スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Clip to Evernote

【名言】おのれの敵を誇れ!

「おのれの敵を誇れ。されば汝の敵の成功は汝自身の成功となる」
 ニーチェ



どうせ戦う(競争する)なら
素晴らしい相手と。

そうすれば、相手が成功しても
嫉妬に狂うことなく、素直に受け入れることができ
自分の成長にもつながる。

そういう風に受け取りました。



自分の価値観では
どうしても認めることができないひともいます。

根本的な人生観というか。世界観というか。


友だちに、そうした意見が合わないひとがいることは
自分とは違った視点を提供してくれるので、ありがたい存在です。

が、戦う相手としては、あまりよろしくない。


その人が成功した場合、
いちいち自分のやり方が否定された気分になってしまうかもしれません。

意固地になって、素直にはなれないでしょう。

無駄に自尊心を下げることにつながりかねませんので
精神衛生上よろしくありません。


それよりは、自分と同じような価値観で
自分が及ばないようなひとに、あえて挑んでいく方がいいんだと思います。

そうすれば、相手の成功を自分の成功とすることができるようになるはずです。


見栄とか、そのようなレベルではなく
成功したひとの手法を謙虚に学ぶことによって。


競うということは、表現はおかしいかもしれませんが
非常に密な関係です。四六時中意識するということですよね。

そこまで密な関係になれば、良かれ悪しかれ影響を受けてしまうものです。


どうしても影響を受けてしまうなら
良い影響を受けたい。

それなら、素晴らしいひとと競いたい。


競う相手は状況によって決まると考えるのが一般的ですが
僕は自分が意識して選ぶことができると思っています。


客観的に見れば、箸にも棒にもかからなかったとしても。

競う相手を選ぶことは自由です。


というわけで、最近は
尊敬しているひとが競いたいひとになってきました。


勝ち負けの基準も何もありませんが、
素晴らしいひとと勝手に競っていこうと思います!


参考文献:武士道―サムライはなぜ、これほど強い精神力をもてたのか? 新渡戸 稲造 三笠書房
武士道―サムライはなぜ、これほど強い精神力をもてたのか?武士道―サムライはなぜ、これほど強い精神力をもてたのか?
(1997/07)
新渡戸 稲造

商品詳細を見る
関連記事
Clip to Evernote

Comment



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

 

Author:ぼってぃー
キノキョウ-昨日より今日、今日よりも明日少しでも前進、向上!

税理士試験、受験生です。
昨日よりきょう、少しでも成長していきたいと思っています。ここでは主に本の紹介をしています。

詳細はこちらから:プロフィール

 

Twitter

 
 

スポンサードリンク

 
 

サブブログ

 
 

アーカイブ

 
 

FC2カウンター

 
 

あわせて読みたい

 
あわせて読みたいブログパーツ
 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

バロメーター

 
 

全記事表示リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。