スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【日記】神の子どもたちはみな踊る

【本小説】神の子どもたちはみな踊る 村上 春樹 新潮社
神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)
(2002/02)
村上 春樹

商品詳細を見る

ひさしぶりに村上春樹さんの本を読みました。

うん、そうだ。村上春樹さんの本はこんな本だった。

本当に自分のスタイルを確立していますよね。

「これってどういう意味?」

「なぜそうなったの?」

このような疑問にまったく答えず、そのままたんたんと進んで
終わってしまうんですよね。


このもやもやとした読後感。

なんだか懐かしい。


なので感想を書くのが非常に難しいです。

というか書けないです。


わけがわからないから、読むのをやめるのか、と
言われれば、そのまま読んでいたりするんですよね。


なんだろう?

なにがあるんだろう?


いまの僕にはうまく言語化できないようです…。


はっきり言ってしまうと
どこに魅力を感じているのがわからないんです。

自分のことなのに。

不思議。



…これ以上書いてもなにも出てきそうにないので、このくらいで。


ふわふわした記事ですみませんでした。
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。