スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【日記】匿名の悪口とは、どう向き合うべきか?


悪口。

日本社会では、というかおそらく全世界でも
道徳的な行為とはいえないでしょう。

悪口は言ってはいけない、と教えられるはずです。

でも、なくならない。

これは社会が未熟だとかそういう理由ではなく
人間にとっての「必要悪」だから。

悪口を言うぶんには、事前に知っておくべき事は少ないですが
いざ言われてしまう立場に立ったときのために、知っておくべき事は多いですよ?

今まで生きていて「悪口を言ったことがない」という
ひとはいないでしょう。

もし、本気で
「私は悪口を言ったことがない。清廉潔白だ」
なんてことを思っている方がいれば

ただ自己認識が甘いだけかと。


面と向かって言われる悪口。

裏でこそこそと言われる陰口。

こうした悪意の対象になってしまったことが
ないひとなんていないと思います。

だからこそ、ある程度耐性のようなものが
自然と出来ているはずです。


それまでは無垢に
「誰もが自分を好きでいてくれる」
と思っていたのが

何をしてもケチをつけてくる人に出会い
「誰からも好かれるなんて無理なんだなぁ」
と思うようになるとか。


どこかでそうした洗礼を受けているはずです。


……しかし!

大人になっても、というか大人になるまで
なかなか出会うことが出来ない悪口があります。

それが、「出会ったことがない人からの悪口」。

「匿名の悪口」です。

特に問題となるのが「ネット上の悪口」。


――でも最近は、中学生、高校生でも
匿名の掲示板を通していじめられることもあるそうですが……。


少なくとも僕のときはありませんでした。

というか、あったとしても気付かず学生生活を過ごしていました。


なので、ネットを通して批判された経験って
ほとんどなかったんです。

しかも匿名のひとから。

しかもしかもあまり関わりがないひとから。


で、みっともないことですが
かなりうろたえてしまいました。

「関係ないんなら放っておいてくれよ」とか
いろいろと思いました。


そんななか、ふと気付きます。

「あれ、これって今までの悪口とは種類が違う?」


今までの悪口は、悪口を言っているひとのことを
知っている場合がほとんどだったんです。

これは陰口でも噂でもそうですよね。

直接知っているひとからしか、されたことはありません。

噂は……、まあ、誰が流したのかはわからないでしょうが
それでも直接関わったことがあるひとが発信源でしょう。


全く関わったことがないひとからの悪口っていうのは
著名人の特権(?)だったと思うんです。

芸能人とか政治家とか上場企業の役員だとか。

そうした目立つ地位にたつひとが
好むと好まざるとに関わらず、受け持っていたともいえます。


しかし、今では。
だれでも、「匿名の悪口」の対象になり得ます。

なぜなら、"場"が出来たから。


ネットについて、このようなことを
今さら書くのも気が引けますが。

個人が表現の場を持てるようになったということは
それはそれで素晴らしいことです。

が、今までは限られたひとにしか許されていなかった
文字での表現が誰でも気軽に出来るようになるということは。

当然、レベルがガタ落ちすることになります。

今までは垂れ流され、消えていったはずの悪口も
文字としてネット上に残ることになります。


……あぁ、いまわかったのですが
ネット上での悪口が突き刺さるのは
文字になっているからなのかもしれませんね。

それまでは、耳で聞いていたのが
目で見えるようになってしまった。

よりはっきりと自分に向けられた悪口が
"見える"ようになってしまった。

そう考えると、今まで培ってきた
耐性がうまく機能しないのも頷けるかも……。

だって、使っている五感が違うもん。


閑話休題。

ネットの良い面を声高に主張するひとは多いです。

どんどん利用させようとするひともいます。

しかし、ネットの負の面はそれほど
フォーカスされることはないように思います。


ネット自体が素晴らしいのではなく、
ネットはあくまで道具。手段です。

素晴らしくもなれば、おぞましくもなります。

高尚にもなれば、俗っぽくもなります。


話がどんどん大きくなってしまいましたが
匿名の悪口とどう向き合うか、非常に大事になってくると思います。


でも、だからといって
「自分に都合の悪いものは見ず、さらっと流すのさ」
なんて言われても、僕は無理。


というわけで、最近、悪口関係の本をよく読んでいます。

どういう心理で行われるのかがわかれば
それに対処する方法も見えてくるはず。


そうそう、今回は、悪口、と書きましたが
悪口と真摯に受け入れるべき批判を見極めることも大事ですよね。

でもまあ、悪口の場合、本人にはどうしようもないものも多いのですが……。


……最後に。

また悪口について詳しく書くと思いますが。

悪口は、
相手を貶めることによって、自尊心を回復させる
ために行われる場合が多いです。

これを知っているだけでも、
ずいぶんと対応が変わってくるのではないでしょうか。
関連記事
  • このエントリーのカテゴリ : 日記
Clip to Evernote

Comment

No title

テーマがテーマだけにそういうの多そうですね。
私はぼってぃーさんのやることを信頼しています。
ちなみに、たま~にですが私も変なコメントがくることあります。

最近は「彼女いますか?」ってきました、めんどくさ(笑)

拓さん

コメントありがとうございます!

>テーマがテーマだけに
っていうのは、あっちのことですね?あそこでは、自分とは反対の意見のひとから色々と言われるのは覚悟していたのですが……。同じ立ち位置と思われるひとから横槍が入ったのにはまいっちゃいました。
信頼に応えます!

……拓さんの人気を考えれば、彼女の有無が気になっちゃうんでしょうね。さすがっす(笑)


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

ぼってぃー

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。