スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本社会】16歳の教科書2

【本社会】ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書2  「勉強」と「仕事」はどこでつながるのか 講談社
ドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書2 「勉強」と「仕事」はどこでつながるのかドラゴン桜公式副読本 16歳の教科書2 「勉強」と「仕事」はどこでつながるのか
(2009/06/26)
6人の特別講義プロジェクトモーニング編集部

商品詳細を見る

16歳の教科書。第2作目。

ぜひともシリーズ化してほしいですね。

なんといったって面白い!

16歳に向けた、直球のメッセージ。

16歳の時にこんな本を読んでいたら、
人生変わっていたんだろうなぁ。



16歳って、体も成長して自己意識も肥大化していくむずかしい時期じゃないですか。

そんなとき、本書のような本に出会えると
ものすごくいい影響を受けるんだと思います。


それぞれの分野で卓越した結果を出している
カッコイイ大人が直接教えてくれるわけですから。

しかも飾った言葉ではなく、ご自身の経験を
ざっくばらんに話してくれる。


こういうことって、ある程度評価が確立しているひとにしかできないと思うんですよね。

そういうひとって、あまり周りにいないじゃないですか。
残念ながら。

やっぱり、たとえ本の中であったとしても
カッコイイ大人と出会えることは子供にとってはものすごく有意義なことです。


というわけで、「16歳の教科書」オススメです。

僕は前作にかなり感動しまして
思わず家庭教師先の生徒に配りましたから。

「とりあえず読め。読めばわかる」という感じで。



では、本書の内容へ。

本書のなかで、特に目からウロコが落ちたのは
鏡リュウジさんのお話。

正直、「占星術研究家」という肩書きから
ものすごく色眼鏡をかけて読み始めたのですが…

勘違いでした。


めちゃくちゃ勉強になりました。

そうか…。こんな占星術研究家というあり方があるんだ…!


先入観で勝手に判断してしまう危険性を
再度、認識しました。

勝手な偏見で知らずにいるのは、あまりにもったいない。


まず感銘を受けたところ。

それは「占いは占い」ということをはっきりとさせているところです。

この仕事をやっていると、それこそ毎日のように「占いなんかインチキだ」と言われます。とくにある程度以上の年齢になった男性には、その傾向が強いようです。
なぜインチキ扱いされるのか?
一言でいうと、科学的ではないから。
当たり前のことですが、占いには科学的な裏づけなんてありません。「迷信だ」と言われたらそれまでの話なんです。


占星術研究家の方が、このように
占いのことを、ある種突き放した感じで話しているところが素直にすごいと思えました。

えせ占い師やえせ宗教家って、なんだか必死じゃないですか。

自説を主張するのに。



そして、さらにすごいと感じるところは
「科学」と「占い」を峻別しているところ。

鏡さんは「クールな科学」と「ウェットな占い」と呼んでいますが、
この二つを混ぜてしまうことがいかに問題かをはっきりと書いています。

科学的ではないものを、あたかも科学的なものであるかのように語る。これを「疑似科学」といいます。
効果の怪しいダイエット法や健康法、あるいはスピリチュアルなんとかみたいなものまで、疑似科学として思えないものって、世の中にたくさんありますよね。
クールなものとウェットなものは「まぜるな危険!」が大原則です。
占いは、絶対に科学などではない。
ある意味では劇薬なので、安易に科学とまぜちゃいけない。むしろ科学的ではないところ、ウェットなところにこそ、占いならではの存在意義があるんです。



ここですね。ここにいちばん衝撃を受けました。

科学と占いを、はっきりと切り離すだけではなく
科学的ではないところに占いの存在意義があると言い切ります。

すごい。


ここで鏡さんは占いと科学の関係について話されています。

しかし、宗教と科学を結びつけようするひとたちもいます。


なぜだかわからないのですがカルトと呼ばれる宗教団体では

「自分たちの宗教は科学的だ」

ということを声高に主張しているケースが多々あります。


哲学やら科学やらといったものと結びつけて
自分たちの教えが正しいことを主張するんですね。


……でもそれ、違いますよね。

宗教と占いなので違うとは思いますが

少なくとも僕は、宗教を科学という尺度で測るというのは
全く意味がないことだと思います。

まぜてはいけないことだと思っています。



疑似科学がよく問題になっていますが
僕たちは科学との向き合い方、占いとの向き合い方が苦手なのかもしれませんね。

どのような距離感で接すればいいのかわからない、とでも言いますか。


僕自身、どのように接すればいいのかわからなくなっていたので
鏡リュウジさんのお話はすごく勉強になりました。


……なんだか鏡さんにしか触れることができませんでしたが
6人が6人とも、お話が非常におもしろい。

キャッチコピーに
大人が読むと悔しくなる!!
とあります。

一緒に悔しがりましょう!(笑)
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。