スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本小説】アムステルダム・ランチボックス

【本小説】アムステルダム・ランチボックス 志羽竜一 メディア・ファクトリー
アムステルダム・ランチボックス (ダ・ヴィンチブックス)アムステルダム・ランチボックス (ダ・ヴィンチブックス)
(2008/06/04)
志羽竜一

商品詳細を見る

びびりました。

これは、いい。

世の中には何でこんなにも才能あふれる方が多いんだろう。

うれしいし、くやしいです。

僕には、こんなもの書けない。

ビジネス書をある程度読むようになってから
ある程度の期待値をもって読むようになりました。

「この本はこれくらいかな?」

「この著者ならこれくらいすごいことが書いてあるんじゃないか?」

という感じです。


大きく外すことは少なくなりました。

ビジネス書を読むのになれても意味がないのですが
毎日コツコツと読んでいるとこんなところでも効果が現れるようです。


しかし、小説はまったくわかりません。

いちど読んだことがある著者の作品は
何となく予想がつくじゃないですか。

村上春樹さんならこんな感じ。

伊坂幸太郎さんならこんな感じ。

西尾維新さんならこんな感じ……。


でも初めての本はまったくわかりません。

ビジネス書は著者の経歴や本のタイトル、説明、目次など
判断材料がたくさんあるのですが

小説にはそれがない。


なので初めての著者のときは
すこし尻込みをしてしまうというか

読むのに力がいるんです。

面白くない小説を読んでしまったときって
つらいじゃないですか。

中途半端に読んでしまうと最後まで読んでおかないと
気になりますし。



さて、そろそろ本書「アムステルダム・ランチボックス」へ。

正直なところ、なぜ僕の本棚にあるのかわかりませんでした。

でした、というか今でもわかりません。


このブログを読んで下されている方ならご存知のとおり
あまりラブ・ストーリー、読まないんです。

それに著者の志羽竜一さんのことも
申し訳ありませんが存じ上げていませんでした。


それなのに、なぜ本棚にあったのか。

じゃあ、自分で買った本じゃないんじゃないか?

誰かが置いてる本なんじゃないのか?


……いえいえ違うんです。

間違いなく自分で買ったんですよ。


買ったことは覚えています。

覚えているんです。


それなのになぜ買ったのかはわからないんです。


そういったこともあり、長いこと
本棚で眠らせてしまうことになるのですが…

もったいなかった。


むかしこの本を買った自分を褒めてやりたい。

そう思いました。


文字通り、始めから終わりまで貪るように読みましたよ。

すごいなぁ。



さて、ここまでは自分の感想だけで
本書の内容について一言も触れていません。

むずかしいです。

本書のおもしろさを説明しようとすると
おもしろさが半減しちゃうんじゃないかな。

僕は本書のおもしろさが際立っている部分は
ある一箇所にあらわされていると思うのですが……

書いてしまうと、ネタバレというか
先入観を持って読むことになってしまいますよね。


それを書いてしまうと推理小説で犯人を書いてしまうような
そんな感じになってしまうと思います。


本を読む楽しみを奪うことは僕にはできないです。


ひとりひとりのキャラクター、すごく魅力的です。

でも事前になにも知らないからこそ
よりいっそう楽しめると思うんです。

いい意味で、何度も裏切ってくれますよ。


というわけで書きません。

いつもしている引用も
今回に限ってはしないでおこうと思います。



「えぇー、それじゃあ今まで読んできたのは何だったんだよ」

わかります。その気持ち。

僕が読んでいてもそう思います。


そんな方におすそ分け。

志羽竜一
 http://www.shibaryoichi.com/


著者、志羽竜一さんのサイトです。

このなかで志波さんの小説がいくつか読めます。


あ、いままで書いていませんでしたが

本書「アムステルダム・ランチボックス」は
ケータイ小説です。

ネット、ケータイが作家としての志羽さんのメインフィールド。

存分に楽しみましょう!!
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。