スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【本殿同入り】さあ、才能に目覚めよう

【本殿同入り】さあ、才能に目覚めよう マーカス・バッキンガム ドナルド・O・クリフトン 日本経済新聞出版社
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
(2001/12/01)
マーカス バッキンガムドナルド・O. クリフトン

商品詳細を見る



mixiで知り合ったTAKUさんから紹介して頂いたこの本、
文句なしに殿堂入りです!

ストレングス・ファインダー、かなり衝撃的です!

記事もかなり力を入れて書いてしまいました。
実は、この本、買ってからずいぶん長い間放置していました。

それはこの本を買った目的がストレングス・ファインダーだったからです。

ストレングス・ファインダーとは、自分の5つの才能(強み)を教えてくれるものです。

要するに、ネット上で質問に答えていくと自分の才能が5つでる、という面白いものです。

本の表紙の裏に番号が書いてあるので、古本屋で買うときはご注意を。

おそらく番号を使い終わったものだと思われるので、興味のある方は新品を買ってみて下さい。


それで、話を戻すと、僕がこの本を買った目的は、ストレングス・ファインダーをするためでした。

正直、1600円でこんな面白いものができるなら安すぎるだろう!とおもって迷わず買いました。

そしてその結果については特に考えず、面白かったなー、で終わらしていました……。


今から考えると、もったいない!

本の内容だけでも1600円の価値はあります。

それに加えてストレングス・ファインダー。

どんだけサービス精神旺盛な本だよ!と突っ込みたくもなります。

そんな本です。


本自体もすごくいいのですが、やはり本書の目玉はストレングス・ファインダー!

というわけで、僕の結果を載せてみます!

自分だけの特徴的な資質
      着想   
     収集心
      内省
     共感性
     学習欲



こんな感じです。

ひとつひとつ見ていくと、

着想
・要するに自分独自の視点やアイディアを見つけることが大好きということです。(大好きです)

収集心
・一言でいうと知りたがり屋です。(何でも集めるのが好きです。最近は情報を集めてたりします)

内省
・頭脳活動を好む。独りの時間を楽しむ。(確かに独りでいる時間は絶対確保したいです)

共感性
・周囲の人が感じていることを、まるで自分自身の気持ちであるかのように感じることが出来る。(テレビなどで芸人さんがすべると、肝を冷やします)

学習欲
・学ぶことが大好きです。学習の成果は、学習のプロセスほど重要ではありません。(新しい知識を得るのはとても刺激的です)


さて、この結果。

自分としてはすごく納得です。

言葉にならないものを文字にしてくれた感じです。

以前はアカデミックな職業に憧れていたのですが、この結果を見る限りかなり向いていたんじゃないだろうか?

あと、普通に就職しないで良かったかも。

他人とペースをあわせるのが苦手なのが、強みとして表れました。
なんだか独りでいるのが好きみたいです。

実際独りでいるのは特に苦痛ではありませんし、好きです。
だからといって人と関わるのが嫌いかと言われると、それも違う気がします。

同じくらい好きですね。


友だちといるときも二人や三人ならすごく楽しいのですが、四人、五人、六人となっていくと、
すごく疲れちゃうんですよね。

これも共感性のなせる業だったのか。


なんだかマイナスなことを書いてしまったような気がしますが、

ここに挙げられているのはあくまで強みです。自分にしかない才能です。

この五つの資質を見て、僕は自分が目指している職業が自分に向いていると確認することが出来ました!

常に勉強していかなければならない士業は収集心、学習欲を満たすのにぴったりですし、

必要な提案を考えるために、着想、内省も活かせます。

クライアントが求めているものを知るために共感性も役立つはずです。


と、客観的に分析してみましたが、このように強みを知るのはすごく楽しいですよ!


もう一つ、やっぱり自分はリーダーに向いていないな、と再確認しました。

もともと僕の夢は、「自分が一緒に働きたいと心から思える人のサポートをする」ことなので、

この結果はむしろ喜ばしいものですね。

そのような人に出会えるように、いまから自分の能力を高めるばかりですね。


ちなみにこの資質、僕の結果はこのようになりましたが、僕にこの本を紹介してくれたTAKUさんはこのようになっていました。

すごくリーダーに向いていそうです。僕の結果とはかなり違いますね。


というわけで、すごく参考になる本です。

ちなみに僕は以前はだれかれかまわず本を薦めていたのですが、
最近は控えるようになりました。

みんな自分のように本は読まないんだな、と知らされたからです。

しかし、そのぶん、よく本を読む友だちや同じ目標に向けて頑張っている友だちは
今まで以上に大切に思うようになりました。

そんな気づきを与えてくれる本でもあります。


さて最後に本の内容について。

本書では一貫して「才能(強み)を活かす」をテーマとして書かれています。

しかし実はこれ、日本人のマインドになじみにくい考え方なんですね…。

ピア・プレッシャーという言葉があります。
「仲間からの圧力」という意味です。

茂木健一郎さんは、著書「脳を活かす勉強法」のなかに、ピア・プレッシャーに大きく二種類あると書いています。

その二種類とは
・相手の鋭利さを加速させるベクトルの圧力
・平均値に引きずり下ろそうという圧力
です。

そして日本は後者のピアプレッシャーの国です。

ですので、注意しないといつの間にか強みを活かそうという気持ちが折れてしまうかもしれません。

周囲の人は悪気があってプレッシャーをかけているわけではないので、よけいにたちが悪いです。

ですが、これからの時代、何でもそつなくこなす優等生タイプより
何か一つとんがったものがある人の方が必要な時代です。

自分にしかない強みをどんどん磨いていきましょう!

強みを活かしたくなってきた人は、
ただ、闇雲に自分勝手にこれが自分の強みだ!と決めてしまわないで、

まずはこの本を試してみて下さい。

強みを見つけるうえで、本書ほど役に立つものはそうそうないと思います。


これは殿堂入りでしょ!
関連記事
Clip to Evernote

Comment

本書はかなりお勧めできる一冊ですよね!

ぼってぃーさんの資質を見ると、
ものすごく勉強に向いていそうですね。
税理士やコンサルタントをやらせたらすごい成果をだしそう(^^

ちなみに私も実は、
あまり大人数で一緒にいると自分は何をしていいのか
わからなくなりますよ(笑)
仲のいい数人と一緒にいるとき、もしくは一人のときが
安心します。

もしかしたらそれが、
変に群れて周囲と同質化せずに、自分の好きなように行動する
いいきっかけだったのかもしれません。

lemonedさん

何がやりたいかわからない、といっている人がいたら
まずこの本を薦めますね!

そうなんです。資質だけ見ると
すごく勉強しそうなんですよ。実際はそうじゃないのに(笑)

でも、好きなことを勉強していると止まらないので
あっているのかな、と。

>仲のいい数人と一緒にいるとき、もしくは一人のときが
安心します。

すごくわかります(笑)

>もしかしたらそれが、
変に群れて周囲と同質化せずに、自分の好きなように行動する
いいきっかけだったのかもしれません。

たしかにそうですよね。無理して人にあわせていたら
好きなように行動できていなかったと思います。

自分のしたいことがわかったいま、前進あるのみですね!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。