スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本古典】孫子

【本古典】新訂 孫子 金谷 治 岩波文庫
新訂 孫子 (岩波文庫)新訂 孫子 (岩波文庫)
(2000/04)
金谷 治

商品詳細を見る


言わずと知れた名著です。

兵法書、といえば「孫子」ですよね!

そんな孫子を読んでみました。

孫子を解説している本は読んだことがあるのですが

うん、まずはこちらをオススメします。


読むのに時間がかかりますが

いろいろな気づきを得ることができると思いますよ!



本書は、読む人によって読みどころが全然違うと思います。


だからこそ、変に解説本を読まずに

まっさらな状態で読んで欲しいな、という気持ちがあります。

解説本にはその解説している人の考えが

ものすごく反映されてしまうので。



今回読んでみて、

 「短期決戦」

 「戦わずして勝つ」

ということが、くどいほど書かれているのが心に残っています。

兵法書なのに意外です。



全編を通しての感想ですが

かなり想像とは違いました。

もっと具体的な内容なのかと思っていましたが
 (たとえば陣形の名前が出てくる、とかこの陣形にはこう戦え、というような)

そんなことはありませんでした。


それよりは

もっと普遍的な内容です。

そう、言うなればこれは原理原則本ですね。


経営者に愛読している方が多いのもうなずけます。


そのまま使えそうな箇所が山ほどありました。




さて、それでは引用です。

特によかった文章を厳選しました。


今回はあえて口語訳を載せていませんので

どういう意味なのかを想像しながら楽しんでください!


夫れ未だ戦わずして廟算(びょうさん)して勝つ者は、算を得ること多ければなり。未だ戦わずして廟算して勝たざる者は、算を得ること少なければなり。算多きは勝ち、算少なきは勝たず。而るを況や算なきに於いてをや。吾れ此れを以てこれを観るに、勝負見(あら)わる。  (計篇 四)



孫子曰わく、凡そ用兵の法は、
国を全うするを上と為し、国を破るはこれに次ぐ。
軍を全うするを上となし、軍を破るはこれに次ぐ。
旅を全うするを上となし、旅を破るはこれに次ぐ。
卒を全うするを上となし、卒を破るはこれに次ぐ。
伍を全うするを上となし、伍を破るはこれに次ぐ。
是の故に百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり。戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。
(謀攻篇 一)



是の故に、智者の慮は必らず利害に雑(まじ)う。利に雑りて而(すなわ)ち務め信なるべきなり。害に雑りて而ち患い解くべきなり。  (九地篇 四)



故に用兵の法は、其の来たらざらるを恃(たの)むこと無く、吾れの以て待つ有ることを恃むなり。其の攻めざるを恃むこと無く、吾が攻むべからざる所あるを恃むなり。 (九地篇 六)




いかがでしたか?

なんとなく、意味をとらえることできましたか?


もしできたのなら、すごいです!

そのまま読み下し文に挑戦してみてください!


そして、さっぱりだったよ、という方、

僕もでした(笑)。

口語訳がないと難しいですよね。



じつはウェブ上には「孫子」を全文公開しているサイトがあるんですね。

そちらに読み下し文、口語訳も載せられていたので探してみてください!

僕は本で読むほうをオススメしますが

ネットでも同じものが読めます。





いろいろと探していると、こんなものを見つけました。

孫子の兵法DS ~あなたのビジネス戦略偏差値をアップさせる~孫子の兵法DS ~あなたのビジネス戦略偏差値をアップさせる~
(2009/06/04)
Nintendo DS

商品詳細を見る


「孫子」。

ついにゲームの世界にまで……!
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。