スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本自己投資】嘘つきは社長のはじまり。

【本自己投資】嘘つきは社長の始まり。 安田 佳生 サンマーク文庫
嘘つきは社長の始まり (サンマーク文庫 B- 113)嘘つきは社長の始まり (サンマーク文庫 B- 113)
(2008/09/17)
安田 佳生

商品詳細を見る


以前に安田佳夫さんの『千円札は拾うな。』を紹介しました。

記事はこちら:http://botty1.blog64.fc2.com/blog-entry-329.html

『千円札は拾うな。』からは、かなり大きな影響を受けたのですが
本書からもそれに負けず劣らずの衝撃を受けました。

本書は『下を向いて生きよう。』の文庫版ですが
元々のタイトルのほうが内容をよくあらわしています。

『千円札は拾うな。』は
厳しくも優しい本と言えると思うのですが

本書『嘘つきは社長のはじまり。』は
優しくも厳しい本だと思いました。


言葉の表面だけを読めば、すごく優しいのですが
その前提、奥にあるものはとても厳しいものがあります。

さきほど、元々のタイトルが
『下を向いて生きよう』だと書きましたが
本書の内容はまさにその通り。


幸せに生きたければ
上ばかり見ず、下を向いて生きなさいよ、というメッセージです。

人間は物事を理解するときに
どうしても比較しようとするんですよね。

比較して理解しようとします。


これは、どうしようもない人間の"性"だと思います。


なので

「自分が幸せかどうか」

と考えたとき、

問題になってくるのは

「誰と比べるのか」

ということ。


極端な例ですが

今まさにいのちが尽きようとしている人と自分を比べれば

「なんて恵まれているんだ。幸せだな」

と思うはずですし、


大学在学中に税理士試験合格! しかも両親は税理士!
なんて話を聞くと

「あれ、僕って……」

となってしまいます。
(本当に極端ですが)



これ、人間なら仕方がないと思うんですよね。

誰でもしてしまうと思います。


あ、蛇足かも知れませんが
ここでいう"幸せ"とは「世間一般でいわれている幸せ」についてです。

他人と比較することによって得られる相対的な幸せです。

絶対的な幸せについての話ではありません。

絶対的な幸せ、についての話になると
それはもう宗教の世界なのでここでは取り上げていません。


世間一般でいわれる幸せは
だいたい相対的な幸せだと思うので
『下を向いて生きよう』は本当にその通りだと思います。



下を向いて生きることで、幸福感、満足感を味わう。

こういう話を聞くと

「そんなことではいけない!」

と思われる方がいるハズ…。


そういう方こそ、
意識して「下を向く」必要があります。

なぜなら、上には上がいて
「もうこれ以上はない」
と思えるような高みは存在しないから。


僕にとって、「満足」はとても大事です。

しかし、上だけを見ていては、いつまでたっても
埋まらない距離に愕然としてしまうかもしれません。

どれだけ努力しても、まだまだ上がいる以上、
「満足」はなかなか得難いと思います。


もちろん、そうした向上心は非常に大切なのですが

下を向いて
「なかなか自分もがんばっているじゃないか」
と思う時間もやはり大事。


結局のところ、バランスの問題に行き着くんだと思います。

上だけを見ていては、大事なものを見落とすかもしれません。

下だけを見ていれば、進歩はないのかもしれません。


そうは言っても
どうしても「下を向く」ことができないという方は

「下」=「過去の自分」

と置き換えるといいかもしれません。


それならば、向上心を失うことなしに満足をすることが出来ると思います。

たとえ大きな挫折をしてしまい、社会的な地位を失ってしまったとしても
「経験」という面では、比較にならないほど成長しているでしょうし。


人間の性質上、比較して幸せをはかるのは
ある意味仕方がないことです。

だからこそ、ときには下を向く必要があると思います。


念のために書いておきますが、
下を向いて満足している姿を他人には見せないでくださいね。

おそらくかなりみっともなく映ってしまうと思いますので。


しっかし、著書でそうした主張を堂々と出来るあたり
安田佳夫さんは、普通の人とは立ち位置が違うことがよくわかりました。
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。