スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【ウケるとは?】ウケる技術

ウケる技術 水野 敬也 小林 昌平 山本 周嗣 新潮社
ウケる技術 (新潮文庫)ウケる技術 (新潮文庫)
(2007/03)
水野 敬也小林 昌平

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)(Amazonより転載)

相手を笑わせること。それはビジネスや恋愛を成功に導く非常に重要な戦術です。「自分は面白くないから」と嘆くのはまだ早い。本書は、笑いが生じる場面を詳細に分析し、それを応用可能な「技術」として体系化した、コミュニケーションの教科書なのです。これを読んでスキルを身につけたなら、あなたも必ず「ウケる人」になれるはず。文庫化にあたり増補された「メール篇」も必読。


ウケる、とはどういうことなのか。

よくこんなものが書けたなぁ。
(もちろん、いい意味ですよ)


本書では「コミュニケーションはサービスである」という
前提に立ち、ウケる技術を様々なケースを通して紹介しています。

正直、
「よくぞ文字だけでここまで表現できたものだ!」
と舌を巻きました。


僕も腐っても関西人。

会話の中に、ボケとツッコミのエッセンスが入っていないと
ちょっとさびしいものを感じてしまいます。

そんな、お笑いの地で生まれた僕にしてみると
本書に書かれている内容はなかなか共感できるというか…。

そこまで大げさじゃなくても、そういった部分はあるよね
という気持ちになるというか。


すごく大げさな例文ばかりなので、
現実には応用できないんじゃないの?

という気もしますが、

著者の水野敬也さん、しっかりと応用しています。


本書に書かれている内容を利用して書かれたのが

ベストセラー『夢をかなえるゾウ』

なんじゃないかと個人的には思っています。

夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
(2007/08/11)
水野 敬也

商品詳細を見る

僕は『夢をかなえるゾウ』を読んでから
本書『ウケる技術』を読んだのですが、

『夢をかなえるゾウ』のユーモアの部分を
『ウケる技術』で解説しているような、そんな気がします。

あくまで推測ですが。


――なので!

『夢をかなえるゾウ』を読んでおもしろかったと感じた方は
本書もおもしろいはずです。



ウケるとはどういうことなのか?

笑いとは何なのか?


どちらも一朝一夕で身につけることができるような代物ではありませんが
深く深く考えるきっかけになりますよ!


……それにしても、『夢をかなえるゾウ』。

3年も前の本になるんですね。

古くなった本は、あまり読まれないのが運命とはいえ
もったいないですよね。

普段あまり本を読まないけど
自己啓発の世界を見てみたい、という方には

最適と言ってもいい本だと、未だに思っています。
関連記事
Clip to Evernote

Comment

No title

ぼってぃーの優れたツッコミも技術に裏付けられたものなんですよね!
さすがです!

No title

ザッキーくん
コメントありがとう!

いやいやいや! でもやっぱり「笑い」って奥が深いねー。最近、あんまりツッコミしてないなぁ……。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。