スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【古典】クラシックの意味とは?

「悪かったな、クラシックなんて言っちまって」
「悪くない。クラシックというのは音楽家にとってどんな場合においても褒め言葉だ」
「そうか?クラシックって、古典って意味だろ?穿った見方をすりゃ、古臭いって言われているようなもんじゃねえか」
違うな。クラシックとは本来一級という意味だ。そのような作品が古典にしか存在しないから、それらがイコールで結ばれたに過ぎない
「へえ」

 (引用元:西尾維新著『零崎曲識の人間人間』)

クラシック【classic】
(もと「第一級の」の意)
(1)古典。古典的な名作。
(2)古典的。古雅なさま。「―な様式」
(3)西洋の古典音楽。

(引用元:広辞苑第六版)



古典はもっと評価されて然るべきだと思うのですが

どうでしょうか?


古典と聞くと、

「古臭い」

というイメージがしてしまうことはわかっています。


それでもあえて書くと

やっぱり古典はすごいです。



考えてみてください。

古典と呼ばれるのに何年かかると思いますか?


100年?200年?


いえいえ。

もっともっと長い期間生き残って初めて

「古典」と呼ばれるようになるのです。



そのあたりのすごさをもっと評価していきたいです。





2009年に出版される本で、

100年後まで残っていて、なおかつ読み継がれている本は

何冊あるでしょうか?




そう考えると、古典のすごさが分かります。








と、いうわけで

これからは「古典」と呼ばれる本にも

親しんでいこうと思います!



過去の偉人たちが残していってくれた

「知恵」に触れていきますよ!
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。