スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本自己投資】面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

【本自己投資】面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則 本田 直之 大和書房
面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則
(2009/01/15)
本田 直之

商品詳細を見る


本田直之さんの本はほとんどといっていいほど

読んでいるのですが、なかでもこの本は行動を促してくれる本です。

タイトルに「面倒くさがりや」とはいっているのも面白い!

ただ、ここで言われている「面倒くさがりや」は

世間でよく使われる「面倒くさがりや」とは大きく意味が違います。

普通、「面倒くさがりや」と聞くと

 ・やらなければいけないことをやらずに放ったらかし

 ・ダラけていそう

 ・なかなか行動しない

 ・何でも後回しにする

などということをイメージすると思います。

ろくなものではないですよね。




しかし、著者の本田直之さんは、冒頭で

そして実際、わたし自身が「究極の」面倒くさがりやです。


と書かれています。


これはどういうことなのでしょうか?






そうです。


ただの面倒くさがりやではありません。


「究極の」がついています。



この「究極の」がつく面倒くさがりやはひと味違います。


ものすごくまとめてしまうとこんな考え方です。

「面倒くさいから、あえて小さな問題をやっておく」という逆説的な考え方。


「面倒くさいから、面倒が起こらないように工夫する」




つまり、面倒くさいことは放っておくと

どんどん面倒くさくなってしまうから

大きくなる前に片づけてしまう、という

超積極的な「面倒くさがりや」です。



面倒くさがりやだからこそ、

面倒くさいことをさっさと終わらせてしまう。


これぞ、「究極の」面倒くさがりや!


従来の「面倒くさがりや」のイメージとはかけ離れていますよね。




本書では、面倒くさがりやを二つに分けています。


それは

・堕落型
  と
・先行型、変革型


従来の面倒くさがりやは、堕落型

本書で言われている面倒くさがりやは、先行型、変革型です。



僕は、「行動する」面倒くさがりやだと勝手に思っています。



さて、本書では具体的に

「どうすれば究極の面倒くさがりやになれるのか」

ということが55個書かれています。


本書では目次がチェックリストになっていて

どれだけ身につけることができたかを確認することができるのですが

現時点で、自信を持って大丈夫と言えるのは9個でした。


……道は長いです。



このままでは「究極の」面倒くさがりやには程遠いので

これから3週間をかけて5個ずつ身につけ行こうと思います。


今回身につけたい面倒くさがりやのための法則は

 ・面倒くさいからやる気を下げない

 ・面倒くさいから「できない」理由を考えない

 ・面倒くさいからがんばらない

 ・面倒くさいから体を動かす

 ・面倒くさいからモノを捨てる



これについてひとつひとつ書いていくと

キリがないので、このあたりで。


なぜ、「面倒くさいから」なのかわからない法則もあると思いますが

気になった方は本書でご確認を!ということで。



行動を促してくれる本はありがたいですよね。


存分に実践していこうと思います。



せっかくご自身のノウハウを公開してくれているんです。


実践しなければ、失礼ってもんでしょ!!
関連記事
Clip to Evernote

Comment

面倒だから、ブログをいくつも書かずに資格の勉強をする 面倒だからビジネス書を何冊も読まずに資格の勉強をする 面倒だから宗教の勉強をせずに資格の勉強をする???

お名前がないので何と書けばよいのかわかりませんが
コメントありがとうございます!

うーん、どちらかというと逆ですね。面倒だから資格試験の勉強だけではなく、ブログを書く、ビジネス書を読む、ですかね。
短期的に考えると確かに資格試験だけに集中していくのがよいとは思いますが、いまは資格試験の勉強を含め、知識を広めようと考えています。
大学自体にいろいろとあって、視野が狭くなってしまっていたので…。
宗教の勉強は面倒くさいから、ではなく、よりよく生きたいからです。これは効率化ではとらえきれないですよ。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。