スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本社会】ドラッカーの予言 日本は、よみがえる

【本自己投資】日本は、よみがえる―ドラッカーの予言 望月 護 祥伝社
日本は、よみがえる―ドラッカーの予言 (祥伝社黄金文庫)日本は、よみがえる―ドラッカーの予言 (祥伝社黄金文庫)
(2003/07)
望月 護竹村 健一

商品詳細を見る

ドラッカーの本、驚くほど時間がかかります。

読んでは考え、考えては読み…。

読み進めてはいるのですが、読み終わるのにはまだまだ時間がかかりそうです。


話は変わって本屋さん。

出先で本のストックがなくなったので
軽くて財布にも優しい文庫本コーナーを見ていたときに

目に飛び込んできたのが本書です。

ドラッカーの本を読み進める上で、一助にでもなればと思い
購入しましたが、とんでもない。

すごくおもしろかったです!


ドラッカーの言葉の解説にとどまらず

現在の社会状況、日本の企業、日本人経営者…。


ドラッカーの言葉を骨子にはしていますが
その内容は多岐にわたり

ドラッカーの思想を理解するのみならず
どのようにして活かしていくのかまで書かれています。

300ページを超えるボリュームですし、これはお買い得です。


様々なテーマについて触れられているので
どこを引用しようか迷ってしまいます。

では引用を!

今日、日本の中では、悲観論が蔓延しています。しかし日本の外から見ますと、悲観すべき根拠は、あまり見つかりません。
 (『挑戦の時』1995年)


まずはドラッカーの言葉です。

1995年の日本は「失われた10年」とよばれる時期のまっただ中ですよね。

いまと同じように悲観論が蔓延っていたんだと思います。
…僕は全然覚えていませんが(汗)。

それなのにドラッカーは悲観すべき根拠はあまり見つからない、と言っています。

日本人とドラッカー、どちらが正しかったんだろう?


日本人は悲観論が好きなのかな。

100年に一度の経済危機、と言われていますが、
世界大恐慌から100年経っていませんし。

昔の本を読んでいると、石油危機のころも
100年に一度の危機、と書かれていますし。


仮に悲観すべき根拠しか見つからなかったとしても
希望を語っていきたいですね。



ドラッカーの先見性を示す示す材料は限りなく多い。すなわち、
・「経営管理(マネジメント)」
・「国有企業の民営化」
・「目標管理」
・「事業部制(日本には「事業部制」として導入されたが、本来の意味は「カンパニー制」に近い)」
・「分権化」
・「アウトソーシング(外部委託)」
・「コアコンピタンス経営(卓越した本業を中核とした経営)」
・「ABC会計(活動基準会計)」
これらは今日では当たり前に通用しているが、すべてドラッカーが体系化、もしくは発明したアイデアなのである。

今後、学んでいく上での参考のために。


「うそでしょ!?」と素直に思います。

こんなに重要なことをひとりで生み出してきたの?

ジャンルが違うものもたくさんありますよ?


ドラッカーを褒めちぎる方は数多くいますが、納得です。

これだけ多くのことを成し遂げていたんですね。


やはり読むべきですね。ドラッカーの本は。

というか、読みたい!

まだ実現していないアイデアがたくさんありそうです!



基本的な経済資源、すなわち経済用語で言うところの「生産手段」は、もはや、資本でも、天然資源(経済学の「土地」)でも、「労働」でもない。それは知識となる。
 (『ポスト資本主義社会』 1993年)


本当に至言ですよね。

歴史を振り返ってみても
知識を握った人が成功したのは目に見えています。

そうは言っても、昔は
いくら知識があったとしても大資本にはかなわない、
という面がありましたが

いまは違います。

本当に優れた知識があれば
いわゆる資本がなくても大きなことができます。

大きな資本をもたない個人にも
チャンスが巡ってくる時代ですね。

素晴らしいです。







本書は、これが読みたい、と思って購入した本ではなく
たまたま目に飛び込んできたので購入したのですが、大満足です。

ドラッカーの本を読みたい気持ちがさらに高まりました。

ドラッカーの言葉を引用したので
解説を引用できていませんが、すごくいいですよ。

ドラッカーは読みたいけど、難しくて挫折しちゃった、という方に特にオススメです!
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。