スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本自己投資】読書進化論

【本自己投資】読書進化論?人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか? 勝間 和代 小学館新書
読書進化論?人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか? (小学館101新書)読書進化論?人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか? (小学館101新書)
(2008/10/01)
勝間 和代

商品詳細を見る


読書方法のノウハウ本ではありません。

もっと大きな次元での「読書」についての方法です。

ウェブと本をどう利用するか。

本を出版するとはどういうことか。


勝間さんの本を読んだことがない人だと

意味が分からない箇所が多いんじゃないかな、と思いました。


俗に言う、カツマー向けの本ですね。


というよりもすごくターゲットを絞っている気がします。

本書を読んで面白いと思うのは

著者の方、著者を目指されている方、

出版関係の方、勝間本好きの方、読書好きの方ですかね。


僕は読書好きの部類に入る(と思う)ので
本にまつわるいろいろな話を知ることができて面白かったですよ。



さて
本書を読んで考えさせられたのが

「インターネットが発達した現代で
本という媒体をどのように利用していくのか」

ということ。

これはひとりひとり違うと思いますが、
僕はウェブで広く、本で深く、という今まで通りのスタンスで行きます。

少しウェブの比率を減らそうかな、とも思いました。



また万人向けの読書法がないということも再確認。

一口に読書といっても
そのレベルはさまざまです。



だいたい読書法の本を出版されるほどの方は
読書レベルすごく高いハズなんですよ。

そんな読書レベル80くらいのお方のノウハウを教えてもらったとしても
読書レベル5の人にとって何の意味があるんだ、っていう話です。


……はい、すごく感覚的なことを書きました。

書いてて「何書いてるんだろう?」って思いました。





……そんな読書レベルについて本書では

このように書かれています。

初級:緩急つけずに最初から最後まで
中級:目次などから構造を把握。自分のペースで
上級:必要部分をスキャニング
 自分の読書レベルに合った読み方がある


このような段階に分けられています。


少し話は変わりますが

 読書スピード

ってなんでしょう?


なかなか本を読むことができない理由として

「本を読むスピードが遅いから」

ということをよく耳にしますが

本末転倒もはなはだしいと思っています。


僕の中では、

読書スピード=知識量

です。


これは実体験からもそう思います。

以前に紹介した「孫子」を読むときは

ものすごく時間がかかりました。(体感的にも時間的にも)


しかし本書は二回読んで

二時間ちょっとです。(時間的に)


文字数にすれば「孫子」のほうが圧倒的に少ないにもかかわらず、です。


なぜこのような違いが生まれるのかというと、
単純に知識量の違いだと思うのです。


勝間さんの本はたくさん読んでいますし
読書法の本もいろいろと読みました。


しかし、「孫子」のような古典を読んだことは
ほとんどありません。


上記の引用でいうなら

読書法についての本はある程度

上級の読み方をしますが

古典については絶対に初級の読み方になってしまいます。




それで、さきほどの
なかなか本を読むことができない理由として

「本を読むスピードが遅いから」

があげられるのはおかしい、という話に戻します。


そもそも読書をあまりしていない人が
読書スピードが速いっていうのはそれだけですごいことなんです。

そんな人はごく一部の人だけで
普段読書をしていない人の読書スピードは
普通は遅いものだと思います。



そこを勘違いしているから
なかなか読書をしようと思わないのかなぁ、と思います。


僕は周りと比べてあまり要領がよいほうではないので
何をするにしても他の人より時間がかかってしまいます。

なので、読書スピードが遅い、ということを
意識せずに今までこれたのが結果的によかったのかな、と思ったりもしました。


読書スピードを上げたければ
同じジャンルの本を10冊、20冊一気に読む。

これが、ぼってぃー流読書術です!!



……といっても、読書スピードなんて
本当はあまり意味ないんですけどね。




気を取り直して次の引用行きます。

ただ、読書というのは、私たちのさまざまなメディアの使い方の中で、主要な情報源のひとつとして位置づけるべきであって、「読書原理教」や「読書絶対主義」になってはいけないと思っています。


これは読んでいてハッとしました。

読書は大切ですが
それはあくまで主要な情報源のひとつ。


過大評価をしすぎない。

ましてや「読書原理教」になるなんてもってのほかです。


「これしかない」

「絶対に正しい」

という考えがどれほど危険なものなのか

身をもって体験したことがあるのでこれは肝に銘じておきます。





以上で今回は終わりです。

最後に本書で紹介されていた本の中で

近いうちに読もうと思う本をあげておきますね。

銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
(2000/09)
ジャレド ダイアモンド

商品詳細を見る


リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)リスク〈上〉―神々への反逆 (日経ビジネス人文庫)
(2001/08)
ピーター バーンスタイン

商品詳細を見る



それでは!
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。