スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本自己投資】すごい会議

【本自己投資】すごい会議 短期間で会社が劇的に変わる! 大橋 禅太郎 大和書房
すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!
(2005/05/18)
大橋 禅太郎

商品詳細を見る

大学時代に読みました。

当時ものすごく衝撃を受けたのを覚えています。

でも、なにに衝撃を受けたのかあらためて読み返すまで忘れていました。

僕が常日頃から思っていることは、本書に書かれていることが
元となっていたんだ!



ちなみに「すごい会議」をやってみたくなり
実際にやってみようと動いていたことがあります。


結局、ものすごく準備が大変なのと
よほどの能力を持った人が司会を務めないと
できないとわかってしまったので実現にはこぎ着けなかったのですが……。


本書に書かれている「すごい会議」。

いつか実践してみたいという野望はいまも持っています。



冒頭に書いた、衝撃を受けた二つのこと。

それぞれ書いてみようと思います。


まず一つめ。

さて、それぞれが、問題や懸念を一人ずつ発表するのだが、ハワードは発表するたびに、
では、それを『どのようにすれば~~か?』の疑問文に言い換えてくれ
と言った。


衝撃でした。

なんて前向きな言葉なんだろう。


たとえば、

「なかなか勉強が進まないよー」

ではただの愚痴ですが

「どのようにすれば勉強が進むか?」

というように換えるだけで、すごく前向きになれます。


だいたいにおいて悩むだけでは行動に結びつきません。

でも、その悩みを

「どうすれば~~か?」

に換えるだけで、驚くほどいろいろなことが思いつくんですね。


この方法を知って以来、愚痴を言いたくなったときは
頭の中で言い換えるようにしています。

どこで読んだのか長らく謎だったのですが、
まさか「すごい会議」に書かれていたとは……。



ではふたつめ。

いままでと違うかたちなので違和感がある。それで、あれやこれや「それじゃあうまくいかない」的発言をしていると、ハワードは、
では、おまえの提案は何だ?
と聞いてくる。
つまり、うまくいかない理由を指摘するときは、代替案を提示しろというわけだ


これにも衝撃を受けました。

批判をするときは、代替案を提示しなければいけないんだ。

これを知って以来、うかつに批判することができなくなりました。

「あれは○○がいけないんだ」
ということは簡単なんです。

ただ言うだけでいいですから。


でも代替案を出すとなれば、話は違ってきます。

まず、わざわざ代替案を考えてまで批判する必要があるのか?

そして、代替案を出したからには責任が伴う、ということです。

それに批判をするために代替案を考えていると
批判をしようとしていた対象が、なかなかうまく考えられていることにも気づきます。


「そんなことはできっこない」

ということは簡単です。

でもそれ、代替案を出していませんよね?


できないから「やらない」という代替案を出した場合、

やらなかったことに対する責任を引き受ける覚悟はありますよね?


「うまくいかない理由を指摘するときは、代替案を提示しろ」

素晴らしい教えです。

意識するだけでずいぶんと成長が早まりそうです。






僕が衝撃を受けた二つのことについて書きましたが
これ、すごい会議の、あくまで一部分でしかないんですよね。

どんだけすごいんだ。すごい会議。

会議に憧れる、というのもおかしな話ですが
憧れています!
関連記事
Clip to Evernote

Comment

すごい会議

>「うまくいかない理由を指摘するときは、代替案を提示しろ」

確かに、そう言いたいときってありますよね。
会議とかでは特に(笑)

私も注意しよう・・・汗

鹿田尚樹さん
コメントありがとうございます!

会議って大変そうですよね。
僕はいわゆる「会議」に出たことはないのですが…。

なので主に自分に言い聞かせています!うまくいかない理由をいくら考えても、前には進めませんよね!

これを読んで実際にやろうとした上司が会議で大失敗して部下からひんしゅくを買っていたのを思い出しました。
生半可な実力ではダメなんですよね。
真似ができない本に問題があったのか、能力のない上司に問題があったのかはわかりませんが、ビジネス書のような実用書に本に乗せられすぎるのも危ないなっていうのは感じました。
要は使う人次第なんですけどね。

macさん
コメントありがとうございます!

おぉっ……。上司の方、つらいですね…。
これはよほど人望が厚くてリーダーシップを発揮できるひとか、もしくは嫌われ役を演じる覚悟があるひと以外はできないですよね。
結構聞きづらい質問もたくさんありましたし…。
真剣にやろうとすれば外部からコンサルタントを呼び入れるくらいのことはしないといけないのでしょうね。

個人的には本に書いている内容を実行に移した上司の方はすごいと思うのですが、周りを巻き込むときは……。
簡単な気持ちでやってはいけないんですね。
たとえ本に書いてあったとしても、実行した段階でそのひとの責任ですもんね。
…勉強になりましたっ!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。