スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本社会】4コマ哲学教室

【本社会】4コマ哲学教室 南部 ヤスヒロ 相原 コージ イースト・プレス
4コマ哲学教室4コマ哲学教室
(2006/04)
南部 ヤスヒロ相原 コージ

商品詳細を見る


人はなぜ生きるのか?


これが本書のメインテーマです。

この問いに対し様々な答えを主人公、浩が出し
それをブタ公が崩す、という形式です。

主人公が出す答えの中に
おおよそのパターンは押さえられているのではないでしょうか。




あ、一応書いておきますが、本書には

「答え」

は書かれていません。


なぜなら

哲学とは答えを見つけることに意義があるわけではなく、考えることに意義があるのだと思います。

だから。


そもそも「人はなぜ生きるのか」という問いに対して
哲学は答えることができないと思っています。個人的に。


その問いに答えることができるのは宗教だけ、
なのではないでしょうか。


ではなぜ哲学の世界で
「人はなぜ生きるのか?」
という問いを扱っているのか。

それは、おかしな方向に行かないため、なのだと思います。


世に知られる哲学者の中に
敬虔なキリスト教徒や神父、牧師が多いのもそのためなのかな、と。

実際どうなのかは分かりませんが。。




ではでは、引用を。
おもしろい解答だな―、と思った文章を抜き出しますね。

浩の「幸せになるために生きているんだよ」という答えに対するブタ公の崩し。

ブタ公「幸せなんて相対的な価値にすぎないよ。10円拾って幸せな人もいれば大金持ちで…」
浩「違う違うよ、ブタ公。俺が言ってんのはそんな俗な幸せのことじゃなくて『絶対的な幸せ』のことなんだ」
ブタ公「絶対的な幸せなんてないよ。それは単に脳内麻薬物質があふれてラリってるだけだよ。そんな幸せLSD一発で手に入るよ」



おぉ。文章にすると重い…。

だから4コマ漫画を使っているんだ。

「そうだ、そうだ」とは思いませんが
「なるほどなー」と思ったので、引用させていただきました!





「人はなぜ生きるのか?」

青臭い問いかも知れませんが

確固たる答えを持っている人は

何人いるかな。日本人の中で。



しっかりと向き合いたいですね。

ただ、思い詰めて悪徳な宗教にはまってしまうと問題ですが。。。
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。