スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本社会】世界を変えた100日

【本社会】世界を変えた100日 写真がとらえた歴史の瞬間 ニック・ヤップ 日経ナショナル・ジオグラフィック社
世界を変えた100日 写真がとらえた歴史の瞬間世界を変えた100日 写真がとらえた歴史の瞬間
(2008/10/24)
ニック ヤップ

商品詳細を見る


世界観が変わります。

本書は税抜き2800円です。

一瞬高いように感じますが

非常に安い!

カラー写真が250枚以上掲載され

しっかりとした大きさで紙質も上質(そう)。

ともあれ、そのような外面的な要因で

安いと言っているわけではありません。


本書の内容の充実ぶりを見れば

誰もが唸るはず。


いままで優れた文章には

多く触れあってきたという自負がありますが

写真はほとんどと言っていいほどありませんでした。



うん、写真集、初体験が本書でよかった。

はまってしまいそうです。

ナショナル・ジオグラフィックにはまってしまいそうです。


それくらいインパクトがありました。


写真ってすごい。

ヴィジュアルってすごい。


文字とは違い

写真には問答無用の力がありますね。

有無を言わせないというか、

理性では対応できない力が写真にはあります。



文字だけでしか知らなかった歴史上の出来事が

すごく身近に感じられます。


そうか、歴史上の出来事と言っても

つい最近起こったことなんだ。

同じ人間の歴史なんだと

ごくごく当たり前のことを痛感しました。


具体的に紹介したいのですが

写真なのでどうしたものですかね。


まさか写真をアップするわけにもいかないので

心に残った写真についての情報を載せておきます。

結構あります。


1857.11.18 英国軍、籠城の地獄絵
 世界初の戦死者の写真。
 ・宮殿の前に無造作に転がっている頭蓋骨や骨はインパクトありすぎです。

1865.4.14 リンカーン大統領暗殺
 大統領暗殺の共犯者たちの処刑
 ・何が何だかわからなくなる

1871.3.18 パリ・コミューンの蜂起
 パリ、グランダルメ通り
 ・100年ちょっと前のパリはこんな感じだったのか。人間ってすごい。

1911.7.24 マチュピチュの発見
 インカの失われた都市、マチュピチュ
 ・はじめって見つけた人はどんな気持ちだったのだろう。

1930.4.5 ガンディーの塩の更新
 塩の行進を率いるガンディー
 ・写真家すごすぎ。なんていう場所から。

1940.9.7 ロンドン大空襲(ブリッツ)
 ドイツ軍の爆撃を耐えるセント・ポール大聖堂
 ・戦争の悲惨さが伝わります。地下鉄に避難し夜を過ごす人々を写した写真も。

1944.6.6 ノルマンディー上陸作戦
 上陸の日、夜明けのオマハ海岸
 ・ほんの65年前のことなんですね……。





この調子で書いていくと

まだまだ終わりそうにないのでこのあたりで。



写真家ってすごい。

あり得ないようなアングルからの写真がたくさんあります。


いのち賭けてるなー。


こんなものを見せつけられて

心が動かないわけがない!



いままでナショナル・ジオグラフィックと縁がなかった方

チャレンジしてみてください!
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。