殿同入り】半分の月がのぼる空  橋本紡  電撃文庫

半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)
(2003/10)
橋本 紡

商品詳細を見る

画像を見てもわかると思いますが、今までとはかなり異なるジャンルの本です。

正直、このブログに載せない方がいい気がしたりもするのですが、

なるべく僕が読んでいる本はすべて載せたいので、載せます。

別に隠すことでもありませんしね。

特に興味がない人は、華麗にスルーして下さい(汗)

ネタバレが入っているかもしれないので、お気をつけて。
今日の本、画像を見ても分かるとおり、ライトノベルと言われる本です。

以前、本屋さんでこのライトノベルがすごい
このライトノベルがすごい!2008このライトノベルがすごい!2008
(2007/11/21)
『このライトノベルがすごい!』編集部

商品詳細を見る

という本を立ち読みしたのですが、

その中に、連載が終わった本ですごい本(すごく曖昧です……)というようなランキングのなかに、

一位、西尾維新  戯言シリーズ
二位、橋本紡  半分の月がのぼる空

という記事があったような気がします。ものすごく曖昧です。、間違っていたらスイマセン。

一位の西尾維新さんの本は読む人によって評価がばっさりと分かれる本ですが、

僕はすごく好きで、すべて新品で購入しています。

これは貧乏学生の僕にとっては、かなり異例のことです。

それくらい好きだということですね。

だから、一位の結果は僕の中では当然としても、じゃあ二位の本ってどんなもんだろうと、そのときから心の片隅に残っていました。

そして偶然久しぶりに行った古本屋さんで半分の月がのぼる空1~5巻が売っていました。

もちろんすべて買いました(笑)


そしていま読んでいる、というわけです。


内容を紹介したいのですが、あらすじを書く能力の低さは自分でも自覚しているので、自重します。

代わりにアマゾンの商品紹介を。


いきなり入院した。僕にとってはちょっと早い冬休みみたいなもんだ。病院には同い年の里香って子がいた。彼女はわがままだった。まるで王女さまのようだった。でも、そんな里香のわがままは必然だったんだ…。里香は時々、黙り込む。砲台山をじっと見つめていたりする。僕がそばにいても完全無視だ。いつの日か、僕の手は彼女に届くんだろうか?彼女を望む場所につれていってあげられるんだろうか―?第4回電撃ゲーム小説大賞金賞受賞の橋本紡が贈る期待の新シリーズ第一弾、ついに登場。


という感じです。

あまり書きすぎるとネタバレになりそうで怖いのですが、大雑把に書くと

主人公は肝臓を痛めて入院中、そこで重い心臓病を患う里香に出会う……。

という感じです。


ただ一言いっておきたいです。

ライトノベルという名前ですが、恐ろしく重いです。

読み終わった後は、うはーって感じになります。

僕は小説を読むとき、かなり感情移入をしてしまう方なのですが、

痛いです。

心が痛いです。

心を無性にかきむしられます。

たとえば、そうですね、少し引用してみます。

入院したばかりでなにも知らないころ、東病棟に避いこんでしまったことがある。ぼーっと歩いていたら、どこからか泣き声が聞こえてきた。僕はなんにも考えず、興味本位でその泣き声へと近づいていった。もちろん心の準備なんてしてなかった。そして見てしまったのだ。廊下の隅で若い男と女が寄り添って泣いている姿を。女は薄い唇を噛みしめ、男のほうは女に向かって気丈そうになにか話しかけながら、それでも時折目を拭っていた。
なにがあったのか、どういうことだったの、それはわからない。
その直後、慌てて逃げだしてしまったからだ。
見てはいけないものを見てしまったと思った。
災厄なんて実は珍しくもなんともないのかもしれない。実際に触れることは滅多にない気がするけれど、あちこちに転がっているのだろう。
東病棟は、僕にそんなことを考えさせる。


ここにでてくる東病棟というのは重病用の病棟です。

以上の引用からもわかるように、この本を読んでいると

   「死」

ということについて否応なく考えてしまいます。

普段は見ないように見ないようにしていることを、この本は僕の目の前に差し出してきます。

そして、人生において本当に重要なことは「死」ということ以外には

ないんだろうな、と考えさせられる、そんな本です。


……ヤバい。後半暗すぎる。この書評を見たことで買いたくなくなってしまうかも。

でも、すごくオススメです。

Amazonの評価も高かったので、満足すると思いますよ。

半分の月がのぼる空、文句なく殿堂入りです。
関連記事
Clip to Evernote

Comment

おおおおっ

ミクシーでタイトルみてびっくりしたw

三井くんが好きだよ、そのラノベ。

ラノベ読めるなら、「イリヤの空」を推す(あれ?貸したことあったっけ?)
(多分)文句なく殿堂入りするだろうし、
読み終えた後は間違いなく鬱状態にしてくれるし、
喪失感に襲われて数日間何もやる気が起きなくなるよ(←大げさかもしれん)


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。