スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本伝記】MICHAEL 1958-2009

【本伝記】MICHAEL 1958-2009 ライフ誌特別編集 マイケル・ジャクソン追悼 ディスカヴァー・トゥエンティワン
LIFE MICHAEL 1958-2009 ライフ誌特別編集 マイケル・ジャクソン追悼LIFE MICHAEL 1958-2009 ライフ誌特別編集 マイケル・ジャクソン追悼
(2009/08/05)
ライフ誌

商品詳細を見る


偉大すぎるエンターテイナー。

マイケル・ジャクソン。

今まであまり知らなかったので
すごく興味がありました。

写真には、絶対の自信がある。本書は、20世紀に2人か、3、4人しかいないほど"独創的なアメリカのエンターテイナー"のひとりであり、20世紀に2、3人しかいない。"文化や社会を変えた人物"のひとりマイケル・ジャクソンの、写真による「人生の記録」である。


素晴らしいです。


マイケル・ジャクソン。


今も、昔も、これからも。

日本人で彼に太刀打ちできる人は出てこないだろうなぁ。


というか、21世紀に彼のような存在が生まれることはないのでしょう。


本書を読んでいて思ったのは

「次元が違う」

です。


うん。違いすぎる。



あとは、そうですね。

大きすぎる成功には

大きすぎる代償が待っています。


特に小さいころから成功してしまうと

その代償は重いものとなりますね。


有名になるということは

名誉や称賛を与えられると同時に

非難や嫉妬の対象となることがよくわかります。


マイケル・ジャクソンは幸せだったのかな…
なんていう感傷的な気持ちになってしまいます。



ともあれ、傑出し過ぎたスーパースターだということは
よくわかりました。

社会に与えた影響の大きさを考えれば
まさしく「the King of Pop」ですね。

関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。