スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本古典】ベートーヴェンの生涯

【本古典】ベートーヴェンの生涯  ロマン・ロラン 岩波文庫
ベートーヴェンの生涯 (岩波文庫)ベートーヴェンの生涯 (岩波文庫)
(1965/01)
ロマン・ロラン

商品詳細を見る


ほんと、偉大だ。

ベートーヴェン。

彼がクラシックの世界でどれほどの影響を与えたのか、なんてことは
クラシックの素養がない僕には分かりませんが

それでも本書を読めばこれだけは分かります。

ベートーヴェンは、偉大だ。

ベートーヴェンの生涯を見ていったとき、
人は何を感じるのでしょうか。

僕から見たベートーヴェンは悲劇の人、でした。


耳の病気、だけに限らず、人間関係、貧しい生活などなど
彼がいかに苦しい生活を強いられ、うちのめされてきたかは、

ハイリゲンシュタットの遺書や彼の遺した手紙を読めば明らかです。


しかし、人々がベートーヴェンを語るとき、かわいそうな人、という見方は一切なされません。

困難な人生に立ち向かった、
たくましい
雄々しい
不朽の名作を作曲した
素晴らしい音楽家

そんなイメージだと思います。


まず、この事実がすごい。

同じ人間とは思えませんよ、本当に。


しかし、彼の遺した手紙を読めば
彼も生きた人間であり、病気に翻弄され、
希望を何もかも失って、絶望の底でもがいていたことが伝わってきます。

そしてそれが彼の偉大さを貶めるということは決してないんですよね。

むしろ、より偉大さが際立っています。


僕がこの先、どれだけの不幸に見舞われたとしても
ベートーヴェンより苦しい状況に陥ることなんてあり得ない。


彼はなぜこんなにもたくましいのだろう?

そして、なぜ偉業を達成することができたのだろう?


ものすごく惹きつけられます。



では引用を。

この文章はロマン・ロランの『ベートーヴェンの生涯』の最後の文章です。

少し長く引用しますが、本書でいちばん好きな文章です。

味わってください。




それでは、どうぞ!



どんな勝利がこの勝利に比肩し得るだろうか?ボナパルトのどの勝利、アウステルリッツのどの赫々たる日がこの光栄に――かつて「精神(エスプリ)」が果し得たもっとも輝かしい光栄、この超人的努力とこの勝利との光栄に匹敵し得るだろうか?不幸な貧しい病身な孤独な一人の人間、まるで悩みそのもののような人間、世の中から歓喜を拒まれたその人間が自ら歓喜を造り出す――それを世界に贈りものとするために。彼は自分の不幸を用いて歓喜を鍛え出す。そのことを彼は次の誇らしい言葉によって表現したが、この言葉の中には彼の生涯が煮つめられており、またこれは、雄々しい彼の魂全体にとっての金言でもあった――

『悩みをつき抜けて歓喜に至れ!』
Durch Leiden Freude.

関連記事
Clip to Evernote

Comment

おお!ベートーベン!!

ぼってぃーさん、ありがとうございます!
クラシック大好き男の私は、この記事を食い入るように読んでしまいました!!
ベートベンのCDはたくさん持っていますが、ベートーベンの音楽って、なんていうか、モーツァルトのようにBGMで流して聞くってできないんですよ。
そのスケールの大きさに圧倒されて、飲み込まれてしまって、流せないんです。私の場合・・。
ベートーベンを聴くときは、密閉型のヘッドホンで雑音を遮断し、部屋を真っ暗にしてその世界に浸るのが、私のこの上ない至福の時間なのです。
特にピアノ協奏曲1番~4番がおすすめ。機会があったら、ぜひ聴いてみてくださいね!

クラシック

ビジネス太郎さん
コメントありがとうございます!

僕はクラシックの世界がよくわからないのですが…。ビジネス太郎さんがいかにクラシックを大好きかがコメントを読んでいても伝わってきました。
ベートーベンの音楽、それほどまでなのですか…!

クラシックの世界って、入るのが難しく感じています。指揮者だとか、どこのオーケストラだとか、誰の作曲だとか。
いまも「クラシック100」だったかの曲をiPodに入れてきいていますが、はたしてこれはクラシックを味わっているのだろうかと疑問に思っていました。

ビジネス太郎さんのベートーベンの聴き方は、クラシックの世界をものすごく楽しんでいるように見えて、うらやましいです。

ピアノ協奏曲1番~4番ですね!オススメをお聞きしたいと思っていたのですが、まさか先回りして教えてくれるとは!
探してみます!!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。